108 第96話

19:14
 
シェア
 

Manage episode 284849182 series 2621156
著作 藤 真一 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

スリッパを引きずるような音が聞こえたため、楠冨はそちらの方を見た。
力なくスツールに腰を掛ける検査着姿の光定がそこにあった。
「先生…。」
うつむいたまま反応を示さない光定を見て彼女はそっと湯呑を差し出した。。
「ささ、熱いお茶でもお召し上がってください。体が温まりますよ。」
「うん…。」
茶をすする音
静寂の中、ただ光定の茶を啜る音だけがこの空間に響く。
二人の間に無言の時間がどれだけ流れただろうか。
このいつまで続くかわからない沈黙を破ったのは光定だった。
「何も聞かないんですね。」
「何のことですか。」
「僕が急にいなくなったこと。」
ーなんだ…随分流暢に話すじゃないの。
「私が聞いてどうなるんですか。」
「何言ってんですか。病院長から僕の様子を見てこいって言われたんでしょ。」
「様子を見るだけです。先生がどこに行っていたとか、何をしていたとかを探ってこいと言われていませんので。」
「で、本当に僕の様子を見ているだけ…。」
「はい。」
「マジですか…。」
光定は呆れ顔だ。
「まるでロボットですね。君は。」
「私がここにいるのは仕事の一環です。仕事に私情を挟み込むほうがむしろ良くないことだと思いますが。」
「訂正。軍人みたいだ。」
「それは褒めてらっしゃるので?」
「そう受け止めてもらって結構です。」
「普通の人は絶対にそう受け止めませんよ先生。」
クスリと笑った楠冨を見て、光定も少し顔をほころばせた。
「先生の服、乾かしてきます。」
「あ、いい。自分でやります。」
「え?これがないと先生一生その格好ですよ。その格好で院内ウロウロされると坊山課長の言ったとおり、いろいろ面倒なことになります。」
「一応、自分のロッカーに着替えあるんですよ。」
光定は鍵を楠冨に手渡した。
「僕のロッカーは19番。これでジャージ持ってきてもらえますか。」
「私が先生のロッカーを?」
「はい。」
「それはちょっと…。」
「大丈夫。僕から病院部長に言いますから。」
「先生から病院部長に?」
光定はその場で電話をかけた。
「あ…光定です。」
「大丈夫ですか先生。坊山から聞いています。とにかく風邪とか引くと大変なので、楠冨を使ってください。」
「ちょっと急な用事があって抜け出してしまいました…。」
「あぁいいんですよ先生。そのあたりを調整するのが我々事務方の仕事ですから。」
「彼女に着替えをロッカーまで取りに行かせますので、病院部長お願いできますか。」
「かしこまりました。すぐに対応します。」
「あ、でも。」
「なんです?」
「彼女に持ってきてほしいので。」
「…はぁ。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
男性医師だけが使うロッカールーム。
ここに足を踏み入れるのは医師という資格を持つものだけ。
その前に医師ではない井戸村が落ち着かない様子で立っているのを、看護師の楠冨は目撃した。
「部長。」
「鍵貸して。男子ロッカーだ。ここから先は流石にお前を入れるわけにはいかんよ。」
「ダメです。」
「はぁ?」
「先生は私にとってこいと言われました。なので私が中に入ってとってきます。」
「おいおい。楠冨君。そういう四角四面なことはこの場では止めてくれないか。ここに看護師の君がいることも、病院部長の俺がいることも先生方に説明するのに時間がかかるんだ。」
「部長は外で見張っていてください。私が中に入ります。」
「おいこら!」
「しーっ。」
「あ…。」
「大きな声出すと休んでる先生からめっちゃ睨まれますよ。部長。」
「ぐぬぬ。」
「そうこうしてるうちに時間ばっかり経っちゃうんで、私行ってきますね。」
ドアを閉める音
「う…なんか臭い?」
汗臭さなのかそれとも消毒の臭いなのか。得も言われぬ落ち着かない臭いがロッカールームに充満していた。
