「類義語」の迷いを一気に解消!(36)

0:35
 
シェア
 

Manage episode 275322314 series 25454
著作 毎日ちょこっとリスニング特訓~podcast~ の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。
【総集編4】
7.「禁止する」 forbid vs. prohibit
◆解説◆
forbid には「個人間で取り決めた規則にのっとって行為などを禁止する」
というイメージがあり、家庭のルールに基づいて禁止する場合は、forbid
が使われます。 prohibit には「法律など公的に何かを禁止する」意味合
いがあるので、順守しなかった場合には刑罰が伴うことも多いです。
………………………………………………………………………………………
8.「理解する」 comprehend vs. understand
◆解説◆
understand の「理解」はたいてい限定的かつ具体的であり、 「この単語
の意味を理解する」は、understand the meaning of this word と表現す
るのが自然です。comprehend にもこの用法はありますが、 単に書いてあ
る内容や人から聞いたことを理解するのではなく、「なぜ人は悪事を働く
のか」のように、多面的な概念や知識を集結させて初めて「理解」できる
ような内容には comprehend が使われます。

730 つのエピソード