第121回【ナミビア / オウタピ】アフリカにインフラ設備を促す人 後編

43:10
 
シェア
 

Manage episode 102170275 series 27270
著作 旅々プロジェクト の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
http://tabitabi-podcast.com/tabiask/wp-content/uploads/podcast/tabiask121.mp3

[download id=”124″ format=”tabitabi”]

<現地在住!日本人に訊こう>

《ミツル放送回》

前編の放送はこちらです
前回に引き続き、ナミビアのオウタピで出会った相原さんへのインタビューです

今回は、相原さんのナミビアでの活動内容(IT技術・インターネット設備関連)
について詳しく訊かせてもらいましたが、
日本の学校とは大きく異なる環境の話に、聞き手ながらもとても驚かされました
11033593_10205398081982794_1430175344_o

施設の屋根に登ってインターネットのケーブルの設置をする相原さん。パソコン環境設定の細かな作業も任されているそうです。日本では分業して行われる仕事も、アフリカでは一人の詳しい人が行うこともあるようです。

ここアフリカでは、いままで多くのボランティア活動に従事している人の
さまざまな苦労話を聞いてきましたが、
ここナミビアでも同じような状況が広がっているようです

最新のPCソフトやスペックを寄付してもらったとしても、
それを使う彼ら自身が欲していない状況では、
本質的な解決には及ばないのでは…?と、感じました
先進国と開発途上国が抱える問題は、一朝一夕にはいかないようです
11067897_10205398074742613_581924782_o

大雨で車が水たまりにハマって動けなくなってしまった様子です。田舎では、道の舗装もまともに行われていないところがほとんどのようで、大きな自然災害に見舞われてしまうと、こうしたことは度々起こってしまうようです。

まだまだ発展の余地があるナミビアですが、そんなナミビアの事情を聞けてしまうのも、
現地在住の人へのインタビューの醍醐味です
アフタートークでは、インターネット関連に詳しい相原さんに
これからのITの行く末について語ってもらいました
(iTunesからお聴きになる方は、こちらからどうぞ)
<さくいん>
・00″53″~ ナミビアの治安について
・03″23″~ 中学校でIT・コンピュータ関連の活動
・06″27″~ PCのスペックが人の知力を越えている?
・10″11″~ ウイルスや砂でPCがダメになりやすい
・12″05″~ パソコンなしでパソコンの授業をする?
・14″59″~ ナミビアでITの需要が見込まれている
・20″58″~ 2030年のナミビアのビジョン
・24″01″~ 相原さんのナミビアのお勧めポイントとは?
・27″51″~ 移動が生活の一部、変化を楽しむ

アフタートーク
・30″45″~ これからのITの可能性、教育について

【次週予告】

9月15日配信予定。次回(ミツル放送回)は、ナミビアで出会った旅人ブロガー大樹さんへのインタビューの続きです。ハードなナミビアレンタカーの旅について訊いてきました。どうぞお楽しみに!

147 つのエピソード