Stockvoice 公開
[search 0]
×
最高の Stockvoice ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の Stockvoice ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
Loading …
show series
 
 4日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、空運、陸運、海運、鉄鋼、繊維など。  前日の米国市場は3指数とも上昇。東京市場は日経平均が184円高でスタート。ドル円が106円台で落ち着いたうえ、アジア市場もしっかり。弱い決算を発表後にアク抜け感から買われる銘柄も多く、指数は終始堅調でした。 個別銘柄では、第1四半期赤字のJAL、西武HDなどが大幅高。上期増額修正のマルハニチロは11%超の急伸でした。半面、アステラス、エーザイなど薬品株の一角が冴えず。STOCKVOICE Inc. による
 
 3日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、空運のみ下落。上昇率上位は、海運、農林水産、情報通信、サービス、ガラス土石など。  前週末の米国市場はしっかり。決算発表したアップル、アマゾンなどが買われ、指数を牽引しました。週明けの東京市場は日経平均が237円高でスタート。前週末に売られた反動買いも入り、終始強い動き。ドル円も円安方向に振れ、支援材料となりました。  個別銘柄では、トヨタ、みずほ、NTTなど主力銘柄が堅調。決算が好調だったSGホールディングスは上場来高値更新。半面、大型買収を発表したセブン&アイが大幅安。STOCKVOICE Inc. による
 
 31日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、全業種が下落。下落率上位は、ゴム、海運、鉱業、紙パルプ、鉄鋼など。  前日の米国市場はまちまち。4-6月期実質GDPは年率換算でマイナス32.9%でした。東京市場は日経平均が72円安でスタート。主力企業の決算や業績見通しが弱いうえ、都内のコロナ感染者が463人と伝わり、売りが売りを呼ぶ全面安。日経は安値引けでした。  個別銘柄では、トヨタ、みずほ、NTTなど主力銘柄が軒並み安。通期が大幅減益となるアドバンテストがストップ安。半面、第1四半期が増収増益だったアンリツが逆行高。STOCKVOICE Inc. による
 
 30日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、証券、精密、情報通信、自動車の4業種が上昇。空運、電力ガス、陸運、鉱業、銀行など29業種が下落。  前日の米国市場は3指数とも上昇。FOMCで現行政策の維持が決まり、安心感が強まりました。東京市場は日経平均が92円高でスタート。買い一巡後は次第に値を消し、マイナス転落して終えました。都内の感染者が370人と伝わったうえ、飲食店やカラオケ店への時間短縮要請が報じられ、警戒感が高まりました。  個別銘柄では、決算が嫌気された三井住友FG、東電などが軟調。飲食業界への逆風が予想され、串カツ田中、元気寿司なども売られました。半面、第1四半期が増収増益だったエムスリーが上場来高値更新。…
 
29日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、海運、情報通信のみ上昇。下落率上位は、鉄鋼、自動車、その他金融、化学、空運など。  前日の米国市場は3指数とも軟調。スリーエムやマクドナルドの決算が悪く、市場心理が悪化しました。東京市場は日経平均が114円安でスタート。ドル円が105円を割る円高に振れたうえ、主力企業の決算も弱く、終始売りが先行。後場はさらに下押しされました。  個別銘柄では、決算や業績見通しが嫌気されたファナック、日産自が大幅安。キヤノンは21年ぶり安値に沈みました。半面、外出自粛による販売増で増益決算だったコメリは9%超の大幅高。STOCKVOICE Inc. による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login