エピソード100ー日本の生理のタブーについてシビラと語るーシビラ・パトリチアさん

1:06:17
 
シェア
 

Manage episode 322037819 series 2870033
著作 Mariko Imada の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

なんと、Dear Superwomenも100回を迎えました。

私ははっきり言って、自分がここまでやってきたのが信じられないです。

100回記念なので、何かやろうかとも思ったんですけど、面倒だから

やめました(笑)

私よりもっと頻繁にポッドキャストのエピソードを配信されている方々は

100回なんて普通だよ、とおっしゃる方もいるでしょう。だけどこの100回というのは

私にとってランドマーク的なんです。走りながら全部見切り発車でやってきました。

でも皆さんとお話するのが面白かったんでね、ここまで続けてくることができました。

そして、この番組は聴いて下さるリスナーの皆さんがいなくては、やってこれなかったことです。

誰がどこで聴いてくださっているのかわからないのですが、リスナーの皆さん、本当にありがとうございます。

さて、100回目のエピソードのゲストは、短編ドキュメンタリー映画「生理というタブー」の監督、

シビラ・パトリチアさんです。

小さなころから日本に惹かれてきたという彼女から見た

日本の慣習と、生理というタブーを重ね併せながら、語ってくれます。

シビラ・パトリチアさんのプロフィール

SYBILLA PATRIZIA

Filmmaker | Photographer

映画作家|フォトグラファー

インスタグラム:@sybillapatrizia

sybillapatrizia.com

生理というタブーのリンク: “A Bloody Taboo” 生理というタブー

http://vimeo.com/sybillapatrizia/abloodytaboo

116 つのエピソード