素粒子宇宙円卓会議#5 |初期宇宙の姿、研究者にはどのように“見える”のか?

47:44
 
シェア
 

Manage episode 342345267 series 3278207
著作 Nagoya U Research FRONTLINE の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。

4回目の今回は、高エネルギー宇宙物理学が専門の市來 淨與(いちき きよとも)さん(KMI准教授)をお招きし、お話を伺いました。

02:24 CMBで初期宇宙の何がわかる?
06:02 「なんで人間っているの?なんで宇宙があるの?」中学生のころからずっと頭に残る純粋な疑問とインフレーション
14:44 ビックバンの残光・CMBとは?宇宙暗黒時代からのシグナル・21cm宇宙線とは?
18:56 理論屋と観測屋は何が違う?研究スタイルそれぞれの役割
26:28 天文学と宇宙物理学の違いは?
28:24 宇宙の様々な不思議な現象が、なぜ研究者には身近なものとして“見える”のか?“見える”ようになるための訓練とは?
33:23 仕事の日の過ごし方。休日の過ごし方。
41:09 大学生の皆様へメッセージ。

///////////////////////////////

アンケートからみなさまのご意見をお聞かせください。

///////////////////////////////

◯関連リンク

KMISCTウェブサイト

宇宙論研究室 (C研)

///////////////////////////////

制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部

94 つのエピソード