109 第97話

18:05
 
シェア
 

Manage episode 287848340 series 2621156
著作 藤 真一 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

「話が違うだろうが。」
「電話かけてくるのは止めてくれって言ったはずだが。」
「緊急事態に馬鹿丁寧にSNSでクレームつけるバカが居るか!」
声を荒げて電話をかけるのはちゃんねるフリーダムカメラデスクの安井隆道だ。
彼は犀川の河川敷に立ち、雨音と川の流れの音によって自分の声が他人に聞かれないよう配慮をしていた。
「身内には被害者は出さないって約束だっただろうが。」
「出さない。そういう事になっている。」
「そういう事になってないから電話してんだよ!」
「なんだって?」
「その反応…。まさかあんた…。」
「え?何?何があったんだ。」
安井は深くため息をつく。
「はぁー…。」
「何が…。」
「三波が行方不明になった。」
「え!?」
「理由はわからん。でも察しはつく。俺らのことを探ったんだろうさ。」
「我々のことを探る…。」
「そろそろ潮時だってのは、俺から椎名には伝えた。三波とか黒田とかが俺の周辺を探り出しているってな。」
「ってことは、まさかキングが…。」
「ふぅ…あのさ、そのキングとかってニックネームか何かは知らねぇけどさ。話がややこしくなるから俺の前では椎名って名前でアイツのこと呼んでくれないかな。」
「あ…あぁ。」
「で、なんでその椎名が三波を巻き込むんだ?」
「いや待って。この件は私もいま初めて知ったんだ。」
「いやいや、あんたが初めて知ったとかそんなことはどうでもいいの。大川さん、とにかく俺があんたや椎名の協力をすることで、その何かはしらんけど、企んでいるそいつからちゃんフリの連中には災いが及ばなくする。そういうことだったよな。」
「あぁ…。」
「その約束が反故にされたんだけど。これどう落とし前つけてくれんの?」
「ちょっと待って。すぐに確認する。」
「確認なんていらねぇよ。三波が行方不明なのは事実。」
「とにかく待ってくれ。」
そう言った大川は一方的に電話を切った。
「ちっ…。」
しばらくして安井に大川から電話が入った。
「どうよ。」
「すまん。確認が取れない。」
「あの、誰に確認とってんのさ。大川さんよ。あんたが俺に持ち込んだ案件だぜ。あんた自身で落とし前つけてくれよ。」
「すぐに修正するよう働きかける。」
「修正?働きかける?」
「ああ。」
「アホか。」
「…。」
「自分が動けよ。約束が違うだろう。こっちはこっちでやることやってんだ。いますぐその確認とるそいつんとこに殴り込みにいけよ。」
「…。」
「できないの?」
安井の言葉に大川は口をつぐんだままだ。
「あんたができないんだったら俺が直接行くよ。そいつんところに。」
「待ってくれ。」
「待てる状態じゃねぇから、こうやって電話かけてんだよ!」
「何かの間違いだ。俺の方で修正をするからあんたはちゃんフリでそのまま…。」
「いいかげんにしろ!」
「…。」
「わかった埒が明かない。俺が今までやってきたことはすべて解消する。」
「解消?」
「ああ。配信全部差し替えだ。マスターに置き換える。」
「待ってくれ!」
「さっきから待って待ってって、あんた何もせずにただお願いしてるだけじゃん。」
「いいのか安井。金が止まるぞ。」
「金?」
「あぁ。あんたの息子の治療には金がかかる。その源が絶たれるぞ。」
「…。」
安井は黙った。
「息子さん、あんまり芳しくないそうだな。」
「まぁ…。」
「そもそもあんたのほうだろう。俺に金の相談をしたのは。俺はそれに乗っかってあんたにミッションを与えた。その対価としてあんたは相応の金を手にした。」
「…。」
「こっちは金払ってんだ。多少の不都合ぐらい許容したらどうだ。」
