栗村修のロードレースチャンネル_20180331

 
シェア
 

Manage episode 202070938 series 1529653
著作 栗村修のロードレースチャンネル の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今週は・・・・ 先週はスケジュールの都合がつかず収録できずに申し訳けありませんでした。 栗村さんもBJも仕事を終えツールドとちぎから無事帰ってきました!!。 タイムトライアルのライブの正解はわからない。 TOJの記者発表が無事終了。 今年のTOJのライブストリーミングは”スポーツブル”配信です。 プラットフォームとしての”スポーツブル”と"フレッシュ"の違い。 今年はTOJのライブストリーミングの映像制作はrockon制作ではありません。 未だ不確定な事がありますが現状では殆ど関与しない可能性が高いです。 事情は深く話せない事が沢山ですが、原因はBJの経営者としての判断ミスです。 ビジネスの世界は色々あるので、察してください(涙。 ビジネスの枠組みで完璧に負けてしまったBJの言い分。 JKAさんの公募に参加して気がついた自転車界の仕組みとしても大きな問題。 社会の仕組みとしての、公募のシステムの大きな問題点 現場現場で細かなクオリティを上げることでで全体がレベルアップするのでは??。 大きな予算を動かす難しさ 金儲けを諦めた敗者のBJが思う”仕事の質は、人生の質”。 ロックオンはツールド熊野やツールド沖縄で新たなチャレンジをやるのでお楽しみに。

41 つのエピソード