「男子のロッカーってどうなってるんだろ。ヤバいもんとかも入ってたりするのかな…。」
「ヤバいもんって…なによ…わたし…。」
「16番…あった。」
ロッカー開ける音
「うわっ汚なっ…。」
中には何かが詰まってパンパンになったコンビニ袋のようなものが数個、雑然と押し込められるようにあった。
「なに…これ…男のロッカーってこれが標準?ってかどこにジャージあるの…。」
「まさか…これ一個一個中身確認しないといけないの?嫌だなぁ…。」
楠冨はいやいやながらも結んで封されているそれを解く。
「うえ…これただのゴミじゃん…。」
開けた瞬間なんとも言えない不快な臭いが楠冨の鼻腔に流れ込んできた。
「Σ(゚ё゚ノ)ノ クサッ!!」
彼女はそっとそれを再び結び直して、ロッカーの奥にねじ込んだ。
続いて解いた大きめのコンビニ袋に見事ジャージを発見。自分の引きの強さに我ながら感心してさっさとその場から立ち去ろうとした。
「それにしてもあんたも板についたわね。」
「何がです?」
「看護師の革を被ったスパイ?」91
「スパイついでに他のも調べておきますか…。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あれ?病院部長どうしたんですか?」
井戸村はロッカールームの前を通りかかった医師に声をかけられた。
「あ、いやちょっと今、業者がロッカールームのほら、あの、例の火災報知器の点検で来てまして。」
「あれ?そんなアナウンスありましたっけ?」
「いやぁその…坊山のやつが、皆さんに周知するのを忘れていまして。なので私がここに突っ立っているって次第です。」
「あぁ部下の尻拭い的な…。」
ご苦労さまですと言った彼は、井戸村に背を向けその場から立ち去った。
ふと腕時計に目を落とす。
楠冨がロッカールームに入って5分経過している。
「おい…なんでそんなに時間がかるんだ。」
彼は部屋のドアを少し開く。
「楠冨君。楠冨君。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「何これ…。」
目の前に出現した不気味さしか感じられない物の集合に、彼女は身動きが取れないでいた。
「楠冨君。楠冨君。」
遠くから自分の名前を呼ぶ声が聞こえたため、彼女は我を取り戻した。
とっさに彼女はスマホのカメラでそれらを収める。
シャッター音
「ってかこれ…早く社長に報告せんと…。」
彼女はロッカーに鍵をかけ直した。
「なんだ。随分時間がかかっていたじゃないか。」
「えぇ…ちょっと予想外に散らかっていて…。」
「散らかる?ただのロッカーだぞ。」
「そのただのロッカーの中が散らかってて、ここまで時間がかかったたんです。」
「…そんなにか?」
「はい。臭うものもありました。」
「ふぅ…。」
「病院部長の方から医師用ロッカーの取り扱いについて、一度周知させたほうが良いかと思います。」
「だな…。」
「男のロッカーってみんなあんな感じなんですか?」
「知らんよ。人それぞれだろう。」
「部長は?」
「うん?俺?」
「ええ。わたし部長の中も見てみたいかも…。」
「あ…あぁ…。」
上目遣いで自分を見つめる楠冨に、井戸村は満更でもない表情を浮かべた。
「今日の晩は空いてるが。」
「え?」
「え?」
「え?違うの?」
「はい。」
「うそ…。」
「いいえ。本当です。」
「あ、そう…。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「おい…どういうことぃや…これ。」
「それはこっちが聞きたいくらいよ。」
「光定がなんで山県久美子の写真をこんなに沢山溜め込んどれんて。しかもこれどう見ても盗撮やぞ。ほらこれなんか病院の中の監視カメラっぽいがいや。」
「何かしら…これもその、研究てやつ…?。」
ー目の写真を仕事場の机の中に溜め込む妙な行動を光定はとっとる。
ーあいつにその手の収集癖があるとしたらさもありなんなんやけど…。対象が対象で久美子やしな…。
「いや、ほうやとしてもロッカーっちゅう、個人的なスペースにこんなもん溜め込んどんのはおかしいやろ。」
「そうね、プライベートスペースだものね。」
「あぁそれ。プライベートスペース。…うん?」
