「神と共に働く者」ポール・マンワリング

38:51
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on October 13, 2017 22:03 (3y ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 159737247 series 26886
著作 onfire japan and オンファイヤージャパン Onfire Japan の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

イザヤ61章、2コリント6:1、ヨエル2:17 

私が「刑務所で19年過ごした」と聞くと、人々は、彼は長い刑期を務めたと勘違いするのですが、私は19年間、刑務所に勤務していきました。
しかし、その時には教会では、自分の職業、やっていることによって「価値」を受けたように感じません、集会に参加することや献金することであなたには「価値」がある と言われたように受けました。

97%位の人は教会に来ても給料が出ることではなく、学校や、病院や、家庭で働き、仕えています。
しかし、その97%の人たちは「無力になっている軍隊」のようです。
それは、「聖と俗」があり、自分は「フルタイムの献身者」ではないから、自分の価値は低い、認められないと 嘘を信じています。
聖書では聖と俗があるとの教えはありません。
「聖職者」の方が価値があり、霊的であり、優遇されているという嘘で私達は自分達を比べ、低くし、力を捨てています。
「今、すでに神からの使命の中に歩んでいる」ということを信じないと、明日の心配、明日と今日を比べて今日を生きる事ができないのです。

私たちは2コリント6:1であるように「神とともに働く者」なのです。
ですから、これは全部神のはたらき、これは全部私のはたらきということではないのです。

そのような考え方を変える必要があります。
ヨエル書の2:17では「祭壇」と「玄関」の間で泣いてとあります、どういうことでしょうか。
私達は「皆が祭司」とされたのですから、祭壇があり、そこで主に祈り、とりなしをして、「玄関」から出て、世にいって神の国を建て上げるのです。私達は「祭司であり、王」なのです。

イザヤ61から、私がスクールで学んだことは、「心が壊れ、痛み、囚人、捕囚」であった人々は、癒され、解放され、のちに「街を復興し、主の祭司」になるのでした。

あなたがたはすでに、神の使命の中に生きています。自由になりなさい、あなたがたをイザヤ61のメッセージで送り出します。

日本語動画:https://youtu.be/_ujLJ1h6kOk
英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/co-laborers-with-god

ベテル教会の英語のPODCASTの同時通訳:相馬伸子 © Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Interpretation by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

335 つのエピソード