マクドナルド対バーガーキング 第4話「Have It Your Way」

29:50
 
シェア
 

Manage episode 305627428 series 2801588
著作 ニッポン放送 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

1971年7月18日、日曜日。
藤田田は、アメリカ本国マクドナルドの重役を連れ、東京の街中を歩いている。
藤田こそマクドナルドを日本に持ってきた男だ。
多くの日本人はまだハンバーガーに馴染みがない。
だが、藤田はそんな日本を変えることができると信じている。
彼はそのために、突拍子もない宣伝文句でメディアの話題を集めていた。
例えば、日本人が1000年間、米や魚の代わりにマクドナルドを食べ続ければ、背が高く、色白で、金髪になれるなどと謳った。
だが、話題作りの段階は終わっていた。
日本初のマクドナルドのオープンまで、あと2日に迫っていた。

海外進出するマクドナルドに対し、ライバルであるバーガーキングのアメリカ国内の売上は伸び悩んでいた。消費者に新しいメッセージを伝える必要があった。主力商品ワッパーの大きさだけを訴求する従来の広告戦略を見直し、客がワッパーを自分好みにアレンジできるサービスをアピールする「Have It Your Way(あなた好みに)」キャンペーンをスタートさせた。

売り上げは50%増加。
客は「あなた好みに」のCMソングを歌いながらバーガーキングに押し寄せた。
キャンペーンは大成功したかに見えた。

第4話「Have It Your Way」

See omnystudio.com/listener for privacy information.

30 つのエピソード