show episodes
 
ここをクリック || » ( https://bit.ly/2VaybbP ) リリース済み: Jul 30, 2020 ランタイム: 1:47:31 数分 ジャンル: アクション, スリラー 出演者: John David Washington, Robert Pattinson, Elizabeth Debicki, Kenneth Branagh, Michael Caine, Aaron Taylor-Johnson Crew: Christopher Nolan (Director), Christopher Nolan (Producer), Christopher Nolan (Writer), Emma Thomas (Producer), John Papsidera (Casting), Jeffrey Kurland (Costume Design)
 
Loading …
show series
 
小児誘拐、児童虐待、などをテーマに扱った映画『Child's Voice』について制作者が語った動画を翻訳しました。これは映画がAmazonから削除された後に制作者のジョン・ポール・ライス自らYOUTUBEにアップした動画になります。ーーーーーーーーー 私はジョン・ポール・ライスです このビデオを見ている人は、私が誰であるか知らないかもしれませんので、簡単に自己紹介します。 私は独立系の映画プロデューサーです。 ハリウッドに来て約20年になります。 私は映画のキャリアをスタートさせ 「タイタンズは忘れない」に出演して、「ハンガー・ゲーム」の プロデューサーでもあります。今日、話したかったのは、この1、2週間(2020年8月録画)の間に 私の映画を6本掲載しているamazon.comが、 そう…
 
何が本当に起こっているのかお話しましょう。 世界をメソニックにより、乗っ取るということです。 すべての深い闇の邪悪なねじれた倒錯したサディスティックまたはマゾヒスティックな悪と悪魔のようなものがメソニックロッジに潜んでいました。 彼らは表には出てきていません。 彼らは彼らのロッジを設立しました。 そして、1717年に世界中に広がりました。 彼らは、特に政府を転覆する機関に潜入しました。 彼らはカトリック王政を嫌っています。 彼らは、コロンブス騎士団の教会機関にも潜入しています。 彼らはニューヨークの銀行、チェース・マンハッタン、 JPモルガン・ブラウン・ブラザーズ、 ハリマン・シティバンクでそれを発見しました。 共和党、民主党を支配した 彼らは第一次世界大戦を始め そして、第二次世界大戦 そ…
 
ショーン・ストーン あなたは才能あるナレーターで、私が参加できたことをとても光栄に思っています。 そして、あなたは最近、107とパトリック・バーンの両方と話をしました。 選挙が盗まれることから トランプ大統領を救おうとしている 最も重要な人物の2人です あなたは、あなたがどのように物事を見ているのか あなたの視点で話してくれませんか? 私が言いたいのは 私は最初にあなたのようにすることができます少し私の解釈の彼らとの会話に基づいて。 あなたは、パトリック・バーンに言及していますね 彼は新しい長期的な記事を持っています... ...ディープキャプチャと呼ばれる本。 それは通常、電報で少なくとも残します。 私は他のプラットフォームを確認しています...ディープキャプチャ。 彼の経験は、選挙詐欺に…
 
2016年の大統領選挙に、政治家としての経歴のないトランプ氏が出馬しました。 なぜ、この時、トランプ氏が大統領に立候補したのでしょうか? 多くの人が諸説を唱えていますが、その要因はここにあります。 2011年4月30日のホワイトハウスでのある事件がありました。 その時の事件がトランプ氏の心に出馬の種を植え付けたのではないかと考えます。 その事件とは、当時のオバマ大統領主催のホワイトハウスでの特派員夕食会にておきました。 トランプ氏も招待されて、その会に参加していました。 オバマは、その会場で本人を前にして、トランプを侮辱するような嘲笑うような発言を、5分以上にわたってしたのです。 まず、スピーチの前提として、それまでトランプは、テレビ番組など色々な場で、オバマの出生について疑問を投げかけてい…
 
昨年11月3日の選挙以来、過去2ヶ月の間に検討するべきでしたが、バイデンの政策について検討したいと思います。彼のアメリカに対する見方は?彼はどこにアメリカを連れて行くつもりでしょうか?彼はどのようにアメリカを変えるつもりでしょうか?最も影響を受けると思われる政策分野は何でしょうか?不正選挙をめぐる論争について。そしてその前のパンデミックについて。非常に奇妙な大統領選挙でした。 大統領を務めるトランプは、彼の行動の中で彼の方針を非常に明確に定義しています。 私の視点からあなたのために概説しようと思います。主な政策の変更点は何でしょうか?今回は外交政策に重点を置きます。アメリカは今までとは非常に異なる国になるでしょう。バイデンのアメリカは、トランプのアメリカとは大きく異なります。それは、アメリカ…
 
9.明治維新と新政の進展 (1)維新の大業 皇政復古の大號令(こうせいふっこのだいごうれい) 明治天皇は、慶応三年正月、践祚(せんそ)遊ばされるや、10月15日、徳川慶喜の大政奉還を聴許遊ばされ、次いで12月9日、皇政復古の大號令(こうせいふっこのだいがうれい)を発し給ふて、神武天皇御創業(ごそうぎょう)の古(いにしへ)に復し、天皇御親政の下に大いに新政を施される御旨を明らかにし給うた。 かくて萬機はことごとく天皇の御親裁に帰し、政令はいづれも朝廷から出ることとなって、ここに萬邦無比(ばんぽうむひ)の我が國體(国体)は再び赫赫(かくかく)たる光輝を放つこととなった。 五箇條の御誓文 次いで明治維新を迎へて第一に発せられたのが五箇條の御誓文である。 即ち慶応四年三月、天皇は紫宸殿(ししんでん)…
 
