44 - 子どものADHD、夜ふかしによる過剰診断には注意

3:43
 
シェア
 

Manage episode 320319398 series 3278207
著作 Nagoya U Research FRONTLINE の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

ADHDは注意欠如多動症ともいい、不注意や多動性、衝動性が特徴です。

子どもの発症率は大人の倍で、近年患者さんの数が増えています。

そんな中で、今回はADHD診断と睡眠評価の大切さについての研究を紹介しました。

過剰診断の問題についても言及しています。ぜひお聞きください。

/////////////////////////////

子どもの入眠時刻はADHD症状と関連し遺伝的リスクの低い子どもにいて睡眠の関連が強いことが明らかに

名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科

浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター

/////////////////////////////

制作:

名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本

76 つのエピソード