GO GO台湾 - 2022-05-14_台灣好行:皇冠北海岸線おススメスポット

 
シェア
 

Manage episode 328431997 series 2548886
著作 中央廣播電臺 RTI Radio Taiwan International and 中野 理絵 , RTI の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

先週のこのコーナーで、“伝説の歌姫”、鄧麗君(テレサ・テン)の眠る場所、「筠園」をご紹介しましたが、この周辺には他にも色々な観光スポットがありますし、「台灣好行(台湾トリップ)」というシャトルバスも走っているので、このバスを上手に利用すると、足のない観光客でも便利にあちこち楽しめます。

この「台灣好行」バスは、台湾に観光に来られた人がスムーズに旅行を楽しめるようにと交通部によって企画されたシャトルバスサービスで、2010年に登場。在来線の台湾鉄道の駅や、台湾新幹線こと、台湾高速鉄道の駅から、観光スポットを繋ぐルートを走っているので、自由にフリープランで行きたいと思っていたけど、足が無くて困っていたとか、車をチャーターするのもいいけど、公共の交通機関で行ってみたかったというような人も、自分のペース、自分のプランで旅を楽しむことができるのでおすすめです。

テレサ・テンが眠る場所「筠園」周辺を巡る「台灣好行」のシャトルバスは、「皇冠北海岸線」という路線。

この路線上には、「筠園」の他にも、自然の力によってうみだされた不思議な岩たちを見ることができる「野柳地質公園(野柳ジオパーク)」や、300年以上の歴史がある金山老街(金山オールドストリート)、台湾の有名な現代芸術彫刻家・朱銘の屋外彫刻美術館、「朱銘美術館」、苔の海岸線が美しい「老梅綠石槽」、台湾最北端の灯台「富貴角灯台」、そして、夕陽スポットとして人気の「淡水」を通ります。

【台灣好行(台湾トリップ)バス】

料金:1回乗車ごとに各区間15台湾元(日本円およそ65円)

※この「皇冠北海岸線」という路線は、全6区間に分かれているので、一番遠くまで乗っても90元(およそ390円)。

※もし、この「台灣好行」のシャトルバスを利用してあちこち巡る予定であれば、当日に限り、何度も「皇冠北海岸線」のシャトルバスを利用できる一日券を利用するとお得です。一日券は車内で160元(およそ690円)で販売しています。

※「皇冠北海岸線」シャトルバスは、5月から10月の夏シーズンは毎日運行、11月から4月の冬シーズンは土日祝日のみの運行。

198 つのエピソード