Meiji University 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
さまざまな経済現象や社会現象についてデータを用いて分析してくのが計量経済学であり、理論と現実とを結ぶ橋渡しの役割を担っています。この授業では、計量経済学の基礎的な知識を習得してもらうのはもちろんですが、併せて実習を行うことで、自ら経済理論と現実経済との関係を分析していくことを目標としています。
 
国際学術研究会「交響する古代」(主催:明治大学大学院文学研究科 日本古代学教育・研究センター)文部科学省 組織的な大学院教育改革推進プログラム <複眼的日本古代学研究の人材育成プログラム> 2010.11.04-06 明治大学リバティタワー1F リバティホール
 
この教材は、中級および中上級レベルの日本語学習者のみなさんが「日本語を話す練習」をするために作られました。「VIDEO」は中級、「AUDIO」は中級~中上級対象の教材があります。上級に進む前にできるようになった方がよい、スピーチ、二人の会話、ディスカッションの動画と音声の例があり、それぞれ字幕のあるもの、字幕がないもの、そして、「AUDIO」にはスクリプトもあるので、学習の目的や自分の日本語のレベルに合わせて使ってください。
 
学長杯留学生日本語スピーチコンテスト(主催:明治大学日本語教育センター、後援:明治大学連合父母会、協力:国際交流団体 キャンパスメイト)
 
ファッション・ビジネス特別講演シリーズ - 商学部では、明治大学創立130周年を機に「ファッション・ビジネス」を新たな研究・教育の重点領域に加えました。その活動の一環として、明治大学の全学部・大学院学生を対象とした特別講演会を開催しました。
 
2010年4月、情報コミュニケーション学部に、ジェンダーセンターが設置されました。2004年に開設された情報コミュニケーション学部は、明治大学の女子教育を担ってきた戦前の専門部女子部、戦後の短期大学の伝統を引き継いで、当初よりジェンダー研究の推進を、学部の理念の一つとして掲げてきました。学部が目指す多様な人々の共生社会の実現にとって、ジェンダー視点の導入が、不可欠と考えるからです。 In April 2010,in the School of Information and Communication, Gender Centre has been established.
 
昨今企業,社会は資格や知識だけに長けた人材は求めてはいません。企業,社会が心に求めている人材。それは,資格や知識を支える積極性やコミュニケーション力,論理力などの「社会人基礎力」です。このような「社会人基礎力」を,ビジネスの現場で使われている教材やケーススタディ等を用いながら実践的に養成すると同時に,講義ではなく体感プログラムにより,各業界の「仕事」の本質をより深く理解してもらうことを目的として実施します。
 
【 政治経済学部 [ School of Political Science and Economics ] 】 政治経済学部は、通常「学部 Department」から想像するよりも、はるかに大きな規模を誇り、そして驚くべきバラエティに富んだ科目が勉強できるところです。 まず教員の人数を見ただけでも、フルタイムの教員が100人余り、それにパートタイムの先生が140人というとんでもない人数です。この大勢の教授陣が、年間1500もの授業を、5000名もの学生を相手に講義しているのです。 科目の内容からいっても、いわゆる人文系の外国文学や日本語文章論、民俗学・社会心理学・マスメディア論など社会学系のもの、そして政治・経済・地域行政の専門に関しても、歴史あり、理論あり、コンピュータを利用した解析あり、とさまざまな範疇に入る科目が並んでいます。ひとつの学部でこれだけバラエティに富んだ陣容を誇るところは、わが国でもそうあるものではありません。 The School of Political Science and Economics was started in 1904 as the S ...
 
Loading …
show series
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login