オンライン特別プログラム - チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 バーチャルコンサート / Online Virtual Concert - Peter Ilyich Tchaikovsky:Symphony No.6 in B minor, Op.74 "Pathetique"

21:15
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on September 04, 2021 16:18 (3M ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 267296020 series 26582
著作 クラシック名曲サウンドライブラリー の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
p01l9oyoucnju.jpg

「傑作を書きました。これは私の心からの真実と申しましょう。
私は今までにないほどの誇りと喜びと満足を感じています」(出版商ユルゲンソンへの手紙)
「私は今度の交響曲の作曲に全精神を打ち込みました」(コンスタンチン大公への手紙)
交響曲第6番「悲愴」はチャイコフスキーが最後に遺した一大傑作です。
ベートーヴェンなどの古典様式を意識した前作の第5番とは違い、
型にとらわれずに自らの作曲スタイルを自由に羽ばたかせています。
その結果、チャイコフスキーの天才が臨界点を超えて発揮された名作になりました。
交響曲第5番についてチャイコフスキーは「あの曲の中に潜む不自然さが私には気に入りません。
なにか虚飾的な感じがします」と支援者のメック夫人への手紙でもらしていました。
「悲愴」での一転したオリジナリティの爆発は、第5への不満の反動だったのかもしれません。
チャイコフスキーの音楽は多分に感傷的で、それが常に作風を特徴づけていましたが、
「悲愴」の場合は感傷を超えた慟哭、絶望までが感じられ、
作曲家が極限の精神で自らの内奥の心をさらけ出し、明るみにしているのがわかります。
作曲しながら目頭ににじんだ涙で楽譜が見えなかったという話もあります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
「悲愴」を語るうえで個人的に連動して思い起こされるのがブラームスの交響曲第4番です。
ふたりはロシアとドイツと国こそ違え、どちらも19世紀の同時代を生きた作曲家。
同じ5月7日生まれで、愁いを含むどこか寂し気な作風も共通しています。
さらにブラームスは交響曲第1番で、チャイコフスキーは交響曲第5番で、
苦悩から歓喜へという「運命」に象徴されるベートーヴェンのモットーを踏襲しています。
しかし最後の交響曲となった第4番と「悲愴」ではそうした縛りを離れ、
自らの人生観や音楽的趣向を解き放っています。
最終楽章が短調で締めくくられる構成も同じです。
もっともチャイコフスキーはブラームスについて「尊敬しているが彼の音楽は嫌いだ」と語り、
むしろグリーグが自分には身近でわかりやすく、血のつながりを感じると日記に書いています。
3人は1887年12月20日、ライプツィヒのヴァイオリニスト、プロツキイの家で知り合いました。


チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 Op.74 第1楽章 [2020][IR]
Peter Ilyich Tchaikovsky:Symphony No.6 in B minor, Op.74 "Pathetique"
I. Adagio - Allegro non troppo [21:15]
<!-- google_ad_client = "pub-2872419170159004"; /* 468x60, 作成済み 09/08/05 */ google_ad_slot = "4746771916"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //-->
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

Tchaikovsky-Symphony-No6-1st-2020-IR.mp3


チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 Op.74 第2楽章 [2020][IR]
Peter Ilyich Tchaikovsky:Symphony No.6 in B minor, Op.74 "Pathetique"
II. Allegro con grazia [8:37]
<!-- google_ad_client = "pub-2872419170159004"; /* 468x60, 作成済み 09/08/05 */ google_ad_slot = "4746771916"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //-->
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

Tchaikovsky-Symphony-No6-2nd-2020-IR.mp3


チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 Op.74 第3楽章 [2020][IR]
Peter Ilyich Tchaikovsky:Symphony No.6 in B minor, Op.74 "Pathetique"
III. Allegro molto vivace [10:15]
<!-- google_ad_client = "pub-2872419170159004"; /* 468x60, 作成済み 09/08/05 */ google_ad_slot = "4746771916"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //-->
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

Tchaikovsky-Symphony-No6-3rd-2020-IR.mp3


チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 Op.74 第4楽章 [2020][IR]
Peter Ilyich Tchaikovsky:Symphony No.6 in B minor, Op.74 "Pathetique"
IV. Finale. Adagio lamentoso [12:19]
<!-- google_ad_client = "pub-2872419170159004"; /* 468x60, 作成済み 09/08/05 */ google_ad_slot = "4746771916"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //-->
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

Tchaikovsky-Symphony-No6-4th-2020-IR.mp3


*第2楽章、第3楽章は約12年ぶりの新演奏・新録音です。
*全楽章にベルリンフィルハーモニー大ホールの音響を使用しています。


アンコール -encore-
ボロディン:交響的絵画「中央アジアの草原にて」[2020][IR]
Alexander Porfir'evich Borodin:In the Steppes of Central Asia [8:43]
<!-- google_ad_client = "pub-2872419170159004"; /* 468x60, 作成済み 09/08/05 */ google_ad_slot = "4746771916"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //-->
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

Borodin-In-the-Steppes-of-Central-Asia-2020-IR.mp3


192 つのエピソード