Christian Eriksen

39:18
 
シェア
 

Manage episode 325084113 series 2861801
著作 Tommy Silver の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

At 5:19pm, Christian Eriksen was the first Danish player to step out onto the pitch at Parken. His team-mates waited a few seconds in the tunnel to let him have the stage to himself. The stadium in Copenhagen was about to be filled — kids with printed photos of Eriksen on sticks and shirts with his name and number 10 on the back ever-present in the stands.

He clapped towards the fans and they returned the salute, welcoming him back to the national stadium for a friendly against Serbia. Everyone knew what had happened 290 days before at one side of that same pitch during Denmark’s opening match at the European Championship against Finland on June 12.

On the day before the Serbia match, Eriksen had revisited the scene of his collapse for the first time for his national team’s final training session. The warm-up session had been placed in exactly the area where Eriksen had suffered his collapse. When returning to the spot, he just started clapping spontaneously.

That was it. He had confronted his past.

---

デンマーク 代表vsセルビア代表との親善試合。時刻は午後5時19分。デンマーク代表としてクリスティアン・エリクセンがあのパルケンスタジアムに帰ってきました。

チームメイトたちはトンネルの中で数秒待ち、エリクセンを送り出して、復活の舞台を演出します。スタンドには、エリクセンの写真がプリントされた横断幕、背番号10が入ったシャツを着た子供たちの姿も見えます。

エリクセンがファンに向かって挨拶をすると、ファンもそれに応え、戻ってきた彼を皆で歓迎します。290日前の6月12日、デンマーク代表がフィンランド代表と対戦したユーロの開幕戦、スタジアムでなにが起こったのか、誰もが理解していました。セルビア戦の前日練習で初めて自身が倒れた場所をエリクセンは訪れていました。コーナーキック付近でウォームアップが行われたとき、彼は自然に拍手を始めました。ただ拍手だけをして、自分の過去を振り返りました。

84 つのエピソード