北海道原付旅行- JLPT N1

4:31
 
シェア
 

Manage episode 254125511 series 2483047
著作 jlptstories and The JLPT Stories Team の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

大学2年の夏休み、私は外国でのボランティア活動ともう一つ、大冒険をした。それは北海道の原付旅行である。北海道にはおばあちゃんちがあって、かねてから北海道へ行くたびに、原付旅行をしたら楽しいだろうなあと思っていた。でも、なかなか勇気が出なかったのだ。おばあちゃんちには小さい時からなんども行ったことがあるけど、いつも家族みんなで行っていた。でも、今年は妹が高校3年生の受験生なので、勉強漬けの毎日を送らねばならない。必然的に母も自宅待機を余儀なくされ、出かけることができない。父は仕事が休めないらしい。そういうわけで、今回は私が一人で行くことになった。時間もたっぷりあるし、これはもうやるしかない!と、北海道原付旅行を実現させることにした。

お母さんは、私が相談するなり、考える暇もなく「えー!そんなの危ないわよ!やめなさい!」と反対した。お父さんは「いいじゃないか、若いうちに大いに青春を楽しめ!」と賛成してくれた。色々相談した結果、条件付き旅行になった。宿はビジネスホテルやゲストハウスに泊まること、暗くなったら、移動はしないこと、毎日朝昼晩にLINEをすること、無理はしないことなどだ。そうと決まったら、ぼーっとしてはいられない!インターネットで色々なことを調べた。

羽田から飛行機で釧路空港へ行き、北上しながら、おばあちゃんちを目指す。おばあちゃんちは知床半島の根元のあたりにある。行く途中にはたくさんの観光スポットがあるので、観光がてら様々な場所に立ち寄る計画を立てた。原付は空港近くで借りて、返すときはお店の人がおばあちゃんちまで取りに来てくれるそうだ。無理をしない日程で、観光も入れて、だいたい5日でゴールできる予定を組んだ。宿も全て事前に予約をした。自分で地図を作って、宿泊施設からガソリンスタンド、おいしい飲食店に至るまで、調べた情報をすべて書き込んだ。万が一スマホのバッテリーが切れたり、圏外になっても困らないように、あえてアナログの地図を用意した。荷物は最小限にリュックにまとめた。うまくいくかな。心配になることもあったけど、もし無理だったら途中であきらめるまでだ。誰かにやらされていることではないんだから。

結論から言うと、原付旅行は大成功だった。途中、ものすごく大変だったし、さびしくなることが多かったけど、それにもまして、おばあちゃんちにたどり着いたときの達成感は何ものにも代え難いものだった。

大型バイクで旅行をしている人はたくさんいたけど、原付の人は全然いなかった。そのせいか、行く先々でバイカーたちが「がんばれよ!」とか「こっちよりあっちの道の方が行きやすいよ」とか声をかけてくれた。自転車旅行をしている人にも出会ったので、そのときばかりは私が応援した。

北海道は雄大で、どこまでも続く一本道を風を受けながら走るのは気持ちが良かった。知らない人たちが応援してくれたり、さびしい時にはお母さんが電話でおしゃべりに付き合ってくれたりした。おばあちゃんはたくさんごちそうを作って待っていてくれた。みんなの応援なしには達成できなかっただろう。もしまた機会があったら、別のプランで挑戦してみたい。

文法

The Motorbike Trip – JLPT N1

During the summer vacation of my second year at university, in addition to volunteering abroad, I went on a big adventure. It was a motorbike trip in Hokkaido. I have a grandmother in Hokkaido, and every time I went to visit, I thought it would be fun to travel around on a small motorbike. But I couldn’t get up the courage. I have been going to my grandma’s house since I was little, but I always went with my family. But this year, my sister is in her 3rd year of high school, so she is deep in study every day. Inevitably, my mother is stuck with duties at home and cannot go out. My father seems to be unable to take a break from work. That’s why I decided to go alone this time. I have plenty of time and where there’s a will there’s a way! I decided to make this Hokkaido bike trip a reality.

Mom objected and instantly cried, “Whoa! That’s dangerous! Forget it!” But Dad sided with me and said, “Sounds great, enjoy your youth when you are young!” After discussing the details, it was conditionally approved. These conditions included staying at a business hotel or guesthouse, not traveling after dark, sending a LINE message every morning and evening, and not overdoing it. If I decided to do this, I couldn’t miss a beat! I researched everything on the Internet.

I flew from Haneda to Kushiro Airport and then headed north for grandma’s house. She is at the base of the Shiretoko Peninsula. There are many sightseeing spots on the way, so I planned to drop in at various places. I rented a bike near the airport, and when I return it, the shopkeeper will come to my grandma’s house to pick it up. Including sightseeing, I planned a reasonable pace that would get me to the finish in about 5 days. I booked all the hotels in advance. I drew up my own maps and filled in all the information I found, from lodging to gas stations to restaurants that looked good. I also prepared an “analog” paper map so that I shouldn’t be bothered if worse comes to worse, and my smartphone battery dies or goes out of range. I kept my luggage to a minimum with a single backpack. Will this go smoothly? Sure, I was worried, but if I went really badly, I would give up midway. No one was forcing me.

When all was said and done, the bike trip was a huge success. On the way, it was intense and often lonely, but more than anything, the feeling of accomplishment when I got to my grandmother’s house was hard to replace.

There were many people traveling on big bikes, but none on small bikes like mine. So bikers encouraged me wherever I went, telling me to “Go for it!” Or “It will be easier to get there that way, rather than this way.” I met someone on a bicycle trip, and that was when I cheered them on.

Hokkaido was majestic and it was a good feeling to run along the endless road. Strangers cheered me on, and when I was lonely, my mom chatted with me on the phone. Grandma prepared a feast and waited for me. It would not have been possible without everyone’s support. If there is another chance to do this, I want challenge myself again.

48 つのエピソード