尊攘運動の進展と大政奉還 尊攘運動の発展 嘉永(かえい)・安政年間に於ける水戸藩を中心とする諸藩及び志士の尊攘運動は、幕府を鞭撻(べんたつ)し、頽廃(たいはい)した士気を振肅(しんしゅく)して外夷を防ぎ、國體を擁護し奉らうとするにあった。 然るにやがて文久年間に入るや尊攘運動は次第に皇政復古をめざす討幕運動に進展し、薩摩・長門(ながと)・土佐等の雄藩(ゆうはん)の志士は忠誠憂国の心あふれて京都に集り、少壮気鋭の朝臣と気脈を通じて浪士と往来し、しきりに討幕を画策しはじめた。 薩長二藩の活動 かくて西国の諸大名は多く上洛して皇居警衛の朝令を拝し、幕府の威力は全く地に堕ちて政局の中心は正に京都に移った観があった。 この頃から薩長二藩の活動は特に著しく、薩州藩は幕府の改革を望んで文久二年(2522)…
 
あなたは米国の政党で、人種平等と人権と言えば、どちらの政党を思い浮かびますか? 民主党?それとも共和党? おそらく民主党と答える人がほとんどでしょう。 しかし、それは本当でしょうか? 民主党は1829年に結党されましたが、結党以来、ほとんどの公民権運動に反対してきたのです。 さらに長い間、人種差別を行ってきました。 民主党は奴隷制を支持し、南北戦争を起こしました。そして、南部軍(アメリカ連合国)が敗戦した後の再構築(コンストラクション)の時代、北部軍(アメリカ合衆国)が主導する奴隷解放政策に、かたくなに反対してきました。 クー・クラックス・クラン(KKK)を創設し、人種隔離政策を推進してきました。黒人奴隷たちをリンチして迫害し続けてきたのです。 1950年から1960年代にかけて、共和党が押…
 
(2)幕府政治の破綻 一大危機の現出 江戸幕府開設以来既に二百四十餘年を経て幕府の勢力も漸く衰へ、外には欧米諸国の来寇がいよいよ急を告げ、内には開港・鎖国の議論が天下に沸騰してここに我が國の一大危機が現出した時、畏くもこの難局に立たせ給うたのは第121代孝明(こうめい)天皇であらせられる。 孝明天皇の御聖徳 天皇は極めて英明剛毅(えいめいごうき)にわたらせられ、この難局打開のため日夜宸襟(しんきん)を悩まし給うたが、遂に勅を幕府に下してますます国防を厳にし、重大なる政務は必ず勅裁を仰がしめられた。 ここに早くも朝威更張(こうちょう)の気運が現れたのである。 しかも時局の進運に伴ってますます国家危急の度が加はるに及び、天皇はしばしば内治外交に関する幕府の措置を督励(とくれい)遊ばされ、時局の打…
 
2020年、米国大統領選挙が揉めに揉めています。 11月3日に行われた米国市民による投票では、反虎んぷ候補者が過半数を獲得。しかし、不正選挙が行われたということで、虎ンプ陣営が法廷闘争を繰り広げいています。 最終的にどうなるかは、現時点では分かりませんが、ここでは簡単に米国大統領選挙の仕組みについて述べたいと思います。 2020年、米国大統領選挙が揉めに揉めています。 11月3日に行われた米国市民による投票では、反虎んぷ候補者が過半数を獲得。しかし、不正選挙が行われたということで、虎ンプ陣営が法廷闘争を繰り広げいています。 最終的にどうなるかは、現時点では分かりませんが、ここでは簡単に米国大統領選挙の仕組みについて述べたいと思います。 まず、通常のケースでは、11月3日の米国市民による一般投…
 
ここにいる皆さんに感謝します。 皆さんがここにいるのは、アメリカを愛しているからです。 ドナルド・トランプを愛し、彼を愛しているからです。 我々は、彼らに自由を奪わせない。 すべての嘘が暴かれ、 2021年1月20日に、 ドナルド・J・トランプは、 アメリカ合衆国の大統領として 宣誓するだろう。 全能の神、天の父、イエス・キリスト。 救世主。 御名があがめられますように。 御国が来ますように。 御心が天にあるように。 地上でも行われますように。 私たちは神の国です。 私たちは知っています。 もし、あなたが、私たちの国を守らないならば、見張り番は無駄に目覚めます。 私たちはアメリカをお守りください。 私たちの自由をお守りください。 私たちの国をお守りください。 私たちの大統領をお守りください。…
 
ありがとうございます これは最も重要な演説かもしれません 私がこれまでに行った中で 最も重要な演説かもしれません 私は現在進行中の 驚異的な有権者の不正行為を 暴くための努力について 最新の情報を提供したいと思います 不正行為と、不正行為を 暴くための継続的な取り組みについて、 最新情報を提供したいと思います。 馬鹿げたように長い11月3日の選挙で 行われました。 以前は選挙日と呼ばれる日がありましたが、 今では、選挙の日が何週間も何ヶ月もあります。 そして、多くの悪いことがこの馬鹿げた期間に起こりました。 特に、我々の最大の特権である大統領としての投票権を行使するために、ほとんど何も証明しなければならない時には。 私には、合衆国の法律と憲法を守ること以上の義務はありません。 だからこそ、私…
 
