19.2020-2021ワールドツアーチーム+α移籍情報徹底解説スペシャル・後編(Guest:@saneyuu)

3:20:55
 
シェア
 

Manage episode 280507388 series 2808859
著作 SuzuTamaki の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
『サイクリスト』ライターのあきさねゆう(@saneyuu)さんをゲストに迎え、2021シーズンに向けた全ワールドツアーチーム(+α)の移籍情報と、新チーム体制へのプレビューを行っていきます。 今回はグルパマFDJ、イネオス・グレナディアーズ、イスラエル・スタートアップネーション、ロット・スーダル、モビスター・チーム、チーム・キュベカ・アソス、チーム・DSM、トレック・セガフレード、UAEチーム・エミレーツ、アルペシン・フェニックス、トタル・ディレクトエネルジーの計11チームを徹底解説。 新加入選手はほぼ漏れなく徹底解説。あの選手は一体どんな経歴を?という疑問にお答えします。 参考:「2020-2021注目移籍情報まとめ」https://www.ringsride.work/entry/20-21Transfers 参考:「Pro Cycling Statsの2021年チーム情報のページ」https://www.procyclingstats.com/teams.php?s=worldtour&year=2021  各チームのページに飛んだあと、「Incoming transfers」のリンクを押すとそれぞれのチームの移籍情報のページに飛べます。 目次 0:02:07~ 前回取り扱ったチームの放送後の変更点 ■アスタナ・プレミアテック:LLサンチェスやイサギレ兄弟、そしてルツェンコが残留 ■サーカス・ワンティゴベール⇒アンテルマルシェ・ワンティゴベールマテリア ■ドゥクーニンク・クイックステップにマーク・カヴェンディッシュが加入 ■EFプロサイクリングに別府史之が加入 0:13:34~ グライドさんからの補足情報 ■アスタナ・プレミアテックとヴィノ・アスタナモータースの関係 ■ミッチェルトンは誰の所有物か、そしてマヌエラ・フンダシオンを連れてきた元選手とは 0:18:24~ 放送後変更点の追加 ■バーレーン・ヴィクトリアスにジーノ・マーダーとジョナサン・ミランが加入 00:22:25~ グルパマFDJ ■アッティラ・バルテル――珍しいハンガリーの有望若手クライマー ■マッテオ・バディラッティ――遅れてきた新人の1人 ■クレマン・デイヴィ――重量級ルーラー? ■ラース・ファンデルベルフ――意外と登れるパンチャータイプ? ■育成チームからの出身者がしっかりと早く結果を出せるチーム ■ピノ、デマール、ゴデュ、キュング・・・来年のグルパマFDJの展望 00:40:02~ イネオス・グレナディアーズ ■ダニエル・マルティネスはベルナルに匹敵する才能 ■ワールドツアー・ステージレースでの総合優勝経験者が12名 ■リッチーはさすがにアシスト? ■ワーフ、スタナード、クネース、去っていく選手たち ■アダム・イェーツで何を狙っていく? ■ローレンス・デプルス――世界最高峰の山岳アシスト ■あまりにも強かったU23ジロ・デ・イタリアのトム・ピドコック ■新生イネオスはアルデンヌに強い! 00:59:00~ イスラエル・スタートアップネーション ■クリス・フルームの2020年の「意味」 ■セップ・ファンマルク――ニルス・ポリッツに代わる北のクラシックエース ■ダリル・インピー――フルームご指名のアシスト ■マイケル・ウッズ――オリンピックが最大の目標? ■アレッサンドロ・デマルキ――逃げのスペシャリスト ■パトリック・ベヴィン――昨年世界選4位の男 ■カールフレドリク・ハーゲン――クリス・フルームのアシスト要員? ■セバスティアン・バーウィック――ヘラルドサン・ツアー総合2位 ■タジ・ジョーンズ――ランカウイで勝ったスプリンター ■良いスプリンターが多いチーム ■イスラエル選手をしっかり育てるチーム 1:23:42~ ロット・スーダル ■9人中7人がコンチネンタル/育成チームからの昇格 ■カミル・マウェツキ――スプリンター?パンチャー?