第129回【オーストラリア / ガトン】ファームジョブで掴んだ雑貨屋の夢 前編

26:24
 
シェア
 

Manage episode 120300013 series 27270
著作 旅々プロジェクト の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
http://tabitabi-podcast.com/tabiask/wp-content/uploads/podcast/tabiask129.mp3

[download id=”132″ format=”tabitabi”]

《ミツル放送回》

前回に引き続き、オーストラリアのクイーンズランド州からお届けします
今回は、すでにオーストラリアに滞在して二年目を迎える三四郎さんに、
ファームジョブに関する細かなお話を訊かせてもらいました
IMG_7164

スクリーンショット 2015-10-10 15.16.32

三四郎さんが1年4ヶ月も滞在しているクイーンズランド州・ガトンのファームの様子です。上の写真は広大なレタス畑で、下の写真はブロッコリー二(アスパラのようなブロッコリー種の野菜)の畑です。放送の中でも話していますが、ガトンでは多種多様な国籍のワーカーに出会うことができるようですね。

ワーホリワーカーの間では知る人ぞ知る一大ファーム地帯のガトン
ここでは、普通に働こうと思ったら”コントラクター”と呼ばれるファームの仕事を
回してくれる人に連絡を取る形になりますが、ワーホリ生活の長い三四郎さんからは、
もっと条件の良い勤務形態で働ける情報を紹介してもらいました
11846263_10207566119218978_1684241505_n

仕事場のファームのトラクターの前でカッコ良く佇んでいる三四郎さん。このファームに入るために、長い間アプライをかけて待っていたとのことです。ここでは、大量消費・大量生産の大規模農業ではない家族経営のオーガニックファームならではの学びの経験を得られ、食べ物に関する意識がかなりアップデートされれたそうです。

ここガトンのオーガニックファームで働いた経験から
農薬を使って育てた野菜に疑問を持ち始めた三四郎さん
日本ではまったく気に留めていなかったことも、
ワーホリでファーム仕事に従事してから考えが変わる人は実際多くいるものです
(iTunesからお聴きになる方は、こちらからどうぞ)
<さくいん>
・01″48″~ オーストラリアといえばカンガルーの死体…?
・03″36″~ ファーストとセカンドのビザについて
・06″38″~ 国は大きいが実は人口は少ない
・07″34″~ 三四郎さんがファームジョブを見つけた方法
・10″12″~ オーストラリアの家賃は1週間ごとの支払い
・11″18″~ キャラバンパークとシェアハウスの利点
・13″26″~ ガトンで出来るファームジョブの種類
・15″10″~ コントラクターと直接雇用のちがい
・16″49″~ 大規模農業とオーガニックのちがい
・22″47″~ オーガニックマーケットと実際の野菜の値段
・24″23″~ ワーホリざつだん!のお知らせ

【次週予告】

11月15日12時配信予定。次回(ミツル放送回)も、オーストラリアのガトンで出会った三四郎さんへのインタビューの続きです。どうぞお楽しみに!

147 つのエピソード