コロナ禍で生まれた「最悪な春」。第3回 未来授業 Vol. 1856

 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on June 25, 2020 16:05 (1M ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 264142065 series 27068
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。
そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。
当たり前だった日常が突如奪われ、混沌としつつも様々な想いや発見があった2020年、春。
もともと予定していたコンサートが延期となるなど直太朗さん自身、音楽活動の先行きは見通せていません。
そんな中生まれたのが、森山直太朗さんの新曲「最悪な春」。
この曲を歌うことで、肩に入っていた力が開放されたと直太朗さんは話します。
未来授業3時間目、テーマは・・・、
「コロナ時代の、音楽ビジネス」
●森山直太朗(もりやまなおたろう)
シンガーソングライター。
大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。
その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。
2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。
2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』が大ヒットに。
その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。
独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されている。
2020年5月29日 新曲「最悪な春」を配信リリース。
●御徒町凧(おかちまちかいと)
1977年東京生まれ 詩人。

1869 つのエピソード