【155】“老师”と“师傅”

7:33
 
シェア
 

Manage episode 253308965 series 1275110
著作 橋本竜男 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

大家好!
日本語の「先生」は中国語に訳すと、いくつかの言い方があって、
中で一番使われているのは、今回紹介したい“老师”lǎoshīと“师傅” shīfuです。
辞書で引くと、このように書いてあります。
◇“老师”
①(教師に対する敬称)先生
②(広く知識・教養・技術などをもつ人に対する敬称)先生
155-1.jpg
◇“师傅”
① 師匠、親方、先生
② 技能労働者に対する尊称、[口]労働者、運転手などに対する呼びかけ
155-2.png
155-2.jpg
実際使う場面、相手の身分によって、“老师”と“师傅”を使い分けています。
上記それぞれ,解説の②番からみると、違いが分かりやすいでしょう。
“老师”の対象は、基本的に文化系、学術系、芸術系の先生で、ペテラン俳優、監督も含む;
“师傅”の対象は、技術者、例えば、“木匠” mùjiàng “泥匠” níjiàng “工匠” gōngjiàng、あるいは、“司机”sījī “厨师” chúshīなどへの呼びかけ。
では、ここで質問、「マッサージ師」はどっちでしょう。
答えは“师傅”のほうがふさわしいでしょう。
そして、“师傅”から派生した単語(呼びかけ)もあって、
・师母shīmǔ、师妹shīmèi、师姐shījiě、师弟shīdì、师兄shīxiōng
呼び方といえば、日本語を意識したおもしろい言い方もあります。
“○○酱”jiàng
近年、日本ドラマの字幕を中国語に翻訳する際、
「〜ちゃん」はそのまま音訳で“○○酱”としました。かわいくて、その後、SNSで広まりました。
☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI
☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699

126 つのエピソード