もっと実をならせる為の旅路 Journey to Bearing More Fruit - Eric Johnson

44:59
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on October 13, 2017 22:03 (3y ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 150140705 series 26886
著作 onfire japan and オンファイヤージャパン Onfire Japan の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
「もっと実をならせる為の旅路」エリック・ジョンソン同時通訳:相馬伸子エペソ2:10、ピリピ1:6、ガラテア5:22, 23、ヨハネ15章「実をもっとならせる」ことの話を今日はします。「あなた」は最高の芸術家である神様の芸術作品で、エペソ2:10ではまるであなたが、ギャラリーの真ん中にスポットライトを浴びて輝く唯一の芸術作品のようだと、言っています。どうですか?励まされてくださいね。そして、神様が始めたことは、神様が成し遂げてくれます。ヨハネ15章では「私は枝、主イエスは真のぶどうの木、天の父はまことの農夫」と言っています。イエスは彼が生きていた時の周りの情景、文化や例えを用いて語れます。興味深いです。イエスが「わたしはまことのぶどうの木」と言っているなら、「偽物」もあるのです。枝は繋がっているところが延長されているようなものですから、もし、あなたが「偽」に繋がっているなら、そのような結果になるでしょう。ヨハネ15:6で「わたしにとどまっていないなら、投げ捨てられ、燃やされる」とありますが、これはこのメッセージのメインポイントではなく、小さなポイントです。なぜなら、「天の父。真の農夫」の心は「あなたが実をならせ、それが増えること」ですから。もし、あなたがこの箇所を読んでも覚えていることが「投げ捨てられ、燃やされる」なら、間違ったレンズを通して見ているますね。「取り除き」という言葉は「引き上げる」という意味です。ですから、実がない枝を父は引き上げ、掃除し、実がなるようにしてくれるのです。自分の事を「ぶどう畑」と思いますか?違います、一人一人は「大きなぶどう畑にあるぶどうの枝」なのです。だから、神様はあなたの事を大きな体の一部として見ているのです。だから、時には「刈り込み」があり、それは「この1本の枝を切ったら、あと4本の枝がでる、もっと実がなる」という事にもなりますが、あなたの勝利が周りのみなの勝利であり、誰かの勝利はあなたの勝利なのです。「自由意志」と「真の農夫」の両方があれば、素晴らしい導きを選ぶ事が出来るので、よく世話をされた、実のなるぶどうの枝になるのですが、「神抜きの自由意志」はコントロールできない、ぐちゃぐちゃのぶどうのつる」になるでしょう。神様は私達の人生を導きたいのです、それによって前進する時には、何かを手放す事によって昇給したり、御霊の実を実らせるための主の計画の中にはいるのです。それらは時には私達には、恐れや心配をもたらしますが、神は信頼に値します。日本語動画:https://youtu.be/rj1EoTlG1Bk英語動画:http://www.bethel.tv/watch/4045/the-journey-to-bearing-more-fruit-sunday-am/2016/06/05英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/the-journey-to-bearing-more-fruit

335 つのエピソード