バイデン親子ウクライナ汚職事件(ジュリアーニ弁護士)

4:33
 
シェア
 

Manage episode 278737960 series 2823345
著作 hiroyuki saito and Hiroyuki saito の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
バイデンのウクライナ汚職 バイデンが、barisma、という会社のトップである、nikora、 zioszewskiから、わいろを受け取った。 バリスマは、ウクライナの石油会社である。 バイデンが関わっている人たちは、かなり組織化された、犯罪者集団やスパイであろう。 zioszewski は、 barisma という会社を持っている。 彼がエネルギー大臣出会った時に、不正な方法で設立した。 彼は、自分の会社に、ウクライナの最高の鉱業権を、全て、与えた。 80億ドルの価値があった。 政府が倒れるように見えた時、50億ドルを盗んだ。 Puroshenko新大統領が、彼からそれを取り上げることをやった。 彼は、すぐに新大統領は、旧大統領ほどではないにしても、同じくらいに、大きな詐欺師であることがわかった。 彼は、ジョーバイデンが、オバマ政権の交渉役として現れた時、ウクラいなのもっとも力のある人物が、ジョーバイデンであることがわかった。 なぜなら、彼が、ウクライナに流れる、全てのお金を、コントロールしたからである。 そして、ウクライナには、80万ドルが銀行にあった。 ジョーバイデンは、デラウエア州での上院議員時代、20年間、兄と不正な取引があり、そのことを、マスコミに知られないようにしていることを、 zioszewski は知っていた。 その取引は、総額1400万ドルから、1500万ドルになるもので、そのほとんどが、息子のハンターの、秘密の仕事として支払われた。 今は、ジョーバイデンは、他の理由で、ハンターを雇わないだろう。 なぜなら、ハンターは総合的に不適切だからである。 すでに、会社を破綻させたし、コカインテストもクリアできないし、米国海軍を退任させられたから。 ハンターは、ウクライナの暴力団員の仕事しか、事実上なかったのである。 ジョーバイデンは、息子が、薬物中毒に犯されていたにもかかわらず、ウクライナのもっとも悪質な人物のために、仕事をさせた。 薬物中毒が悪化するための、確実な方法である。 ハンターの父は、まともな親なら、決してしないようなポジションで、息子を働かせた。 人は、我が子にこのようなことは、決してしない。 バイデンは、金を稼ぐことのために、極めて貪欲で、息子に悪質な仕事をさせたのだ。 バイデンは、決してウクライナに行かなかった。意味のあることを何もしなかった。 しかし、バイデンは、月に16万6千ドルが支払われた。合計で500万ドルから600万ドルが、そのように支払われた。 このようにして、バイデンは、合計300万ドルの追加のマネーロンダリングを受け取った。 バイデン家は、わいろで、約1400万ドルを手に入れ、バイデンの息子は、その仕事をした。 検察官のshulkinが、会社を引っ越そうとしていた時に、 彼は、すでに彼らを逮捕して、彼の資産を押収しようとしていた。 バイデンは、告白の中で、自分の言葉で説明しているように、バイデンは、poroshenkoに、「あなたは、検察官を追い払う必要がある。そうしないと、ウクライナの存続のために、重要な10億ドルの貸付保証を、得ることはできない」と、説明した。 これが、わいろです。 公的な行動を、価値のあるものに変更させながら、poroshenkoは、彼に申し出た。 いやporoshenkoではなく、zioszewskiが申し出た。 事件を解決するために、1400万ドル。 これが、行動に対する等価価値です。 バイデンは、同じことを、poroshenko にした。 検察官の解雇と引き換えに、彼に10億ドルの貸付保証。 この2つの贈収賄事件が、起訴状で1つの根拠となる。 バイデンは、少なくても懲役15年以上で、永久公職追放となるだろう。

109 つのエピソード