為替はなぜ動く? 食卓から資産運用まで日本人にも影響大

24:17
 
シェア
 

Manage episode 302337019 series 2956193
著作 日本経済新聞社 マネーのまなび の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

日経電子版「マネーのまなび」のPodcastです。タレントのREINAさんがリスナーとお金のイロハを学んでいきます。

第9回は「為替の基本」。日本で円だけで暮らしているつもりでも、為替相場は我々の生活に影響を与えています。年初に1ドル=104円弱だった為替相場は足元では110円前後で、かなり円安が進んでいます。その結果、輸入食品を始めとした食卓のコストも上がりました。そして為替は資産運用にも大きな影響を与えます。円の商品だけではお金が増えないので、昨今は外貨預金や外国債券、外国株などで運用する必要が高まっていますが、そうすると「預金金利は日本より高かったのに、為替で損が出た」といったことも起こります。今回はこの為替相場がどういうメカニズムで動くのか、外貨商品に投資する際は何に気をつけるべきなのかを学びました。

「American Money Life」のテーマは「日米ネットオークション事情」。米国ではeBay、日本ではYahoo! オークションが代表格ですが、広がりではかなり違いがあるようです。またアメリカではどこの街にもpawn shop(質店)があり、中古品や不用品の売買ではこれも大きな役割を果たしているとか。「このpown shopでよく売買されているアイテムが拳銃なんです」とREINAさん。アメリカならではの話ですが、やはり驚いちゃいますね。

12 つのエピソード