8.幕末内外の情勢 (1)海外情勢の緊迫と海防攘夷論 幕末内外情勢の概観 江戸幕府の政治は将軍家齊(いえなり)の頃には既に積弊が激しくなり、武士も質実剛健の気風を失って奢侈遊惰(しゃしゆうだ)に流れ、幕府の衰亡は既に著しいものがあった。 この時鎖国による江戸時代に百六十五年の泰平の夢から幕末の我が国民を覚醒せしめたものは、外ならぬ欧米諸国の東亜侵寇(しんこう)の魔手であったが、このことは時局をますます紛糾(ふんきゅう)せしめて幕府の衰滅を早からしめるとともに、期せずして國民上下の緊張を促し、やがてそれが尊王攘夷運動となって天下に盛行し、遂に明治維新を促進し奉ったのが、幕末に於ける我が内外の情勢である。 世界情勢の推移 寛永の鎖国以来約百五十年の間に世界の形勢は大いに変化した。 かつて世界の制…
 
(2)諸學の興隆と尊皇思想の勃興 皇室の御好學 江戸時代に於ける学問興隆の中心をなしたものは、畏くも皇室の御好学であらせられた。 即ち第107代後陽成(ごようぜい)天皇、第108代後水尾(ごみずのお)天皇は御共に和漢(わかん)の學に極めて御造詣(ごぞうけい)深く、幾多の書籍を勅版(ちょくはん)せしめ給うて奬勵(しょうれい)に努めさせられ、第110代後光明(ごこうみょう)天皇もまた御日課を定めて御勉学に励み給ひ、公卿(くげ)の間にも傳統ある学問が復興して、やがて起こる復古精神・尊皇思想の源泉となった。 学問の興隆 次いで幕府もまた施政の方針に文武兼修(ぶんぶけんしゅう)を置いて学問の奨励に努めたので、幕府の保護により儒学がまず興り、次いで国學が盛となり、また国史の考究も進んでこれらはいづれも国…
 
教育勅語(きょういくちょくご) 朕(ちん)惟(おも)ふに、我(わ)が皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)、國(くに)を肇(はじ)むること宏遠(こうえん)に、徳(とく)を樹(た)つること深厚(しんこう)なり。 我(わ)が臣民(しんみん)、克(よ)く忠(ちゅう)に、克(よ)く孝(こう)に、億兆(おくちょう)心(こころ)を一(いつ)にして、世世(よよ)厥(そ)の美(び)を済(な)せるは、此(こ)れ我が國體(こくたい)の精華(せいか)にして、教育の淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)に此(ここ)に存(そん)す。 爾(なんじ)臣民(しんみん)、父母(ふぼ)に孝(こう)に、兄弟(けいてい)に友(ゆう)に、夫婦(ふうふ)相和(あいわ)し、朋友(ほうゆう)相(あい)信じ、恭倹(きょうけん)己(おの)れを持(じ)し…
 
ご存知のように、今日はこの事件について、 もう少し深く法律論に入ります。 他の6つの事件でなされた議論を統合して、 最高裁に持ち込まれる可能性のある、単一の事件です。 それは、非常に強力で説得力のある、 法律論の下で行われました。 そして、それが憲法の選挙人の大義であります。 憲法第二条第一項。 各州は、その立法府が選挙人の数を上院議員等の総数に相当するように任命することができるような方法で任命しなければならない。 選挙人の選出は、その立法府が指示する方法で行われる。 州議会は、最初の例であり、本当に選挙を担当しています。 そのため、選挙人の選出については、その規則に従わなければならない。 選挙管理委員に委任できるとは書いていませんし、選挙管理委員が決定したり、選挙管理委員が法律を変更したり…
 
7.尊皇思想の発達 (1)封建制度の確立と文教の発達 幕府政治の再興 徳川家康は、織田・豊臣の二氏の後をうけて、国内統一の事業を完成し、慶長8年(皇紀2263年)、征夷大将軍に任ぜられて、江戸に幕府を開き、幕府政治を再興した。 而して、江戸幕府の政治の形態は、諸大名を各地にぶんぽうし、大名は、それぞれの領地をせしゅうして、その統治にあたった。 このような制度を、封建制度という。 封建制度の確立 我がくにの封建制度は、鎌倉幕府が、しゅご・ぢとうを地方に置いたことに端を発し、やがて これらは地方にあって次第に勢力をたくわえ、室町時代には、守護で領こくを数ヵ国も有するものが現れた。 これを、だいみゃうと言う。 かくて、その末期には、有力な大名は諸地方にかっきょしたが、織田・豊臣の二氏が海内を一統す…
 
