Vol.45 それで、仲直りのためのちょっとした贈り物をお持ちしました。=Which is why I brought these few small peace offerings.

7:06
 
シェア
 

Manage episode 162432105 series 1275058
著作 映画で学ぶ英会話 ETM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
<<<お知らせ>>>
ローマの休日を題材にした英語学習の通信講座が始まりました。
受講料はなんと無料!!
無料の通信教育についての申込や詳しい情報はコチラをご覧ください。
===
映画で学ぶ英会話 ETM Vol.45は「それで、仲直りのためのちょっとした贈り物をお持ちしました。=Which is why I brought these few small peace offerings. 」という表現をご紹介します。
朝、喧嘩をしてしまった2人。健は奈緒の玄関の前で懸命に謝ります。その時、後ろのエレベーターから現れたのは・・・。
今回は少しサスペンステイストのBGMでお届けいたします。健のセリフがとても長いですが、頑張って言えるように何度も練習してくださいね。
【映画タイトル】
『Re:LIFE~リライフ~』
「The Rewrite」
映画情報コチラ
【今回のキーセンテンス】
Which is why I brought these few small peace offerings.
それで、仲直りのためのちょっとした贈り物をお持ちしました。
<例文>
Are those flowers a peace offering?
その花は和解の品なの?
映画『トレヴィの泉で二度目の恋を』より
===
【オリジナル英語コント】
(Ken is ringing the doorbell at Nao's place.
Nao does not reply. More than 10 minutes pass.)
Ken: Nao, it's me, Ken! Please open the door!
I'm sorry for getting angry at you this morning.
I was thinking about a formidable task at work and that made me irritated.
We got off to a poor start this morning
and that might have made you feel bad the whole day.
I was not able to get any work done because I was worried!
I am so sorry.
I hurried out of your place and even forgot my cell phone,
I had the worst day.
I brought these few small peace offerings,
so please open the door, I beg you!
(The elevator behind Ken opens and Nao shows up.)
Nao: Ken, what on earth are you doing here?
I called your cell again and again to say I'm sorry!
Ken: (speechless)
===
【日本語訳】
(奈緒の玄関で呼び鈴を鳴らしている健。奈緒の返事がない。10分以上経過。)
健: 奈緒ちゃん、俺だよ、健!ドアを開けてくれよ!
今朝は僕が悪かった、朝から怒ったりして。厄介な仕事の事を考えていて、
イライラしていたんだ。僕たち、最初の出だしがよくなかったね。
そのせいで、今日一日、気分が悪い思いをさせてしまったんじゃないかな。
俺は心配で一日中仕事にならなかったよ!
本当に俺が悪かった。
急いで家を出ていったので、携帯を持って行くの、忘れてしまったし、最悪な一日だった。
仲直りのためのちょっとした贈り物を持ってきたんだ。
頼むからドアを開けて!
(後ろのエレベータのドアが開き、奈緒が現れる)
奈緒:健ちゃん、ここで何してるの!
私が悪かったって謝ろうと何度もあなたの携帯に電話したのよ!
健:・・・?!
===
<<<お知らせ>>>
ローマの休日を題材にした英語学習の通信講座が始まりました。
受講料はなんと無料!!
無料の通信教育についての申込や詳しい情報はコチラをご覧ください。
*受講には台本があるとより一層お楽しみ頂けます。
テキスト(1500語で話せる英会話 あの名作映画「ローマの休日に学ぶ」)をご購入くださいね。
(必須ではございませんので、ご安心ください)
Amazonまたはお近くの書店にてお買い求めください。
Amazonでの購入はコチラ>
===
ETMの書籍「1500語で話せる英会話 Ⅱ あの名作映画「シャレード」に学ぶ」が全国の書店で絶賛発売中です。
ポッドキャストに収録されているオリジナルコントの日本語訳も掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
Amazonでの購入はコチラ>
オードリー・ヘップバーンとケーリー・グラント、
ふたりの英語はとても丁寧でゆったりしています。
日常でも使える表現力豊かなフレーズもいっぱいです。
===
ETMのメールマガジン配信中!
【有料メールマガジン】
「英会話 先生はハリウッドスター!」
映画『スクープ 世紀のスキャンダル』からの使えるフレーズをご紹介。
http://www.mag2.com/m/P0001354.html
《隔週第1、第3金曜日》月2回発行。
「ポッドキャスト 映画で学ぶ英会話 ETM」で流している内容+バイリンガル講師による“単語や英語表現の微妙なニュアンス” の違い&使い方解説付き!
英語を話せるようになりたい人向け。お申込み当月は無料!内容を確認してから、始められます。
===
【無料メールマガジン】
「英会話 使えるこの一言 映画は日常会話常套句の宝庫!」
映画『スポットライト 世紀のスクープ』からの使えるフレーズをご紹介。
PC版:http://www.mag2.com/m/0000158066.html
携帯版 http://merumo.ne.jp/00336273.html
===
映画で学ぶ英会話ETM公式サイト
http://homepage3.nifty.com/ETM/
===
Facebookはコチラ
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

16 つのエピソード