第132回【オーストラリア / ガトン】再登場!武幻(ぶげん)を操るサイケ男の武勇伝 後編

50:20
 
シェア
 

Manage episode 121002382 series 27270
著作 旅々プロジェクト の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
http://tabitabi-podcast.com/tabiask/wp-content/uploads/podcast/tabiask132.mp3

[download id=”135″ format=”tabitabi”]

《ミツル放送回》

前編の放送はこちらです
引き続き、サイケデリック放送でおなじみの西さんへのインタビューの続きです
(過去に西さんが出演した放送は、こちらから聴けます)
今回は、路上での武幻(ぶげん)のバスキングのお話から
新たに得られたという食べ物に対するアップデートしたお話など、
盛りだくさんの西ワールドトークをお届けします!
スクリーンショット 2015-12-11 13.56.35

オーストラリアのNSW州の山岳部にあるニンビンにて さっそうと武幻をプレイしている西さん。森の中の自然と音楽と一体になって まさに目を奪われる武幻を披露しています。ここまでの腕前になるまでかなりの練習時間を費やしたそうです。

大変だった1年目のワーホリを終えて日本に一時帰国した際に、
あらゆる日本の食べ物が美味すぎて、食べ過ぎてしまったという西さん

そこから中毒や添加物などのの怖さを考え始めて、
いまでは断食・断糖などの実験・トライアルを始めたとのこと
海外に出たことで、当たり前に繰り返していた日常の所作を見直し始めたとのことでした

スクリーンショット 2015-12-11 13.58.40

スクリーンショット 2015-12-11 13.57.18

この動画のために、わざわざ衣装まで手作りしたという西さん。両手で回す二本のみならず、四本の武幻を自由自在に操っている姿にはとても驚かされました。手先が器用で体幹が優れている人ならばうまくプレイできそうです。

オーストラリアでの長いキャンプ生活の中で得たもの
それは、自然の中で生きていくスキルの他に、世代を超えた人たちとの交流があったとの事
自分の親世代の人と同じ席でフランクに語り合える場は、やはりオージーならではですね
そんな西さんの実際に武幻をプレイしている動画は、下記のリンクから見ることができます
パート2の動画で4つもの武幻を自在に操っている姿には、思わず見とれてしまいました

Buugeng move1.1 NIshi from NImbin
https://www.youtube.com/watch?v=7IIThF83qq8/
*今回のアフタートークにあたる”裏トラック”のURLは、番組メールアドレスか(tabiask@gmail.com)TwitterのMCミツルまでご連絡もらえればと思います

この音源は、一定期間を過ぎたため、すでに視聴不可となりました

(iTunesからお聴きになる方は、こちらからどうぞ)
<さくいん>
・00″57″~ タスマニアで経験したビッグトラブル
・03″59″~ 路上の武幻バスキングで得られたご縁
・07″29″~ 自由にのびのび過ごせるキャンプの楽しさ
・08″48″~ オージーのアウトドアでは世代を超えた交流がある
・11″57″~ 身体が喜ぶものを摂る、たき火でパンを焼く?
・14″10″~ 価値観の押しつけはコミュニケーションの障害になる
・16″04″~ 辺境ラジオの教え、めぐってきたものを供養する
・18″50″~ 断食・断糖などの実験・トライアル
・21″35″~ 日本の美味しいものの多さ、中毒から減糖へ
・24″35″~ 武幻の創作活動、心から湧き出る楽しら
・26″50″~ 色んな考えを持つ人に出会うこと
・30″58″~ レイヴパーティ、踊り倒すための準備の大切さ
・34″34″~ 書籍[世界のレイヴの歩き方]とフェスブーム
・36″38″~ オーストラリアの3大ビッグパーティについて
・39″48″~ 日本の代表的なパーティとは
・44″26″~ 私が旅の中で一番大事にしていること

【次週予告】

1月配信予定。次回(ミツル放送回)は、引き続きオーストラリアで出会ったサーファーの旅人にインタビューしてきました。どうぞお楽しみに!

147 つのエピソード