124.2 第113話【後編】

8:04
 
シェア
 

Manage episode 302050449 series 2621156
著作 藤 真一 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

ツヴァイスタンから亡命してきた拉致被害者、仁川征爾。
報告書によれば拉致された仁川はあの国の秘密警察オフラーナの厳重な管理の下、秘密警察要員として育成された。
仁川の主な任務は日本語教育、亡命・移民者の管理監督だった。
一方的に人生を狂わされた仁川だったが、彼は彼なりの努力をもって、ツヴァイスタン労働党員の党籍を得るまでになった。
労働党員となった彼の生活水準は貧困にあえぐあの国の中にあっては比較的良い部類であり、食うには事欠かない生活を送っていたようである。
そんな彼が命がけであの国から脱出してきた。
なぜか。
理由は二つ考えられる。
ひとつは純粋にツヴァイスタンに嫌気がさして逃げてきた。
もうひとつは亡命を偽装し、何らかの目的をもって日本にやってきた。
この二つの論調は日本政府を二分した。
しかしツヴァイスタンに関する情報が極端に少ないことから、この議論に決着をつけることはできない。
どちらも可能性がある。
したがって政府は仁川征爾を警察管理の下、厳重にその動向を監視することとした。
「仮に仁川がツヴァイスタンの工作員だったとしても、警察の厳重な管理下にあれば何もできない。」
百目鬼は後ろ手に組んで、室内を歩く。
「問題はその厳重な管理がザルだった場合…なんだよな…。」
高橋勇介こと陶晴宗。山田正良こと矢高慎吾。
この二人が仁川征爾の東京での聴取に最後まで関わった。
陶は現在、内閣情報調査室の専門官。
矢高は得体の知れない存在。
このどちらもの存在が一連の事件の周辺に存在する。
「内調と連携をとるふりしてあそこの動向に探りをいれてた松永課長をノビチョク事件をきっかけに速攻で亡き者にし、俺を介してマルトクを縛る。こいつは松永課長の懸念通りといったところか…。」
百目鬼は報告書を開き、陶の写真を見る。
「高橋勇介…。あんた腹違いの兄弟と結託してなにしようってんだ? あんたの企みにやられるほど我が国の公安警察は弱くないぜ…。ただ…。」
視線をずらし続いて矢高の写真を百目鬼は見る。
「山田正良…。こいつなんだ。俺が気になるのは。」
固定電話をかける音
呼び出し音
「百目鬼です。上杉情報官お願いします。」
「しばらくお待ち下さい。」
しばし無音
「百目鬼です情報官。このたびは貴重な資料の提供ありがとうございます。」
「礼には及ばんよ。」
「これでわかったことが二つ。さらに知りたいことがひとつあります。」
「なんだ。」
「まずわかったことひとつめです。陶は限りなく黒に近いグレーです。」
「なぜ。」
「説明すると長くなります。とにかく捜査一課のツテを利用して捜査の攪乱を図っています。」
「証拠はあるのか。」
「はい。」
「なんだ。」
「高橋勇介という名前です。」
「なんだ?それは奴の偽名だが。」
「いいえ違うようです。」
上杉は黙った。
「わかった百目鬼、おまえがそう踏んだならそれでいい。」
「ありがとうございます。」
「でわかったこと、もうひとつはなんだ。」
「仁川征爾。奴も限りなく黒に近いグレーです。」
「陶がクロだから、か。」
「はい。」
「落とせるのかそれで。」
「まだわかりません。わかりやすい陶と比べて奴は全くつかめません。」
「本場仕込みだからな。」
「はい。」
「任せる。」
「ありがとうございます。」
「で、なんだ。さらに知りたいことは。」
「陶の片割れです。」
「矢高か。」
「はい。」
「それはおまえがかまうな。」
「と言いますと。」
「防衛省の管轄だ。」
「はい?」
「矢高についてはDIH(自衛隊情報本部)で動いている。」
「あぁ…そうだったんですか。」
「おまえらマルトクは出しゃばるな。」
「わかりました。」
「陶にしろ矢高にしろ、マルトクとDIHがマークする重要人物。そのふたりに接点をもつ仁川征爾。いずれにせよ最重要人物であるには変わりない。」
「はい。」
「仁川の動向は細心の注意を持って監視せよ。」
「かしこまりました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM
ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。
すべてのご意見に目を通させていただきます。
場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

143 つのエピソード