第157回 ありがとうの時間です!

9:05
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on September 14, 2020 10:56 (1M ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 250826335 series 130571
著作 Official BNI Podcast の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

毎年2月に設定されている国際ネットワーキング週間(インターナショナル・ネットワーキング・ウィーク)が13回目を迎える今年は2月2〜8日に。

世界27万のBNIメンバーと一緒に、過去1年間にリファーラルを提供してくれたひとたちの中から5名に『ありがとう』を伝えることで、世界中のBNIで100万を超える『ありがとう』を生み出そう!

このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。

安: 皆さんこんにちは。BNIメンバーの安紗弥香です。オフィシャルBNIポッドキャスト、今回もBNIジャパンナショナルディレクターの大野代表とともにお送りしております。大野さんこんにちは。よろしくお願いいたします。

大野: こんにちは。よろしくお願いします。

安: 第157回は、『ありがとうの時間です!』と題してお送りいたします。このポッドキャストはコンビニの人材育成を支援するコンクリ株式会社の提供でお送りいたします。さて、大野さん、『ありがとうの時間です!』というタイトルなんですけれども、これについて説明をしていただけますでしょうか。

大野: はい、これは毎年2月の頭に、インターナショナル・ネットワーキング・ウィーク(International Networking Week)というものが、BNIがイニシアチブを取って開催されています。今年は2月2日〜8日ですけれども、今年で13回目になります。何をやるかというと、今年は27万人を超える世界中のBNIメンバーが、100万以上の『ありがとう』を生み出そうという企画です。メンバーの皆さんお一人おひとりが、この1週間の間に5人の人にありがとうを伝える。この1年間で色々な方にリファーラルをもらってると思うんですけども、その中から5人の人に対して『ありがとう』を伝えるということになります。BNIのファウンダー、創立者であるアイヴァン・マイズナー博士と、CEOのグラハム・ワイミラーさんが最初のサンキューをスタートさせてくれるという話です。その一つの方法として、今年はCEOのグラハムさんが5日間で世界5都市を周るというチャレンジをやってくれます。

安: すごいチャレンジですね。

大野: 5つの都市を周って、BNIの人たちにサンキューを伝えて周ってくれます。ディレクターだったり、メンバーだったり、世界中でリファーラルを交わしてくれているわけですから。5都市というのは、まず最初の都市が、マイアミ。ここは2月1日に行かれます。その次はパリ。そしてテルアビブ、イスラエル。そして4つ目がパース、オーストラリア。5つ目の都市が、東京になっています。東京には2月9日と10日。9日に到着されて10日に帰ってしまいます。詳細は後ほどお伝えします。今回はこれをお聴きのメンバーの皆さんも、『ありがとう』をこの間に伝えて頂きたいと思っています。世界中の27万人のメンバーがこれを一斉にやるわけですから、面白そうですよね。

安: 確かに、ワクワクしますよね。あとは『ありがとう』のプラスのエネルギーで満たされる週になりそうですごく楽しみですね。

大野: この週は実は私もナショナルディレクターとしてチャレンジしたいと思っています。コネクト5というチャレンジなので、5日間で5つのリージョンを訪問しようと思っていたんですが、結果として7つになってしまいました。

安: え、増えましたね!

大野: はい、まあ、いいでしょう。3日にスタートして7日に終わります。サクセスネットが12月に発行されましたけども、その14ページにも書かれてますけども、まず滋賀県の大津にお邪魔して、姫路に行って、福岡に行って、京都、そして三重、岐阜という風になっています。最後に東京加えて7つになりました。私からも色々な人に『ありがとう』を伝えたいと思っています。

安: とても楽しみな1週間になりそうです。

大野: それで、せっかくCEOのグラハムさんが来日しますので、この機会にポッドキャストの150回を記念するイベントをやろうかと。公開収録をしましょう。2月9日、日曜日午後3時から東京ですが、ヒルトン東京お台場で開催します。今回も沢山の皆さんにお越しいただきたいですね。

安: 皆さんにお会いできたらまた盛り上がりますね!

大野: 参加のお申込みの方法は、このポッドキャストのウェブサイトにリンクを貼らせていただこうと思ってます。そのフォームからお申し込み頂ければと思っています。どのくらいの方々が来て頂けますかね?

安: いやー、これはもう、100回記念の時に100人でしたから、150以上!

大野: では、最低でも150人ということで期待しちゃいますかね!今回は、CEOのグラハムさんをお迎えしてのイベントということになりますから、また楽しみが大きくなってますね。

安: そうですね。ぜひ今のうちからカレンダーを開いて、しっかりと予定を空けておいて頂けたら嬉しいですね。

大野: そうですね。幸い、翌日は月曜日ですので、チャプターミーティングはないはずですから。

安: (笑)なるほど。確かにそうですね。

大野: 日曜日、もしかしたら家族サービスの時間を少し削って頂かないといけないかもしれませんけれども。もしよろしければ、ご家族でお越し頂いてもいいんじゃないかと。

安: あ、いいんですね、それ!?

大野: 面白いんじゃないですかね。

安: 確かに。それはすごくいいイベントになりそうです。ということで、終わりの時間が近づいてまいりましたが、大野さんからメンバーの皆さんにメッセージはありますか?

大野: 今回の、サンキュー、ありがとう、を伝える一週間ということで、インターナショナルネットワーキングウィークが位置付けられたんですけども、とても素晴らしいキャンペーンだと思うので、全国のチャプターのメンバーの皆さんも積極的に参加して頂いて、ソーシャルメディアで写真をシェアして頂くといいんじゃないかなと。皆さんから感謝を伝えたい人に対して、『ありがとう』を伝えているシーンの写真を撮って Facebook とか Twitter ですとか、ソーシャルメディアにアップして頂けると、面白いんじゃないかと感じています。

安: 確かに。それだけSNSの世界でも『ありがとう』が広がるともっともっと周りにいる人たちにもエネルギーが行き渡りそうで、すごく楽しみですね。私も『ありがとう』をしっかり伝えていきたいと思います。

大野: ちなみにインターナショナルネットワーキングウィークの詳細はウェブサイトがありますので、InternationalNetworkingWeek.JP または英語の方は .comでご覧頂けますので、ご参考までに。ソーシャルメディアに写真とか投稿をして頂くときには、ハッシュタグをつけておいて頂ければと思いますけども、#BNIThankYou、それと、#INW2020 これは InternationalNetworkingWeek2020の略ですかね。こちらを合わせて入れて頂ければ、世界中のサンキューが確認できると思いますので。それとサンキュー、ありがとう、を伝える場合のサンキューサーティフィケートという賞状のようなテンプレートがダウンロードできるようになってますので、こちらもぜひご活用ください。

安: ありがとうございました。今回もBNIジャパンナショナルディレクターの大野代表と私、BNIメンバーの安紗弥香でお送りいたしました。このポッドキャストはコンビニの人材育成を支援する、コンクリ株式会社の提供でお送りいたしました。それでは次回もオフィシャルポッドキャストでお会いしましょう。See you next week!

第157回 ありがとうの時間です!BNI Japan Official Podcastで公開された投稿です。

177 つのエピソード