【海軍省 練習兵用 歴史教科書】24.封建制度の確立と文教の発達

3:20
 
シェア
 

Manage episode 278857590 series 2823345
著作 hiroyuki saito and Hiroyuki saito の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
7.尊皇思想の発達 (1)封建制度の確立と文教の発達 幕府政治の再興 徳川家康は、織田・豊臣の二氏の後をうけて、国内統一の事業を完成し、慶長8年(皇紀2263年)、征夷大将軍に任ぜられて、江戸に幕府を開き、幕府政治を再興した。 而して、江戸幕府の政治の形態は、諸大名を各地にぶんぽうし、大名は、それぞれの領地をせしゅうして、その統治にあたった。 このような制度を、封建制度という。 封建制度の確立 我がくにの封建制度は、鎌倉幕府が、しゅご・ぢとうを地方に置いたことに端を発し、やがて これらは地方にあって次第に勢力をたくわえ、室町時代には、守護で領こくを数ヵ国も有するものが現れた。 これを、だいみゃうと言う。 かくて、その末期には、有力な大名は諸地方にかっきょしたが、織田・豊臣の二氏が海内を一統するや、これら諸将を、各地に分封して封建制度の形態が漸く成立し、家康は、これをうけついで、諸侯を各地に配置し、これによって封建制度は確立し、江戸時代二百六十五年に亙る、泰平のもとが開かれた。 こくたい観念の堅持 而して、江戸時代の封建制度はもとより、幕府中心の武家政治の組織であったが、徳川氏は常に朝廷をほうたいして、諸大名をとうぎょし、その政務の運航にあたり、だいじに際しては、必ず勅許をそうせいすることを、常とした。 諸大名もまた、いかなる時でも皇室の尊厳を忘れることなく、我が国が、かみに皇室を戴く、とういつ国家であるとの観念は、極めて強固であった。 国家的自覚の昂揚 また江戸時代には、戦国末期以来のヨーロッパ人の渡来によって、西洋にあまたの強大な国家があることを知り、また、とうあにおいても、明の滅後、清が興って、隆盛を極めつつあったため、我が国民の間には、国家意識が高まりつつあった。 されば、やがて幕末に至り、内外の危機に直面して幕府政治が、はたんを来たした時、我がこくたいに對する、自覚のこうようは、遂に輝かしい明治維新の革新を遂行することとなったのである。 文教の発達 而して、この国民の自覚を、促進して力があったものは、この時代における、文教の著しい発達であった。江戸時代は、稀有の太平と幕府の奨励とによって、文教の発達は、じつに目覚ましいものがあり、その範囲は、ひろく上下一般に及んで、ここに我が国、ほんねんの姿が顧みられ、我がこくたいに對する自覚が、国民の間に高められていった。 江戸時代の尊皇思想は、このようにして、著しい発達を遂げていったのである。 そうして

109 つのエピソード