新刊ラジオ第1922回 「40歳独身のエリートサラリーマンが 「不動産投資」のカモにされて大損した件」

 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on September 03, 2020 08:32 (1y ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 192982363 series 1000180
著作 OTOBANK INC の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
不動産投資の〝超エグい実態〟をコミカルなストーリーで展開!! こんにちは、ブックナビゲーターの南雲希美です。 今回ご紹介するのはちょっと変わり種な一冊。 不動産投資に手を出したサラリーマンが、大損してしまうという内容です。 ちょっと内容をみていきましょう。 主人公は、大手上場企業に勤める40歳のエリートサラリーマン・須藤盛史。 給料は安定し、特に不自由なく暮らしていた彼ですが、勤めている会社の不適切会計が明るみになり、将来に不安を抱えることに。 そんな時、オフィスにゴールデンゴール商事という聞き覚えのない企業から電話がかかってきます。 明らかなセールスに早々に電話を切ろうとする須藤でしたが、相手の「大手企業に勤めている人にだけ使える収入の仕組み」という話を聞いて興味を抱き、会って話を聞くことにしました。 実際、会って聞いた内容は、不動産投資について。 都内のマンションの一室を銀行からお金を借りて購入し、将来、家賃収入で稼がないか、という話でした。 マンションの金額は3000万円。 毎月のローンの支払いも相当額でしたが、部屋自体を貸し出すことで家賃収入をローンに充て、自分から月に引かれる額を抑えることで、30年後には家賃収入がそのまま自分のものになる、という話を聞き、将来に不安を抱えていた須藤はその場で契約をしてしまいました。 初めはマンションを買ったという満足感と、ローンの支払いが低額だったので、特に気にしていなかった須藤でしたが、時がたつにつれ、様々な問題が降りかかっていくことになるのです。 というわけで、ここからは物語の一部をオーディオドラマにしましたので、聴いていただきましょう。 それでは、どうぞ本編をお聴きください。 ◆キャスト(敬称略) 須藤…坂巻学 マジョカナ…久保田梨沙 橘高…河野みさき ◆著者プロフィール 杉田卓哉さんは、1974年2月生まれ。北九州市立大卒。マネー総合研究所所長。財形や投資など、マネーに関する専門家。

123 つのエピソード