「どんなときにも御霊によって祈りなさいNo.1 」〜恵みと平安がありますように!〜

52:49
 
シェア
 

Manage episode 306145785 series 1272498
著作 東京ライトハウスチャーチ の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

御言葉:エペEph.6:10-20、1:1-2、6:23-24
10月31日 聖日礼拝 八束 選也師
収穫に用いられたエペソの教会を見ていきます。大収穫の鍵は祈りにありました。当時、エペソは経済発展している都市であり、異教の神殿がある霊的戦いの最前線でした。しかし、パウロによって奇跡がなされ、多くの人々が主に立ち返りました。そして、12人の聖霊に満たされた弟子から始まり、わずか2年3か月でエペソ、小アジア一帯が造り変えられました。(使徒18-20章)エペソの都市を造り変えることのできた方は、宣教が難しいと言われている未伝部族である日本を、東京を造り変えることができます!
「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。」
祈りには種類があります。
①エウロゲオー(賛美する)、②エウカリステー(感謝する)、③プロセウコマイ(御声に耳を澄ます)、④デオマイ(願う、嘆願する、執り成す)
祈りは願いごとである前に賛美礼拝であり、主に感謝することです。御霊によって祈るとは、みことば成就を願う主と心を合わせ、みことばに基づいてみことばを祈ることです。今回の箇所では、③と④が使われています。
1.主の御前で祈るとき、キリストにある正しいアイデンティティを宣言します。(1:1)
*みこころ=セレーマ(喜びを持って定められた神の意志)
*使徒=アポストロス(復活の証人、遣わされた者)
*聖徒=この世から神の働きの為に区別され、「聖なる者とされた人々」
パウロの第一のアイデンティティは、主の喜びであり、みこころによる存在でした。復活の主が自分に出会ってくれたことにより、自分は使徒であり聖徒であることを明確に宣言しています。私たちも同様に、キリスト・イエスの十字架によって、新しく造り変えられ、神の使徒、聖徒とされています。
2.主の御前に祈るとき、主の恵みと平安が与えられ、いのちに満ち溢れます。(1:2)
*恵み=カリス、(神が人に与える特別な好意、当然与えられる報酬ではなく、本来値しない者に与えられる思いやりと親切に満ちた贈り物)
*平安=エイレーネ、シャローム
①個人的「平安」、②国家的「平和」、③経済的繁栄、④肉体的「健康」、⑤生命的「充足」、⑥学問的「知恵」、⑦宗教的「救い」、⑧究極的「勝利」、⑨全的「祝福」
神の恵みこそ、人を造り変え成長させます。(Ⅰコリ15:9-10)パウロは使徒の中で最も小さい者、罪人の頭であった自分を憐れみ、尊い働きに用いてくださる恵みに感動し感謝して仕えました。恵みだけに目を留めるように励ましています。
3.主の御名で祈るとき、 すべての源である主から良きものが注がれます(1:2)
*エペ1:20-23イエス・キリストは教会に与えられた最高の権威ある御名
*ヨハ15:16-17「あなたがた」教会の一致した祈り主は教会の祈りを尊んでくださいます。「二人でも三人でもわたしの名によって集まるところに
わたしもいる」と、教会の一致した祈りは力強いものです。エペソは12人の祈りによって、祝福が豊かに注がれ、この世が最も必要としている恵みと平安が宣べ伝えられていきました。
*ヤコブ1:17「全てのよきもの賜物は上から来ます。」

293 つのエピソード