海軍 練習兵用 歴史教科書 序文

4:37
 
シェア
 

Manage episode 277487960 series 2823345
著作 hiroyuki saito and Hiroyuki saito の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
序説 我が国体の本義 我が大日本帝国は、万世一系の天皇が、皇祖天照大御神の神勅のままにこれを統治あらせられる。この我が国体の本義は、皇祖肇国の古から年とともに光を加え、未来永遠にわたってかわることがない。即ち上御歴代の天皇は、皇祖肇国の御精神を承継し給ふて、くにを納め給ふこと家の如く、民を慈しみ給ふこと子の如くあらせられ、下国民は祖先の遺風を継いで、常に衷心から皇室を敬い、忠君愛国の誠を致し、国は一家をなし君民は一体である。かくて国運はいよいよ進展して今日の隆昌を見ることとなり、永遠にその窮(きわ)まるところを知らない。 国体と国史 我が国史は、この尊厳無比な国体を中心として、絶えず進展してきた皇国発展の姿である。したがって我が国史には各時代に推移変遷の跡はあっても、それを一貫して肇国精神が流れている。古来東西に幾多の国家が興亡したが、いづれも革命や衰亡によって断続した国々に過ぎず、たとえ建国の精神はあっても永続したものがなく、その歴史は我が国史と大いに性質を異にする。これ我が国史が世界無比なゆえんである。 国史学習の意義 されば我等国民は国史を学ぶことによって、歴代天皇の御偉業を仰ぎ、祖先の残してきた事蹟を偲び、国史のうちに脈々として流れる肇国の大精神を知り、もって我が国体の尊厳を理解しなければならない。しかして更に広く我が国をめぐる世界各国の動向を顧みる時、我が国史は一層燦然(さんぜん)として輝き、忠君愛国の至誠はますます高められ、我が国現在の歴史的使命たる世界新秩序建設に尽くそうとの覚悟がいよいよ固められるのである。 帝国海軍軍人と国史 今や我等国民は大詔を奉戴し、大東亜戦争の真っただ中にある。この戦争を完遂するためには、肇国以来の大理想たる八紘一宇の精神を宣揚し、神武を発揚して大東亜共栄の実を挙げなければならない。世界の歴史において独り我が国だけが神代以来、皇祖肇国の大精神に基づき、不断の進展を続けてきたことは、わが国こそ大東亜、否、世界の新秩序の中心であり、また、中心であらねばならないことを教えている。帝国海軍軍人たる我等は、今こそ国史の教えるこの事実を深く顧み、忠誠奉公の決心をいよいよ強固にしなければならない。 国体の精華(今上天皇御即位式の勅語) 皇祖皇宗 國(国)を建て民に臨むや 國をもって家となし 民を視ること子の如し 列聖相承けて 仁恕(じんじょ)の化下に洽(あまね)く 兆民(ちょうみん)相率いて 敬忠の俗 上に奉し 上下感ぶし 君民體(からだ)を一にす 是れ 我が國體(国体 こくたい)の精華にして 當(まさ)に天地と竝び(並びならび)存すべきところなり 八紘一宇と世界新秩序の建設(日独伊三国同盟条約締結にあたりて賜りたる詔書) 大義は八紘に宣揚し 坤與(こんよ)を一宇たらしむるは 実に皇祖皇宗の大訓(たいくん)にして 朕が夙夜眷眷(しゅくやけんけん) 惜しからざるところなり 而(しか)して 今や 世局は其の騒乱 底止(ていし)するところを知らす 人類の蒙(こうむ)るべき禍患(かかん) また将(まさ)に測るべからざるものあらんとす (中略) 惟(おも)うに 萬邦(万邦 ばんぽう)をして 各々(それぞれ)其のところを得しめ 兆民をして 悉(ことごと)く 其の堵(と)に安んせしむるは 曠古(こうこ)の大業にして 前途 甚(はなはだ)だ遼遠(りょうえん)なり 爾(なんじ)臣民 益々(ますます)國體(こくたい)の観念を明徴(めいちょう)にし 深く謀(はか)り 遠く慮(おもんぱか)り 協心(きょうしん)りく力 非常の時局を克服し 以て天壌無窮(てんじょうむきゅう)の皇運を扶翼せよ

109 つのエピソード