映画マークテイラー「トランプ予言」を見ての感想

4:10
 
シェア
 

Manage episode 278646973 series 2823345
著作 hiroyuki saito and Hiroyuki saito の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
映画「マークテイラーのトランプ予言」をみての感想になります。 主人公のマークテイラーは消防士。真夜中に突然、出動のベルが鳴ると飛び起きてそのまま消防車にて出動。 火事の炎と煙の中に入り、人命救出をしたり、消火活動する仕事をしていました。 しかし、手が震えたり、夜中にうなされる日々が続いたので、病院で診察を受けると、PTSDの診断を受けました。 そして、彼は、20年間勤めた消防士の仕事を辞めることを決断。 退職した後も、夜中にベッドの上でうなされて苦しむ日々は続きました。 そんな時、彼は、「声」を聞くようになります。その声を忘れないためにノートに書き留めるのを習慣にしていました。 ある日、夜中にテレビを見ながら椅子で寝ていたら、はっと目を覚まして「声」を聞きました。 その声の主は言いました。 「今、きみは、大統領のスピーチを聞いている」と。 そのテレビから流れていたスピーチの声は、ドナルドトランプの声でした。 しかも、これは2011年4月28日の出来事であり、この時点ではまだ、トランプは、大統領選挙の予備選において、共和党指名候補に任命さえされていませんでした。 翌年の2012年、トランプは、大統領選挙を諦め、自分が出演しているテレビ番組である、「アプレンティス」を続けることに。 4年後の2015年6月16日、トランプが、大統領選挙に出馬すると表明。 それを聞いたマークテイラーは、2011年4月に聞いた「声」を思い出します。 マークは、PTSDの治療のために通院している主治医に、このことを話すと、その医師は、敬虔なクリスチャンである奥さんに相談しました。 マークテイラーが、今まで書き記したノートを読んで感動した彼女は、トランプのために祈りをする、国際的なカンファレンスコールを組織していきました。 そして、選挙当日。トランプは、それまでのほとんどのマスメディアの予想を覆して、奇跡的な大勝利。 まさに、神の御技(みわざ)としか思えないような出来事でした。 マークテイラーが2011年に心の中で聞いた声 (Lord God)が、現実となって目の前に現れたのでした。 就任後も、中東を和平に導いたり、大減税を行ったり規制緩和をするなど、経済を立て直して、失業率も史上最低レベルまでにしたりしました。 また、犯罪の温床となっている、メキシコからの不法移民を防ぐために壁を作ったり、中共との不公平な貿易を是正するなど、今までの政権が為しえなかった数々の業績を行ってきました。 これらもみな、Lord Godからの「声」として、マークテイラーが書き留めてきた内容と、一致するものでした。 そして、 Lord God は、過去5人の歴代大統領についても語っています。 その5人とは、オバマ氏、クリントン氏、ブッシュジュニア氏、ブッシュシニア氏、カーター氏です。 「今まで32年の間、権力を握ってきた邪悪な支配集団の中から、2人を排除し3人を震撼させる」と。 このような話は、信心深い人でしたら理解できる内容かもしれませんが、目に見えない世界について、全く信じることができない唯物論のかたにとっては、理解し難いでしょう。 信じる信じないは、あなた次第。 そのような方には、陰謀論として聞き流していただければ、良いと思います。 「 私が選んだこの男について。 こんな時代のためのトランプ。 それは、ベンジャミン・ネタニヤフが、イスラエルにとってそうであるように。 この男は、アメリカにとっても、そうである」 (2011年4月28日、 Lord God) https://bit.ly/2JifLm4

109 つのエピソード