「類義語」の迷いを一気に解消!(33)

0:34
 
シェア
 

Manage episode 275322113 series 25454
著作 毎日ちょこっとリスニング特訓~podcast~ の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。
【総集編1】
1.「(映画を)見る」 see vs. watch
◆解説◆
see は「目に入ってくる」というイメージであり、大きなスクリーンの映
像が自然に目に入ってくる「映画館での映画鑑賞」は、see a movie と表
現するのが自然。一方、watch は「動きのあるものを目で追う」「じっと
見つめる」というイメージであるため、テレビやパソコンの画面を注視す
る「DVDなどでの映画鑑賞」は、watch a movie と表現します。なお、
Have you seen the movie Roman Holiday?(『ローマの休日』見たことあ
る?)のように、 映画を見たことがあるかどうかを聞くときは see を使
います。
………………………………………………………………………………………
2.「選ぶ」 choose vs. select
◆解説◆
choose には、「自分の好みや主観で選ぶ」というニュアンスがあります。
「(コピーする範囲を)選択する」のように、好みや勘が介在しない「選
択」には select が使われます。 慎重に選ぶイメージがあるのも select
です。

730 つのエピソード