「それとこれとは別だ。仕事をする対価として金もらう。これは当然のこと。プラスアルファとして身内の身の安全も保証する。これがあんたと俺との契約だ。その契約があんたのほうから不履行となった。もう俺はその縛りに従う義理はない。」
正論だ。安井の発言に咎められる点は一切ない。
「大川さん。あんたは大きく見誤ってるよ。」
「なんだと?」
「俺は良樹の治療費を捻出するためにあんたに金の相談をしたんじゃない。」
「なに?」
「はっきり言ってぺらぺらなんだよ。世の中のコメンテーターって奴は。適当に聞きかじったことをもっともらしく話せりゃ成立するんだ。特にあんたは立ち位置が絶妙だ。左右どちらにも偏ることなく、バランスの良いコメントに徹する。極端な意見を嫌う人間からは良識人であるかのように見られる。基礎的な教養もなくその立場を得られるんだからウマいよな。」
「なんだと…。」
「まさか保険適用の考え方すらも欠落してるほど、ペラいとは思わなかったよ。治療費500万とかのネットの見出しだけ見て本気でそんだけの費用が俺に必要になってると思ってるとはね。いろんな意味であんたは普通じゃない。ずいぶんな世間知らずだ。やれやれ…。きっと今まで苦労らしい苦労してこなかったんだ。あんたは。いや、そうじゃない。これというほど他人に関心を持ってこなかった。だからペラいんだ。」
「テレビで誰かが言ってたことを、さも自分も同じことを考えていたって体でものごとを知ったかで話す連中はよくいる。いわゆるバカ野郎だ。だがそんなバカ野郎とあんたは決定的に違う。あんたはコウモリ野郎かもしれないけど、自分で表の顔と裏の顔を使い分けて、何かの目的を達成しようとしている。行動を起こしてるんだ、自分の頭で考えてな。だからあんたはよくやってるよ。」18
「私はあなたの新自由主義を排斥する言論活動に共感しています。だから続けてほしんだ。あんたの活動。米国にいつまでも支配されているこの国は駄目だ。ちゃんフリなんて保守を語ってるがただの腰抜けメディア。あんたの持論を私は支持しますよ。」18
空閑からは一定の評価を得られていたはずの自分の言論をペラいと一蹴する制作現場の声。
正反対の評価がすぐそこにあることを目の当たりにして大川は何も言えなかった。
「じゃあなんでお前は金がいるんだ。」
「慰謝料。」
「慰謝料?」
「家に迷惑をかけた。だから俺は身を引く。身を引いてこの金を渡す。そしてあんたらがしでかそうとしてるなんだか訳のわからん企みの影響を受けないようにする。それくらいしか俺にはやれることはない。」
「離婚するのか。」
「ああ。」
「息子は。」
「俺に父親の資格はないさ。」
「なぜ。」
「あんたには関係ない。」
大川はここで自分を見たような気がした。
すべてを悟ったかのように振る舞う安井。立場や環境の違いはあるにせよ息子の雄大と向き合う姿とダブって見えた。
「あんた、ほんとうに知恵絞って雄大と向き合ったか?どうして雄大が自分の方をちゃんと見てくれないのか、胸に手を当てて脳みそちぎれるくらい自問自答したことあるか?ないだろ?」
「ムカつくんだよ。そういった基本的なこともやりもしないで偉そうにしやがって。そのくせ被害者ヅラだよ。ふざけんなって。」18
「空閑…。」
「クガ?は?」
「安井。」
「なんだよ。」
「あんた、心の底から息子と向き合ったことあるか?」
「え?」
「あんた息子のことを脳みそが引きちぎれるくらい考えたことがあるのか?」
「なんだよ…。」
「なぁ。」
「…。」
「どうなんだよ。」
「俺になりに考えた結果さ。」
「考えた結果、金だけおいてあんたは身を引くのか。」
「あぁ。」
「そうすることで息子は幸せになるのか。」
「…多分。」
「本人に聞いたのか。」
安井は口ごもった。
「本人の意思をちゃんと汲み取ったのか。」
「なんだよあんた…。」
「なぁ。」
「うるせぇ!」
妙な二人のやり取りはこの安井の大声で中断された。
「とにかく三波をなんとかしろ。そうしないと全部バラす。」
「…わかった。」
「いいな。すぐにだ。」
「やるだけやる。」
「あと。」
「なんだ。」
