お見合いデート – JLPT N2

3:11
 
シェア
 

Manage episode 251537909 series 2483047
著作 jlptstories and The JLPT Stories Team の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

日曜日、結婚相談所の鈴村さんから言われたとおりに、代官山のカフェに来た。お見合いする相手の写真はメールでいただいた。テラス席もあったけど、梅雨どきで今日は曇りがちの天気なので、室内の席に座った。しばらくすると「すみません、こちらよろしいですか?」と、後ろから男の人に声をかけられた。写真の人と…全然違う。え。ちょっと待って。こんなに違うの詐欺じゃない?年齢は42歳って書いてあったけど、どう見ても目の前にいる男性は50代半ばにしか見えない。ビン底のような分厚いレンズのメガネをかけている。格好からして、なんだかオタクっぽい。思わずメールでもらった写真とおじさんを見比べてしまった。「それ、3年前に撮ったやつなんですよ。」と彼は言った。すでに心が折れかけてるけど、来たからには一回話をしてみよう。人は外見によらないって言うし、もしかしたら内面はすごくいい人かもしれない。

コーヒーを頼んで、お互いに自己紹介をした。彼は声が小さくて、口数も多くなく、色々質問してもすぐ話が終わってしまう。いよいよ話が無くなって、二人で沈黙してしまった。苦しまぎれにお見合いでよく聞く質問をしてみた。「ご趣味は?」私がそう言ったとたんに、彼のビン底メガネがキラリと光った気がした。それからおじさんは「飛行機って興味あります?」と、まるで水を得た魚のように話し始めた。ボーイングがどうの、コックピットがこうのと、私には何が何やらさっぱりわからない話を延々している。声も大きくなっている。これは本物のオタクだ。帰りたくなってきた。隙を見て失礼しよう。「お話の最中にすみません。ちょっとこのあと予定があるんでそろそろ失礼させてください。」と言って、席を立った。

自分の分だけお会計をして、外に出ようとしたら、雨が結構降っているのに気がついた。しまった。今日に限って傘持ってない。と思った瞬間に、頭上に傘がスッと現れた。飛行機好きの彼が、飛行機柄の傘を持って私に差し出している。「駅まで一緒に行きましょうか」と言われ、断りようもなく、歩き始めた。ふと隣をみると、彼はすまなそうにしている。飛行機が好きすぎて飛行機の話題になると、しゃべりすぎてしまい、いつもそれが原因でお見合いがダメになってしまうらしい。駅までの道で、飛行機オタクの人のことを「空男(そらお)」って言うんだと教えてくれた。歴史好きの女子は『歴女』、鉄道オタクは『鉄男』だったっけ。う〜ん、空男かあ・・・。

文法

Hey! Patreon members get a supplemental lesson to this podcast for only $1/month.

The Matchmaker’s Date – JLPT N2

On Sunday, I arrived at the café in Daikanyama, as instructed by Suzumura-san, the woman from the dating service. I had already been emailed a picture of my date. Although there was terrace seating, due to the rainy season, it was cloudy, so I sat inside. After a while, a man came up behind me and asked, “Excuse me, may I sit?” This guy was nothing like the photo. Hold on. This was practically catfishing. The information I’d received said he was 42, but the guy in front of me had to be no less than mid-fifties. He was wearing thick Coke-bottle glasses. Judging from his appearance, he seemed kind of nerdy. Without thinking, I compared the him to the picture I had received. He said, “Oh, that one was taken three years ago.” Though my heart sank, now that I was here, I would try to have a conversation. They say you can’t judge a book by its cover. He might be a nice guy.

We ordered coffee and introduced ourselves. He spoke in a low voice and didn’t say much, answering my various questions in a few words. Eventually, we ran out of things to talk about and fell silent. I pushed ahead with the typical matchmaking-date type of questions. “What’s your hobby,” As soon as I asked, hist eyes lit up from behind his glasses and he started talking. “Do you like airplanes?” he asked, speaking as if he had been finally thrown a lifeline. Boeing-this, cockpit-that, I could hardly understood what he was talking about. His voice become louder. What a nerd. I felt like going home. I waited for a chance to excuse myself. I said, “I’m sorry to cut you off, but I have another appointment, please excuse me,” and left the cafe.

I paid for myself and was about to leave the café, when I realized it was raining outside. Rats. Of course today of all days, I forget my umbrella. Suddenly, an umbrella appeared above me. The airplane lover held out an umbrella with an airplane pattern. “Shall we go to the station together?” he asked. There was no way refuse, so we started walking together. When I looked at him, he seemed apologetic. He said that he always screws up these dates because he loves airplanes so much he gets carried away talking about them. On the way to the station, he explained to me that guys who are into airplanes are called sky-boys.” Female history fans are called, “History girls.” Male train fans are called, “Train boys,” if I recall. OK…, Sky-boy?

48 つのエピソード