(4)鎖国 海外移住と日本人町 江戸時代初期における海外貿易未曽有の発展に伴って、海外移住の國民も次第に多くなり、その數は少なくとも一萬と推算せられ、呂宋(ルソン)のマニラ、(コーチ)のフェフォ・ツーラン、カンボジアのプノンペン付近などには日本人町が建設せられた。 ここに移住した我が国民は自治制度を布いてよく団結し、潑刺(はつらつ)たる貿易を行って朱印船の活躍とともに、當時に於ける南方発展の中心をなした。 海外発展の限界 しかしこれらの南方発展も惜しむらくはなほ個人的活躍の程度に止(とど)まって、強力な国家の保護を欠いた。 朱印船等には幕府の保護が與へられたとはいへ、それも僅かに船籍の證明(しょうめい)を與へて渡航と貿易を特許したものに過ぎず、統制ある植民政策を背景とする国家的活動ではなく、…
 
バイデンのウクライナ汚職 バイデンが、barisma、という会社のトップである、nikora、 zioszewskiから、わいろを受け取った。 バリスマは、ウクライナの石油会社である。 バイデンが関わっている人たちは、かなり組織化された、犯罪者集団やスパイであろう。 zioszewski は、 barisma という会社を持っている。 彼がエネルギー大臣出会った時に、不正な方法で設立した。 彼は、自分の会社に、ウクライナの最高の鉱業権を、全て、与えた。 80億ドルの価値があった。 政府が倒れるように見えた時、50億ドルを盗んだ。 Puroshenko新大統領が、彼からそれを取り上げることをやった。 彼は、すぐに新大統領は、旧大統領ほどではないにしても、同じくらいに、大きな詐欺師であることがわ…
 
徴用工は、仕事を求めてきた出稼ぎ労働者 日本統治時代の朝鮮半島から多くの朝鮮人が、日本に強制的に徴用されてきた、と主張する国や団体があります。 本当に当時の朝鮮人たちは、強制的に日本に連行されてきたのでしょうか? 当時の朝鮮人は、日本人として扱われていたので、朝鮮人としてパスポートを持って日本に入国する必要はありませんでした。 しかし、全く自由に内地(日本列島)に渡航できたわけではなく、旅行証明証の提示を義務付けられていました。 いつ頃から、この渡航証明制度ができたのでしょうか? 大正8年(1919年)3月1日、朝鮮の独立運動を行っていたキリスト教、天道教、仏教などの宗教指導者たち33名が、3月3日に朝鮮国王の高宗の葬儀が行われるのにあわせて、ソウル市内の公園に集まり、独立宣言を朗読。 そこ…
 
(3)對外政策とその推移 新時代の海外発展 我が吉野時代から戦国時代にかけて次第に隆盛に赴(おもむ)いたわが国民の海外雄飛の気運は、ヨーロッパ人の来航以来、国民の世界知識の発展と国家的自覚の昂揚とに伴って著しく興隆(こうりゅう)し、我が商船は遠く南洋諸島及び東部印度支那半島にまで進出するようになった。 秀吉はこのやうな時代に国内を統一した。 而して當時の潑刺たる海外発展の気運は、遂に秀吉をして空前の雄圖(ゆうと)を決行せしめるとともに、国民の海外進出もまたその奨励と統制を得て空前の活況を呈することとなった。 秀吉の雄圖 即ちこれよりさき信長は、明及び高麗の滅後半島に興った朝鮮と通商貿易を企圖して不成功に終わったが、秀吉はその後を承け更に雄大な意図を以て明・朝鮮のみならず、遠く臺灣(たいわん)…
 
映画「マークテイラーのトランプ予言」をみての感想になります。 主人公のマークテイラーは消防士。真夜中に突然、出動のベルが鳴ると飛び起きてそのまま消防車にて出動。 火事の炎と煙の中に入り、人命救出をしたり、消火活動する仕事をしていました。 しかし、手が震えたり、夜中にうなされる日々が続いたので、病院で診察を受けると、PTSDの診断を受けました。 そして、彼は、20年間勤めた消防士の仕事を辞めることを決断。 退職した後も、夜中にベッドの上でうなされて苦しむ日々は続きました。 そんな時、彼は、「声」を聞くようになります。その声を忘れないためにノートに書き留めるのを習慣にしていました。 ある日、夜中にテレビを見ながら椅子で寝ていたら、はっと目を覚まして「声」を聞きました。 その声の主は言いました。 …
 
(2)西力(せいりき)の東漸(とうぜん)と世界の情勢 欧人の渡来とその影響 ヨーロッパ人の我が国への渡来は戦国時代の後半にはじまる。 我が國民はこの時初めてヨーロッパ人に接し、それらによって齎(もたら)された。 文物・宗教に触れて世界に対する視野を広めたが、延(ひ)いてはまたこれによって国家意識が呼び起こされ、海内統一の気運が促された。 東西交通の動機 東西両洋の交通は、さきに元が亜欧に跨(またが)る大国を建設したことによって、俄に活況を呈し始めたが、我が鎌倉末期にトルコが興って、東西交通の要地たるコンスタンチノーブルを占領したため、これまでの東西交通は遮断せらるることとなった。 西欧において直接東亜との海路通商を開く必要が、切実に感ぜられ始めたのはこの時からである。 新航路の開拓 これより…
 