「どうしたの?」
ーパブリックな仕事のスペースには目の写真が盛りだくさん。んでプライベートスペースに久美子の写真が盛りだくさん。
ーひょっとして用途が違う?
「トシさん?」
「あ、あぁ。」
「そういえばトシさん、久美子の周辺が最近おかしいって言ってたじゃない。」
「あぁ。」
「あれと関係は?」
「ようわからん。でもそのおかしなやつが久美子をつけとるっていうのは本当に昨日からの話や。」
「じゃあこの写真は別件ってことかしら。」
「わからん。けどこいつは異常や。」
「光定ってひょっとして久美子のストーカーなのかしら。」
「それやったら、当の光定本人が久美子をつけるやろう。」
「わかんないわよ。鍋島の例があるから。」
「鍋島…。」
「ほらあれ、なんかウチの店に監視カメラ仕込んで観察するとか七面倒臭いことやってたでしょう。」
「あぁ。」
ー確かにそうや。鍋島は橘経由の相馬卓でほんな事しとったな…。
「あ、でも今回はそのつけてる人の顔とか割れてんのよね。」
「おう。」
「そいつの身元とかってどうなの?」
「まだわからん。ま、時期わかるやろう。けどわかったとしてもマスターには流石に教えれんな。」
「ふぅ。」
「ま、ストーカーについては心配せんといてくれ。こいつには万全な監視をやっとる。いざとなれば実力で抑え込む。」
「警察も昔と随分変わったのね。」
「ストーカーとしてやと久美子からの届けがないと対応できんけど、公安マターなもんでね。これ。結構自由にやれるんやわ。」
「なんだかややっこしいのね。」
「まあね。警察は一個人の用心棒ってわけじゃないんでね。警察が簡単に個人の領域に入り込めるようになるのも別の意味で怖い話やぞ。」
「確かに。」
ー個人の領域か...。
ープライベートとパブリック。
ー公私。
ー光定のパブリックにはよう分からん目の写真。
ープライベートには山県久美子の写真。
ープライベート...。
ー個人的なつながり…。
「クガってだれですか。千種さん。」
「クガ?」
「はい。おそらく光定先生と何らかの交友がある人物だと思うんですが。」
「空閑先生は僕の恩師です。」
「恩師?」
「はい。塾の講師です。」
「それはなんですか。大学受験のときの学習塾とかですか。」
「はい。そうです。」
「塾の名前は。」
「空閑教室です。」83
「空閑…。」
「え?」
「ほうや、ワシ…こいつのことを追わんといかんかったんやった。」
ーほうや。あのハゲ散らかし男に気ぃとられ過ぎとった。
「どうしたのトシさん。」
「あ、あぁ…。」
「大丈夫?」
「あぁ、なんかやっぱり歳なんかね。物忘れが…。」
「物忘れ?」
「おいやなんか立て続けに他人にお前認知症じゃないんかって言われてな。」
「メモ魔のトシさんが?ありえないわ。」
「メモ?」
「うん。もしも認知症になってもいつも手にしてるメモ見ればすぐに思い出すわよ。」
古田は胸のあたりを弄った。
スマートフォンサイズのメモ帳がそこにはあった。
「あ、これか。」
「これかって…何?どうしたの?」
どれどれと言って古田はそれを開く。
「あーワシ…この間石大病院にかかったときから、ろくにメモとっとらん…。」
「え!?トシさんが?」
「なんか変か?」
「変よ。それ。」
森のこの声を受け、古田はページを捲る。すると毎日のように何かしらの記録をつけているのがわかった。
「クガ。」
「あ?」
「とにかくトシさんはいまはそのクガって人なのか何なのかはわからないけど、それを追うのよ。」
「あ、おう。」
電話を切る
「スガ…って言っとったっけ…マスター。」
こう言って古田は再び電話を耳に当てた。
「あぁ神谷さん。ちょっと調べてほしい奴がおりまして。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM
ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。
すべてのご意見に目を通させていただきます。
場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

139 つのエピソード