#05 グリーフケア〜喪失への愛おしさを抱きしめる〜

45:43
 
シェア
 

Manage episode 321422341 series 3268262
著作 MIKO Stories and MIKO Holistic Wellness の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
Season 2 Episode 5 では遺児の心のケアや教育支援、 また金銭的支援を行うあしなが育英会の東北レインボーハウスで 所長を務める西田正弘さんをゲストとしてお招きいたしました! 「グリーフケア」という言葉を耳にしたことはありますか?    グリーフとは、大切な人やものを失ったことや、環境の変化に対する 心の反応や喪失感、愛おしさ、身体への影響など、 1人1人が持つ人間らしい、大切な感情だー とゲストの西田正弘さんが話してくださいました。     死別だけでなく、引っ越しや友人との別れ、環境変化、結婚なども、 実はグリーフを経験するきっかけになるんです。     今回のゲストの西田さんは、1995年に阪神・淡路大震災以降、 あしなが育英会や、NPO法人子どもグリーフサポートステーション での活動、東北支援を通じて、こどもたちのグリーフやトラウマに 寄り添いながら、支援者の育成にも尽力されています。   グリーフにはひとりひとり、違う体験や感情があること。 ひとりひとりの異なるプロセスに寄り添っていくことの大切さ。 安心安全な場所で、じっくりと心のレジリエンスを養っていく 姿勢の大切さに…などについても 触れていただきつつ、深い悲しみやグリーフから 回復するためのプロセスについてもお話いただきました。   Co-Host のMiyuとToshikaが丁寧に、それぞれの経験も シェアしながらじっくりとお話していただきました。 あらゆる喪失を体験した方にも、 自分や大切な人のグリーフへ寄り添いたい方へも。 すべての方に聴いてもらいたい素敵なテーマです❤️‍🩹。 忙しく過ごす日々の間に、ちょっと一息つきながら。 日曜日の午後をゆったりと過ごすように 聞いてもらえたら嬉しいです。 Apple Podcast、SoundCloud、もしくはMIKOのWEBからお聴きください。 2022年3月11日で東日本大震災から11年を迎えます。グリーフサポートに興味を持った方はあしなが育英会のホームページをのぞいて観てください。 ・あしなが育英会HP https://www.ashinaga.org/

22 つのエピソード