6.海外発展と世界の情勢 (1)海外発展の気運 海外発展の気運 我が國古来の傳統たる国民の海外発展は平安中期になって一時大いに衰へたが、武士の勃興に伴って再び活況を呈しはじめ、源平二氏及び鎌倉幕府の奨励により日宋貿易が盛に行はれるやうになった。 この時、特に西国の武士は主として海洋を舞台に活躍し、かの元寇に際してはその撃攘(げきじょう)に大いに貢献した。 而してこの元寇の撃攘がわが国民の海外発展の気運をますます高めたことは著しいものがあった。 八幡船(ばはんせん)の活躍 即ち建武中興の後、天下が再び乱れて吉野時代となり、更に室町時代となるに随って、航海に馴れた九州・四国・瀬戸内海沿岸の士民はこの好機に乗じて軽舟を操り、船には八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の旗をかかげ、よく千里の波濤(はたう…
 
(3)時代の推移と尊皇精神の発現 幕府の失権と戦国の世相 建武中興(けんむちゅうこう)の大業に叛(そむ)き奉った足利尊氏は、その野心を遂げるためしきりに私恩を施して武士を手なづけ、やがて義満に至り、京都室町に幕府を開いて武家政治を再興した。しかし大義名分を紊(みだ)した足利氏に、長く幕府を保ちえる實力(じつりょく)があるはずはなく、地方の諸将はこれに乗じて次第に勢力を貯へ、四代将軍義教(よしのり)の頃からは幕府の命令を意としないものさへ生じ、やがて應仁(おうにん)の乱後は幕府の勢力も全く衰へ、群雄は四方に起こって攻略をこととし、兵乱が相次いで起こって、ここに百餘年に亙るいはゆる戰國の世相が現出した。 皇室の御式微 この間、皇室の御料地(ごりょうち)は、打続く戦乱のために多く有名無實となり、幕…
 
ドミニオンの投票システム、スマートマチック技術のソフトウェアと、他のコンピュータ化された投票システムにも使われているソフトウェアがここにあります。 ただの支配権ではなく、彼が選挙で負けないようにするために、ウゴ・チャベスの指示でベネズエラに作られました。 その仕組みを説明してくれた、非常に強力な証人が一人います。 彼の宣誓供述書はリンウッドの嘆願書に添付されており、訴訟はジョージア州で行われることになっています。 彼はウゴ・チャベスと一緒にいたので、驚くほど詳細な宣誓供述書になっています。 彼はそれがどのように機能するかを説明されていたときに、彼はそれが動作するのを見たときに、あなたたちチャベスと一緒にいました。 選挙の夜に複数の州が投票を停止しているのを見てすぐに、ここでも同じことが起こっ…
 
(2)忠臣の遺烈 建武中興の挫折 かくて新政はその緒につくこととなったが、ともに並んで國政を翼賛し奉るべき公卿と武士の間がとかく圓満(えんまん)を缺(か)いたことは、世情に暗い公卿の多かったこととともに甚だしく政務を渋滞せしめた。 そのうえ、國民の中には恩賞に対して不平を唱へるものが極めて多く、就中(なかんずく)久しく武家政治になれた地方武士の中には、幕府の再興を願ふものさへ生じた。 要するに國民の中には、いまだ我が國体を解せず、大義に暗いものが多く、これを巧みに利用した尊氏(たかうじ)の謀反によって、遂に中興の大業は惜しくも挫折することを余儀なくさせられたのである。 尊氏の謀反と正成(まさしげ)の戦死 即ち足利尊氏は源氏の一族であったためにかねて幕府再興の野心を抱いていたが、まだ新政の基礎…
 
5.建武中興と勤皇精神 (1)中興(ちゅうこう)の聖業(せいぎょう) 武家政治と皇政復古 源頼朝の鎌倉幕府開設以来の武家政治は、平安末期の社会の混乱を武力をもって鎮め、國内に新たな秩序を齎(もたら)して民心を安定せしめるのに多大の功があった。 しかし武家政治そのものは、我が國體の本義に鑑みて、あくまで許すことのできない政治組織である。 されば朝廷におかせられては、しばしば皇政復古の御計画をお立てになったが機 未だ熟せず、殊に承久の変の如き後鳥羽・順徳の二上皇が、時の執権北条義時の手によりそれぞれ遠島に遷され給ふ御悲運を招いたことは、誠に畏(かしこ)き極みであった。 北條氏の専横(せんおう) しかも變後北上氏はますます権勢を擅(ほしいまま)にして豪も改める色なく、殊に元寇の後、幕府の財政は著し…
 
マック作家ハンバーグ氏は、虎ンプ大統領のFB公式ページの肩書きを、「大統領」から「政治候補者」と修正していました。 虎ンプ大統領は、今回の選挙結果がどうであれ、少なくとも来年1月20日の大統領就任式までは、大統領であります。 また、虎ンプ大統領の選挙に関する投稿記事には全て、 「郵便投票および投票所での投票は、どちらも米国の歴史を通じて高い信頼性が確認されています。いずれの投票方法でも、不正投票は極めてまれにしか起こりません。」とか 「米国には、選挙の完全性を確保するために法律、手続き、団体があります」 という注意書きが表示されるようになっています。 なぜ、マック作家ハンバーグ氏は虎ンプ陣営に対して、敵対行動をとるのでしょうか? その理由の一つには、彼の奥さんがC国系アメリカ人というのもある…
 