「俺の身内にひとりでも犠牲になるやつがいたら大川さんよ。ただじゃおかねぇからな。」
「ただじゃおかない…。」
「ああ。」
「たぶんそうも言ってられなくなるさ。」
電話切れる
「わかったようなこと言いやがって…。評論家風情がよ…。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
橋の下影に潜んで一部始終を見ていた黒田はため息を付いた。
「はぁ…全部聞いてしまったよ…。」
「わかった埒が明かない。俺が今までやってきたことはすべて解消する。」
「ああ。配信全部差し替えだ。マスターに置き換える。」
「あのサブリミナル映像、全部ヤスさんの仕業だった…ってことが証明された、か…。」
黒田は携帯を操作する。
「安井さんなりの理由はあるみたいだけど…あなた。やっちゃいけないことをやっちまったよ。」
コール音
「あ、黒田です。社長、安井さんの件抑えました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「そうか分かった。」
こう言うと加賀は電話を切った。
「どちら様で。」
「あぁうちの報道部のデスクさ。」
「報道部…。」
書類を片付けながら男は加賀の表情を観察する。
「それにしても久しぶりだな。どうだ。仕事の方は。」
「ご覧の通りです。なぜか副支店長なんかやってます。」
「営業店勤務は問題ないか。」
「はい。もう大丈夫です。その節は色々とご迷惑をおかけしました。」
「いや佐竹君。君には迷惑を被っていないよ。」
「あ、そうでした。」
お互いが笑った。
「今も山県さんとは連絡とってるのかい。」
「いいえ。当時の方とは疎遠です。」
「そうか…。」
「社長は山県さんとは。」
「まぁ年に一回話すか話さないか…。」
「会ったりするんですか。」
「まぁ場合によっては。」
「変わりない感じですか。」
「いやぁあれから6年だからね。銀行も退職してあの人庭いじりばっかりしてるらしいし、すっかり老け込んでね。もう完全に見た目おじいちゃん。」
「そうですか。」
「顔だしてやりなよ。喜ぶと思うよ。」
「今更な気がしますが…。」
「ほらあの人酒好きだろう。」
「はい。え?まだあの調子で飲んでるんですか。」
「うんそうみたい。あれ絶対体に良くないよ。かつての部下からも言ってやってくれよ。」
「6年ぶりにあって酒やめろって言うかつての部下って、かなりムカつくヤツだと思いますが。」
「たしかにそうだな。ははは。」
「社長。」
「うん?」
「あまり抱え込まないでくださいよ。」
「うん?どうした?」
「相当やばいヤマなんでしょう。」
「…。」
「なんでもかんでも自分ひとりで抱え込むのはよくありません。私で良ければ力になりますよ。」
「佐竹君…。」
加賀はふうっと息を吐いた。
「振ってるよ。振りまくってる。その点は問題ない。」
「そうですか。」
「けどさ。」
「けど?」
「熨子山の時とか、鍋島の時とどうもスケールが違うみたいなんだわ。」
「スケールが違う?」
「うん。もう自分みたいな一民間人とかじゃ何も役に立てない気がする。」
「社長でさえですか。」
「うん。」
「それってどういう規模感なんですかね。自分じゃ想像も付きません。」
加賀は立ち上がる。そして窓の外を見つめる。
「いよいよ表に出てきたとでも言おうか…。」
「表に出てきた?」
「ああ。」
「いままで裏にあったものが、表に出た。」
「そう。」
「はて?」
「戦争さ。」
「戦争?」
佐竹は加賀の現実離れしたこの言葉に、うまく反応できなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM
ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。
すべてのご意見に目を通させていただきます。
場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

139 つのエピソード