癒しの障害になっている事(敬う事について) Obstacles To Healing - Bill Johnson

50:12
 
シェア
 

Manage episode 126754107 series 26886
著作 onfire japan and オンファイヤージャパン Onfire Japan の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
ルカ4:21−27 ヨハネ7:1〜5 「地元での勝利」とは、私達の地元での満たしや、癒しが増加される事を語っており、私の心はこれを願っています。その為に、今日からシリーズで癒しの障害になっている事柄を話していきます。 「牧会的神学」とは、牧師やリーダーの立場にある人達が、自分達の愛し、ケアをしている信者が家族が亡くなったり、悲劇的な出来事に襲われた時に「なぜ こんなことが私達におこるのか?」という質問に対して、何かを言わなくてはならないプレッシャーによって、神様の言っていない事、まったく非聖書的な事を神学的に結論付けたり、行ってしまう事ですが、これは、まったくおかしい事です。私は、そのような状況の中で「なぜか?」と聞く事を止めました。それは私達が答えをもらえる質問ではないと思います。反対に、私達は「ミステリー、結論付けられない事、わからない事」を持って歩む必要があります。私達が啓示に大きな価値を持つのよ同様にミステリーに対しても大きな価値を持つべきであり、それ抜きには、成熟する事はありません。 過去の歴史を敬う事のゆえに、自分達が変わる事、神学を変えて、イエスが言われたように「わたしより偉大な技をする」を 次世代の為に受け取っていく事ができない。 ヨハネ7章 イエスの兄弟達は イエスと一緒に育ちあまちにも慣れ親しんだので、イエスが救い主だという事がわからなかった。「慣れ親しむ」事は、神の民に高い犠牲を払わせている。彼らも偉大な啓示のすぐ隣にいながら、わからなかった。 ルカ4章ではナザレでイエスがシナゴークでイザヤ書を読んだ時に、「皆が、イエスを誉め、その口からでる恵みの言葉のゆえに驚いた」とあります。400年前から、イスラエルの国では預言者も、夢や幻によっても神からの言葉は啓示されず、歴史上一番の神の言葉の飢饉あった時あと、イエスが郷里の小さな村のシナゴーグで「神の言葉を霊によって解き放った」ので皆がイエスを誉め、とある。しかしイエスの事を知っている人々は、慣れ親しむ事によって「あれは、ヨセフの子でないか」と言ってしまい、ナザレは「不信仰の村」となった。 神の人に聖霊が与えている油注ぎは、認識され、ふさわしい誉を与える事で解放され、私達はそこから益を受ける事ができます。ルカの4章からエリヤとエリシャに神が与えた超自然な満たしと癒しは、イスラエルの国が預言者がいる事に慣れ親しんだ事によって、油注ぎを認識せず、敬う事をしなかったので、神の願いは契約の民であるイスラエルに与える事であったが、結果的に契約の民でない者に与えられた。

335 つのエピソード