#031 「変わりゆく出版業界と編集者の存在」ゲスト:影山裕樹(編集者/「千十一編集室」代表):特集『編集者の手解き』section1

48:14
 
シェア
 

Manage episode 302810751 series 2984929
著作 MOTION GALLERY の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

12月は特集(全3回)『編集者の手解き』と題して、紙やウェブ等のメディアのみならず、最近では街や地域の「編集」も手掛ける「編集者」の仕事とは一体何なのか?について、編集者で「千十一編集室」代表の影山裕樹さんをゲストにお迎えして、お送りします。

第1回目となる今回は、初の著書「内緒にしといて」の出版にあたって編集や出版についてディープに触れてきた長井さんの感想や疑問をベースに、影山さんと武田さんという、世代もキャリアも異なる二人の編集者が、クリエイターであり管理者・製作者の立場にも近いという「編集者の仕事」について基本から紐解く形でトークが繰り広げられました。

影山さんは出版社勤務を経てフリーランスになったことから、作家と編集者の関係性、長期連載の裏側、インハウスだからこその書籍づくりの光と影など、いわゆるオールドスクールの編集の経験を、一方で武田さんはインディーズの雑誌づくりからキャリアをスタートしたことから、まさに「門を叩く」ような経験を経て現在に至っており、そのエピソードから垣間見られる出版業界の変遷と編集者の多様性に、長井さんも驚きの連続でした!

さらには、「若気の至り」という影山さんと武田さんの出会いのエピソードや、編集者と映画監督の共通性、ライターと編集者と作家の視点の違い、裏方であった編集者が前に出ていくこれからの時代について、「テプおこ」とは?など、編集者入門とも呼べるトークをぜひお聴きください!

「MOTION GALLERY CROSSING」は、編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら、アートやカルチャーにまつわる話題を、ゲストとともに掘り下げていくラジオ番組。東京・九段ハウスの提供でお送りいたします。

<「千十一編集室」HP>
https://sen-to-ichi.com

<九段ハウス>
https://kudan.house/

<Hot Projects> 
「四一餃子(よんいちぎょうざ) ネット通販で再起をかけます」
https://motion-gallery.net/projects/41gz

<長井短さん新刊情報!「内緒にしといて」(晶文社)現在発売中!>
https://www.shobunsha.co.jp/?p=5885

<ご意見・質問お待ちしてます!>
番組のハッシュタグ #mgcrossing
https://twitter.com/intent/tweet?hashtags=mgcrossing

<ゲストプロフィール>
影山裕樹 (編集者/「千十一編集室」代表)
https://sen-to-ichi.com
1982年、東京生まれ。編集者、文筆家、メディアコンサルタント。”まちを編集する出版社” 千十一編集室 代表。アート、カルチャー書の出版プロデュース、ウェブサイトや紙媒体の編集・制作、執筆活動の他、全国各地に広がる地域×クリエイティブ ワークショップ「LOCAL MEME Projects」の企画・運営、ウェブマガジン「EDIT LOCAL」の企画制作、オンラインコミュニティ「EDIT LOCAL LABORATORY」の企画運営など幅広く活動を行っている。著書に『ローカルメディアのつくりかた』、編著に『あたらしい「路上」のつくり方』など。ダイヤモンド・オンラインにて「コミュニティメディアのつくりかた」、SUUMOジャーナルにて「全国に広がるサードコミュニティ」連載中。(写真:中庭愉生)

82 つのエピソード