(4)元寇(げんこう)の撃攘(げきじょう) 蒙古の興起 當時大陸に於ては 新羅の滅後、半島に高麗が興り、支那に於ては唐の亡びた後、宋(そう)が興って国内を統一したが、北方から金に圧迫されて南遷し、両者対立の状態にある時、北方に更に蒙古の勃興を見た。 即ち鎌倉時代の初期、黒龍江の上流に遊牧の生活を送る蒙古民族の中から成吉思汗(ジンギスカン)が現れ、内外蒙古を統一して蒙古帝国を建てた。 その後、蒙古は頻(しき)りに四方を攻略し、金を滅ぼして満州・北支を併せ、次いで東は高麗を服従せしめ、西は西蔵(チベット)、次いで中亜の諸国を征服し、更に遠くヨーロッパに侵入してロシヤを征服し、ハンガリー・ポーランド等を蹂躙して空前の大国を形成した。 蒙古の来牒 かくて蒙古は忽必烈汗(フビライハン)に至ってますます…
 
(3)武士道の発達 武士道の淵源 武士の勃興によりその生活のうちに、自(おのづか)ら特色ある道徳の発達を見た。これを武士道という。 しかしこの武士道もその淵源(えんげん)は遠く肇国(ちょうこく)の古(いにしえ)に遡(さかのぼ)るものである。 即ち 我が国、上代の天皇を中心とし奉る氏族制度の時代に於ては、君国のためには一身を顧(かえり)みないという、大義が何よりも重んぜられて、国民は忠誠勇武の精神に富み、また一族の名誉を重んじ一身を捨てて顧みない犠牲的精神が、大義を重んずる忠君愛国の至誠に基づいて、極めて強固な国民精神をなしていた。 海(うみ)行(ゆ)かば水漬(みづ)く屍(かばね)、山(やま)行(ゆ)かば草生(む)す屍(かばね)を、家門の名誉とする強い覚悟も、大君の醜(しこ)の御楯(みたて)と…
 
(2)武士の勃興 国民皆兵の制度 我が国は肇国以来、天皇御親率(ごしんそつ)の下に、国民皆兵を建軍の本義とする。 古く氏族制度時代には 大伴・物部の二氏が 同族及び部民を率いて 世々郡司を司どり、ことある毎に 天皇は御親ら軍を率いて出陣し給ひ、各氏族は その部民を率いて軍務に服し、忠誠を盡(つ)くし奉った。 即ち 神武天皇の御東征以来、神武を発揮して皇威を輝かし給うた御歴代の御聖業には、国民こぞって身命を捧げ、これを翼賛(よくさん)し奉ったのである。 兵制の推移 後、大寶令によって徴兵制度が施行され、国民皆兵の制度はますますその實が挙げられることとなったが、やがて平安初期になり 国内統一の御事業が概ね完成せられてからは、専ら東国の武技に秀でたものだけが健皃兵(こんでんへい)・随身兵(ずいじん…
 
武士の勃興と元寇(げんこう)の撃攘(げきじょう) (1)政治の紊乱(びんらん)と国防の危機 朝政の隆替 桓武天皇(かんむてんのう)の平安奠都(てんと)以来、御歴代天皇はますます内治の振興と文教の隆昌(りゅうしょう)を図り給うて、皇威はいよいよ国の内外に輝いた。 ところが やがて藤原氏が出て 次第に権勢を擅(ほしいまま)にし、遂には摂政(せっしょう)・関白(かんぱく)となって万機(ばんき)をことごとく専断するようになってからは、朝運も漸(ようや)くお衰え遊ばされていったのは、まことに畏(かしこ)き極みであった。 延喜(えんぎ)・天暦(てんりゃく)の聖代 この間、第60代醍醐天皇は權臣(かんしん)の跋扈(ばっこ)に鑑(かんが)み、菅原道真(すがわらみちざね)を重用して 親政の實を挙げ給ふとともに…
 
(6)国風文化の発展 国家意識と国風文化 改新後我が国文化は、国家制度の整備と大陸文化の輸入とによって、年とともに著しい発展を遂げた。 而してこの時代の文化は、決して単なる外来文化の模倣でなく、国家意識の興隆に伴い、我が国固有の国家観念はますます昂揚せられて、国風文化の発展をみたところにその特色があった。 史誌(しし)の編纂 国内に於ける統一政治の進展と外来文化との接触とによって、著しく高めらてきた国家意識の興隆は、まず史誌の編纂となって現れた。 即ち 国史には元明天皇の御代、太安万侶(おおのやすまろ)が稗田阿礼(ひえだのあれ)の誦(よ)む古傳を記録して奉った古事記と、元正天皇の勅令により、舎人(とねり)親王が撰修せられた日本書紀とがある。 ともに我が肇国の宏遠(こうえん)を説き、御歴代の御…
 
(5)國内制度の整備 律令の制定 齊明天皇(さいめいてんのう)の崩御後、中大兄皇子が即位し給うて、第38代天智天皇(てんじてんのう)と申し上げる。天皇は大化改新の大精神に基づきますます統一政治の徹底を期し給うて、法制の整備にお努めになった。 爾来 歴代天皇は大御心(おおみこころ)をその完備にお注ぎになり、第42代文武天皇(もんむてんのう)の大寶(たいほう)元年(1361年)、大寶律令(たいほうりつりょう)・(大宝律令)が完成せられた。今に遺(のこ)るものは元正天皇(げんしょうてんのう)の養老2年(1378年)に修正せられた養老律令(ようろうりつりょう)であるが、これは大寶律令と大差ない。 令(りょう)の内容 令(りょう)は一般の行政法規で、その規定によれば (一)先ず官制に於ては、中央に神祇…
 
