第81回Sorry ばかり使っていませんか?「すみません」の色々な英語表現

17:59
 
シェア
 

Manage episode 224539850 series 2386071
著作 Nick Kemp: 英会話 教師 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

すみませんを英語で sorry という覚え方をしている日本人の方は多くいます。日本語の「すみません」は謝るときだけでなく、誰かの注意を引いたり、ありがとうというお礼の意味で使われることもありますね。そのため、英語で話す時にも sorry ばかりを使っていませんか?つい sorry 頻用するのが日本人英会話初心者の特徴です。

この Sorry の使い方により、あなたの英会話レベルがわかってしまいますよ。必要以上に謝らないためにも、Sorry 以外の英語表現を覚えて使いこなせるようになりましょう。

まず、Sorry は、何かを間違えてしまった後に謝罪する時に使うということを覚えておきましょう。それ以外は、Sorry ではなく Excuse me などの表現を使う癖をつけましょう。

Excuse me と pardon me は、少し恥ずかしいことや失礼な行いをしてしまった時に使う丁寧な表現です。

Excuse me

Excuse me は、次のような状況で使われます

  • 丁寧に誰かの注意を引く
  • 誰かの邪魔して申し訳ないという気持ちを表す
  • 道をあけてもらうようお願いする
  • その場を離れることを丁寧に伝える(席を外す時など)

例文

Excuse me. Could you tell me the time?
すみません。時間(今何時か)を教えて下さいますか?

Excuse me, could I get past?
すみません、通して頂けますか?

Excuse me. I need to make a phone call.
ちょっと失礼します。電話をかけなければならないので。

Sorry

Sorry は、次のような状況で使われます

間違いをしたことに謝る(通常は偶然にやってしまったこと)
何かがいかに悪いか、馬鹿げているか、恥ずかしいことかを強調する
何か悪い出来事があった相手に悲しさや同情を感じる時
状況にがっかりしていて、それを変えることができたらと望む時

例文
Oh Sorry. I didn’t mean to step on your foot. Are you OK?
あ、ごめんなさい。わざと足を踏んだんじゃないんです。大丈夫ですか?

I feel so sorry for Mark. His wife left him last week, and now he has just lost his job.
マークはとても気の毒だよ。彼の奥さんは先週家を出て、彼は仕事を失くしたばかりなんだ。

I’m so sorry to hear about your mother.
お母さんのこと、とても残念です。

I’m so sorry. I wish this had never happened.
申し訳ございません。こんなことが起こらなければよかったのに。

注意: 誰かを遮ったり邪魔をする前は excuse me と言います。邪魔をした後には sorry と言います。

会話例

旅行者が道で見知らぬ人に助けてほしいとお願いしています

A: Excuse me.
B: Yes
A: Could you tell me where we are on this map?
B: Look. I really don’t have time. I need to get back to work.
A: Could you please just quickly point out where we are?
B: Ok…..Where are here (finger pointing on the map).
A: Thank you. Sorry for the trouble.
B: No trouble at all.

A: すみません。
B: はい。
A: 今どこにいるかこの地図で教えてもらえますか?
B: あの、今本当に時間がないんです。仕事に戻らなくてはならなくて。
A: 簡単に指で指してもらうだけ、お願いします。
B: わかりました。ここです。(指で場所を指す)
A: ありがとうございます。呼び止めてごめんなさい。
B: 大丈夫ですよ。

I beg your pardon

Sorry よりもっと丁寧でフォーマルな言い方です。

例文
I beg your pardon. I didn’t mean to startle you. I thought you were someone else.
申し訳ございません。驚かすつもりはなかったのです。人違いでした。

何を言ったのか聞こえなかった時

何を言ったのか聞こえなかったり、理解できなかった時は次のように言います。これは同時に「もう一度言って下さい」という意味も含まれます。

Sorry?

What? (informal) *これは友達同士なら大丈夫ですが、本来はとても失礼な言い方です。もし僕の息子がこう言ったら、別の言い方にするよう躾けします。
I beg your pardon?
Pardon me?

会話例
A: Your phone’s ringing.
B: Sorry?
A: Your phone. It’s ringing.

A: 電話鳴ってるよ。
B: え?
A: あなたの電話。鳴ってる。

A: Is this yours?
B: What?
A: Is this yours? It was under your desk.

A: これあなたの?
B: は?
A: これあなたの?机の下にあったけど。

A: Have you spoken to the boss?
B: I beg your pardon?
A: Have you spoken to boss. He was wanting to talk to you this morning.

A: 上司と話ししましたか?
B: もう一度言ってくださいますか?
A: 上司と話しましたか?今朝君と話したがってましたよ。

144 つのエピソード