宮田文久「荒川エストニアとパリテキサス」Part 3|blkswn dialogue #003

30:38
 
シェア
 

Manage episode 269508363 series 2776186
著作 blkswn.01 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
編集者の宮田文久が収録現場に携えてきた写真集、澁谷征司『BIRTH』。若林が編集にも関わった一冊の本をネタに、ビジュアル表現のまだ見ぬ可能性を考えるほか、パンデミック下における「窓」や「マスク」などについて語る。 0:00|Zoomの画像を使うのはやめよう 3:31|パワポで使うビジュアル 7:54|荒川エストニア、もしくはパリテキサス 12:22|ECMはニューエイジではないを撮る 15:07|アンゲロプロス的な景色 18:18|みんなカフカの虫になった 23:12|「窓」を考える 26:32|死んでもマスクはしない  出演: 宮田文久|1985年、神奈川・横浜生まれ。フリーランス編集者。株式会社文藝春秋入社後、『週刊文春』文化欄、『Number』『Number Do』で7年半の雑誌編集生活をおくる。2016年夏に独立。翌年に短編小説アンソロジー『走る?』を編集 編集: 宮野川真(Song X Jazz) 2020年5月14日 虎ノ門・黒鳥福祉センターにて収録

38 つのエピソード