(4)国威の発展 東北経営 大化の改新後、国力の充実に伴って 国威はいよいよ発展し、国の内外に輝くこととなった。 先ず圏内に於いては東北の開拓がある。即ち第37代齊明天皇(さいめいてんのう)の御代、阿部比羅夫(あべのひらふ)は 水軍を率いて 秋田・津軽に進み、渡島(わたりじま)の蝦夷(えぞ)をも帰服せしめ、更に肅愼(みしはせ)に遠征して 皇威を遠く輝かせたが、その後もこの地方の経営は著しく進み、第43代聖武天皇(しょうむてんのう)の御代には 陸奥に多賀城(たがじょう)、出羽に秋田城が築かれて大いに開拓が進められた。 蝦夷の帰服と撫育 次いで 第50代桓武天皇(かんむてんのう)の御代、坂上田村麿呂(さかのうえのたむらまろ)は よく恩威(おんい)を並び施して 蝦夷を屈服せしめ、膽澤(いざわ)・志…
 
今回は、米国次期大統領への祝電と電話会談の件について意見を述べさせていただきます。 まず、大前提としまして、11月14日現時点において、米国次期大統領は決定していないと言うことです。 通常の政権移行のプロセスとしては、11月3日の投票の翌日から翌年の1月20日の大統領就任式までの77日間、国家安全保障など機密情報へのアクセス権限や、連邦政府内の各施設の使用許可や、独自のEメールの付与などが、政権移行チームに当たられます。 この様なプロセスを経て、スムーズな政権移行が行われるのですが、現時点において、次期大統領と言われているバイデン陣営には、このアクセス権限が与えられていません。 このアクセス権限は、GSAと言う政府機関が承認して与えるのですが、GSA長官のエミリー・マーフィー氏は、この承認を…
 
(3)大化改新(たいかのかいしん) 蘇我氏の滅亡 国家革新の御事業半ばにして聖徳太子が薨去(こうきょ)せられてから、蘇我馬子(そがのうまこ)は独り権勢を擅(ほしいまま)にし、その子蝦夷(えみし)、その孫入鹿(いるか)になって不臣の行為は極まるに至った。 舒明(じょめい)天皇の皇子中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)はこれを見て 中臣鎌足(なかとみのかまたり)と謀り給い、第35代皇極天皇(こうぎょくてんのう)の4年(1305)、入鹿を御親(みずか)ら誅し給うた。蝦夷(えみし)も家を焼いて自殺したので、蘇我氏も遂に滅んだ。 大化改新の発端 かくて蘇我氏の滅亡とともに聖徳太子の御意志はいよいよ実現せられることとなった。 即ち 第36代孝徳天皇(こうとくてんのう)は 先ず中大兄皇子(なかのおおえのおう…
 
(2)革新の気運と聖徳太子の御事業 豪族専横(せんおう)の弊風 大陸文物伝来以後、我が国の産業・文化は著しく発達を遂げたが、この間 国内に於いては、豪族専権(ごうぞくせんけん)という弊風が生じ始めていた。 即ち氏族(しぞく)制度は、氏族の職業世襲を本質としていたから、時代の進むとともに朝廷に於ける重 要な地位や官職は 特定の氏族に占められ、やがて これらの豪族のうちから広大な土地や人民を兼併(けんぺい)して、次第に権勢をほしいままにするものが現れてきた。 殊に 當時朝廷に並び立って国政に與(あづか)っていた蘇我(そが)・物部(もののべ)の二氏のうち、物部氏が 第31代用明天皇(ようめいてんのう)の御代に亡(ほろ)んでからは、蘇我氏だけがますます勢力を得て、時代に不臣の行為を敢えてするようにな…
 
3.国運の隆昌(りゅうしょう)と東亜の情勢 (1)大陸文化の輸入 文教の伝来 朝鮮半島帰服以来、皇化を慕って我が国に帰化するものは極めて多く、これらによって大陸文化が伝えられて、我が国文化・産業は著しく向上した。 即ち応神天皇の御代、百済から阿直岐(あちき)が来朝し、次いで王仁(わに)が召されて 論語・千字文(せんじもん)等を献上し、我が国に初めて儒教・漢字が伝えられた。 その後、漢人 阿知使主(あちのおみ)も朝鮮から帰化して各種の学芸を伝え、王仁(わに)・阿知使主(あちのおみ)の子孫はともに文事を以て長く朝廷に仕えたので、儒教・漢字の学習は朝廷を中心として次第に普及していった。 儒教思想の受容 かくて我が国に初めて伝えられた儒教は、その説くところが祖先を敬い、忠孝の道を尚(たっと)ぶなど、…
 