クライマー? ■アンドレアス・クロン――ウリッシに勝った22歳 ■クサンドレ・フェルフールセン――ロンド・デ・リザール総合優勝者 ■セバスチャン・グリニヤール――ルーラータイプ ■ハリー・スウィーニー――U23版イル・ロンバルディア優勝者 ■マキシム・ファンジル――ツール・ド・サヴォワ・モンブラン総合3位 ■ヴィクトール・フェルシェーヴ――サヴォワ・モンブラン区間1勝、U23LBL2位 ■シルヴァン・モニケ――U23版ロンバルディア4位 ■フィリッポ・コンカ――U23版ジロ・デ・イタリア総合5位 ■若手有望クライマーたちを大量獲得。ロット・スーダルの狙いとは? ■ハーム・ファンフッケ、マシュー・ホームスという成功例 ■ヘルベン・タイッセン、ステファノ・オルダーニ・・・若手スプリンターにも注目 1:44:57~ モビスター・チーム ■ミゲルアンヘル・ロペス獲得の意味 ■来年のツールはモビスターに期待でき、る? ■グレゴール・ミュールベルガー――アラフィリップと2度競った男 ■イバン・ガルシア――勝ち星の稼ぎ役、そして北のクラシック適性も ■ゴンサロ・セラーノ――ベタンクールの後継者となるか ■アブネル・ゴンサレス――謎のプエルトリコ人 2:01:04~ チーム・キュベカ・アソス ■サンデル・アルメ――契約最終年だけ頑張る男 ■ファビオ・アル――悲運の英雄は復活なるか ■ショーン・ベネット――期待度大のパンチャー ■コナー・ブラウン――あらゆる可能性のある若手 ■ディミトリ・クレイス――ロンド・ファン・フラーンデレン6位 ■サイモン・クラーク――元EFのキャプテンの驚きの移籍 ■キリアン・フランキーニー――山岳アシストor逃げ要員 ■ラッセノーマン・ハンセン――昨年のロンドでマチューを助けた男 ■セルジオ・エナオ――再びエースとして戦えるチャンスも ■ベアトヤン・リンデマン――全グランツール、全モニュメントを走っている男 ■マッテオ・ペルッキ――ニッツォーロの親友 ■ロブ・パワー――2018ジャパンカップ覇者 ■マウロ・シュミット――ディリエ、キュングに似たオールラウンダーの可能性も? ■ハリー・タンフィールド――2年前のツール・ド・ヨークシャーで逃げ切り勝利 ■カレル・ヴァツェク――エヴェネプール・キラー ■エミル・ヴィンイェボ――ヨークシャーでのカンプの勝利をアシストした男 ■ルーカス・ヴィシニオウスキー――ニッツォーロのリードアウトトレインの一員? ■2年前のCCCチーム騒動のときと比べると、不安は少ない構成? ■思ったよりはマシだったが、結局きつい 2:31:00~ チーム・DSM ■ロマン・バルデ――ヒルシと共にアルデンヌ・クラシックを狙える ■マルコ・ブレンナー――2019年のシーズン20勝。期待しかない驚異の18歳 ■アンドレアス・レクネスンド――2020年23日中7勝という驚異の勝率 ■ニキアス・メルクル――クロアチアのレースに相性の良い男 ■ロマン・コンボー――5年間全てのレースで完走している男 ■ケヴィン・ヴェルマーケ――ハーゲンス・バーマン出身の20歳 2:47:38~ トレック・セガフレード ■アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー――ニバリの右腕になれるか ■アントニオ・ティベッリ――メカトラしながら勝った昨年のジュニア世界選TT ■マティアス・スケルモースイェンセン――タフさが売りのデンマーク若手 ■ヤコブ・イーホルム――「ドーハ世界戦」を「逃げ切り」で勝った男 2:54:39~ UAEチーム・エミレーツ ■ラファウ・マイカ――ポガチャルのアシストとして大きな期待 ■マッテオ・トレンティン――クリストフとのコンビネーションに期待 ■ライアン・ギボンス――ガビリアのアシスト?エースとして走れるチャンスはあるか? ■フアン・アユソー――2021年ワールドツアー最年少選手。ギプスコア・クラシカ優勝者 ※モラノ、ラエンゲン、トロイアは直後に契約延長が確定 3:05:30~ アルペシン・フェニックス ■2021年はすべてのグランツールとクラシックに出場可能 ■シルヴァン・ディリエ――2018年ルーベ2位 ■ジャスパー・フィリプセン――ボーネン2世? ■クサンドロ・ムーリッセ――登りも北のクラシックもいけるワールドツアー級 3:11:46~ トタル・ディレクトエネルジー ■ラトゥール、ヴュイエルモー、ジェニエ・・・AG2Rグランツール組を一気に獲得 ■ボアッソンハーゲン、ローレス――クラシックでも更なる強化 ■UCIプロツアーランキング首位を奪還できるか? GM名鑑2020はこちら→ https://note.com/saibana

41 つのエピソード