(2)氏族(しぞく)制度とその精神 氏族(しぞく)制度の組織 上代における我が国の社会組織は、皇室を中心とし奉る大小多数の氏族によって構成せられていたので、これを氏族制度と呼ぶ。氏族とは同一の祖先から出て、同じ職務に服する團體(だんたい)であって、各氏族には氏上(うじのかみ)があり、その同族である氏人(うじびと)と氏族に属する部民(ぶみん)とを統率して皇室に奉仕し、皇室はこれら諸氏族を統括あらせられていた。 氏族はその出身によって分けられ、皇族の御近親は皇別、皇孫降臨の時から随(したが)い奉った諸神の子孫は神別(しんべつ)、海外との交渉が開けてから帰化した部族は蕃別(はんべつ)と稱(しょう)せられた。 姓(かばね)の制度 氏族はまた公(きみ)・別(わけ)・臣(おみ)・連(むらじ)・国造(くに…
 
2.皇威の発展 (1)内治の振興 皇大神宮(こうたいじんぐう) 神武天皇の御即位以来、歴代天皇の御聖徳により皇威はいよいよ伸張したが、第十代 崇神天皇(すじんてんのう)の御代以後はその発展が特に顕著となった。 三種の神器(じんぎ)は 天照大神が瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)にお授けになって以来、御歴代の天皇はこれを宮中に奉安し、とくに神鏡(しんきょう)は大神(おおみかみ)の御霊代(みたましろ)として親しくこれを祭り給うていたが、崇神天皇はこれを 畏(おそ)れ多く思し召して、御鏡を御剣とともに大和の笠縫邑(かさねひのむら)に奉遷し、宮中には新たに御鏡・御剣を模造して御璽(ぎょじ)とともに奉安し給うた。 次いで、第11代 垂仁天皇(すいにんてんのう)の御代になって、更に笠縫邑(かさねひのむら)より伊…
 
米国大統領選挙が終わると次期大統領の政権移行期間に入ります。 それは、11月3日の選挙日の翌日から、翌年1月20日の大統領就任式までの77日です。その移行期間には、次期大統領の政権を担う人たちが、主要な政府機関の行政サービスへのアクセス権限が与えられます。例えば、移行担当者には政府の電子メールアドレスが与えられ、各連邦政府機関のオフィススペースが与えられます。 その鍵を与える権限を持っているのがGSA(General Services Administration)と言う政府機関です。 現在のGSA長官は、エミリー・マーフィー(Emily Murphy)です。彼女は2017年にトランプ大統領が任命し、上院議会で承認されました。 彼女は、2020年11月7日に大統領選挙の結果が、主要なメディア…
 
(2)神武天皇の御創業 御東征 皇孫降臨から御三代は日向(ひむか)にましましたが、第一代神武天皇は東方の美地に天業を恢弘(かいこう)しようと思し召しになり、皇兄五瀬命(いつせのみこと)等と謀って東征の御事を決し給うた。 天皇御親ら舟師(ふないくさ)を率いて海路日向を発し給い、途中瀬戸内海沿岸を平定して制海権を確保遊ばされ、浪速(なにわ)に上陸して陸路直ちに大和に入ろうと遊ばされた。 大和平定 時に大和の豪族 長髓彦(ながすねひこ)は、饒速日命(にぎはやのみこと)を奉じて天皇の御軍(みいくさ)を孔舎衙坂(くさかざか)に阻(はば)み、五瀬命(いつせのみこと)は流矢に中(あた)って程なく薨去(こうきょ)あらせられた。 天皇は日神の子孫が日に向かって敵を討つは天道に逆らうものとお考えになり、軍を還(…
 
肇国(ちょうこく) (1)肇国の宏遠 神話の意義 我が国の歴史は遠い神代の昔の神話に始まっている。しかもそれは我が国の起源に関する伝承であるとともに、その精神が現在なお我々とともに生き、更に未来に及ぶところに我が国神話独特の意義がある。 即ち我が神話は 他の国々の神話が単に太古の人々の生活・思想・感情を表すものに過ぎないとその本質を異にし、我が国体の由来を示し、我が国史を一貫する肇国精神を説いて余すところがない。 されば我が神話をみるにあたっては、その精神が常に国史のうちに脈々として生きている事実を明らかにしなければならない。 国土生成 神代の昔、伊弉諾尊(イザナギノミコト)・伊弉冉尊(イザナミノミコト)と申す二柱の神がおはしまして、諸神の命を以て大八洲國(おおやしまのくに)を生み、更に山川…
 
序説 我が国体の本義 我が大日本帝国は、万世一系の天皇が、皇祖天照大御神の神勅のままにこれを統治あらせられる。この我が国体の本義は、皇祖肇国の古から年とともに光を加え、未来永遠にわたってかわることがない。即ち上御歴代の天皇は、皇祖肇国の御精神を承継し給ふて、くにを納め給ふこと家の如く、民を慈しみ給ふこと子の如くあらせられ、下国民は祖先の遺風を継いで、常に衷心から皇室を敬い、忠君愛国の誠を致し、国は一家をなし君民は一体である。かくて国運はいよいよ進展して今日の隆昌を見ることとなり、永遠にその窮(きわ)まるところを知らない。 国体と国史 我が国史は、この尊厳無比な国体を中心として、絶えず進展してきた皇国発展の姿である。したがって我が国史には各時代に推移変遷の跡はあっても、それを一貫して肇国精神が…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login