Lexus International 公開
[search 0]
×
最高の Lexus International ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 4月 2020)
最高の Lexus International ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 4月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
Loading …
show series
 
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市。この地を会場にして、2017年より隔年で開催されているアートフェスティバルが「Reborn-Art Festival」だ。実行委員長を務める音楽プロデューサーの小林武史氏に、同フェスティバルへの想いやアートが復興の地で果たす役割について聞いた。
 
雪と氷に覆われる冬の北海道の地で、アクセル全開で楽しめるモータースポーツ、それがスノーモービルだ。そのスノーモービルで満月の下をライドする、エクスクルーシブな遊び方がある。
 
イギリスをはじめとして、世界中でムーブメントを巻き起こしているクラフトジン。近年、日本でも国産の銘柄が国内外で注目を集めている。ジンに加え、さまざまなお酒の情報を発信しているウェブメディア「LiquorPage」を運営する小針真悟氏と、2018年の初回から大盛況を博しているGIN FESTIVAL TOKYOの代表 三浦武明氏に、その魅力を聞いた。
 
長野県伊那市にある「美篶堂(みすずどう)」は、現在では珍しい職人の手仕事で製本を行う会社だ。その技術を活かし、独創的なオリジナル商品も展開している。「本づくり学校」で技術を伝えたり、手製本に親しんでもらうために行っている事業に込めた思いを聞いた。
 
日清食品初の“完全栄養食”となる「All-in PASTA」が、2019年3月の発売以来、好評を博している。「チキンラーメン」に代表される即席麺を、現代の日本人が求める形にアップデートしたものだ。栄養価だけでなくおいしさにもこだわったという同商品の、誕生の秘密に迫る。
 
世界的建築設計事務所OMA(Office for Metropolitan Architecture)のパートナーであり、ニューヨーク事務所の代表を務める重松象平氏。アメリカを拠点としてグローバルに活動する重松氏は、次世代を担う全世界のクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD」のメンターという顔をももつ。今回は、その重松氏に建築への想いや、LEXUS DESIGN AWARD が若手クリエイターのキャリアに与える意義について聞いた。
 
魅力的な被写体との出合いを求め、世界中を飛び回り続けている写真家、在本彌生。彼女が印象深い出合いを自らの作品と文章で綴る連載。今回は、イギリスの大英博物館に作品が所蔵されるなど、世界的に活躍するセラミックアーティスト、細野仁美氏に会うべくロンドンに赴いた。
 
地上波放送の機会が減少している日本のプロ野球だが、観客動員数は年々増え続けている。特に目覚ましい伸び率を示しているのが横浜DeNAベイスターズだ。同球団でデータ分析によるマーケティング施策を担う経営・IT戦略部の林 裕幸部長にその秘密を聞いた。
 
東京・銀座の歴史的建造物「鈴木ビル」に居を構える「森岡書店」。“1冊の本を売る本屋”というコンセプトは、海外メディアからも注目を集めている。店主の森岡督行氏に話を聞き、その秘密に迫った。
 
ファッション好きにとって、自分の美意識に合ったスーツやジャケットを誂えるのは、究極の楽しみといえるだろう。そもそも服は、社会に対し自らを表現するうえで重要なアイテムだからだ。車がライフスタイルアイテムとして捉えられるようになった昨今、車にも同様のことを求める人が多いのではないか。そこで今回は、広告や雑誌で活躍し、車好きでもあるファッションディレクターの森岡弘氏に、自らの感性や価値観に合った1台を仕上げることの魅力について語ってもらった。
 
スニーカーに革靴の要素を取り入れたユニークなカスタマイズがSNSで話題となり、国内外から注文が殺到する東京・青山のスニーカー・カスタム・ショップ「RECOUTURE(リクチュール)」。オリジナルのフォルムはそのままに、パーツの素材を変えるというカスタマイズの手法はいかにして生まれたのか。人気の理由に迫る。
 
日本を代表するセレクトショップ「BEAMS」において長年バイイングに携わり、現在はドレス部門の統括ディレクターとして活躍する吉田周平氏。本物を知り尽くした氏の愛用品とは、どのようなアイテムなのだろうか? その理由から、モノ選びのヒントをひも解く。
 
富士スピードウェイをはじめとする世界有数のサーキットで走りを鍛え上げられ、サーキット走行から日常でのドライブまでシームレスにこなす性能を備えた、レクサスのハイパフォーマンスモデル F 。同シリーズの最新モデル、新型レクサス「RC F」を、モータージャーナリストの島下泰久氏が富士スピードウェイで試乗。その真価に迫った。
 
「LEXUS DESIGN AWARD」の初代受賞者であるデザイン・エンジニアの吉本英樹氏。その受賞作品である「INAHO」が2018年にレクサスから販売されるようになっただけでなく、世界の名だたるブランドとコラボレーションするなど活動の地平を広げている。INAHOを作るきっかけとなったLEXUS DESIGN AWARDへの想いなど、世界を舞台に活躍する吉本氏に話を聞いた。
 
滋賀県大津市内の商店街に点在する町家をリノベーションしたホテル「商店街ホテル 講 大津百町」。宿泊することで町を活性化させる、ステイファンディングというこれまでにない試みに取り組んでいる。その仕組みや根底にある想いに迫った。
 
ノンフィクション作家であり、美術評論家でもある野地秩嘉氏が、車で訪れたい美術館を全国から厳選して紹介する連載「車でしか行けない美術館」。第13回は、目前に運河、遠くには立山連峰を望む絶景のロケーションにあり、20世紀美術とポスターのコレクションで人気の富山県美術館を訪ねた。
 
自然の植物から抽出した色だけで染め上げる「染司よしおか」。その色彩は、化学染料にはない絶妙なニュアンスを醸し、ハッとするほど鮮やかだ。古代から伝わる染色法とはどのようなものなのか? 京都の工房を訪ね、5代目当主・吉岡幸雄氏に話を聞いた。
 
さまざまな世界で活躍するミレニアルズに注目し、彼らがどんな人や物事に影響を受け、何からインスピレーションを得ているのかを探る連載企画。今回は、10代の頃から才気を発揮してきた詩人・文月悠光氏に話を聞いた。
 
ホテル、児童施設、農業、人材育成……。民間企業でありながら、完全地域主導のプロジェクトを多数手掛ける「ヤマガタデザイン」。多岐にわたる活動の全容と、その原動力に迫る。
 
「熱海後楽園ホテル」が2019年3月、「ATAMI BAY RESORT KORAKUEN」としてリニューアルオープンした。日帰りでも楽しめるスパを新設し、生まれ変わったこの複合型リゾートを、レクサス「NX300 F SPORT」で訪れた。
 
日本を代表するアウトドアブランドのひとつ「スノーピーク」。“野遊びのある生き方”を発信し続ける彼らはいま、地方創生に関わる取り組みにおいても一目置かれる存在だ。本記事では、彼らが四国最南端の地にオープンさせたキャンプ場を通して、スノーピーク流「地方創生」に迫る。
 
D2C(ディー・トゥ・シー)という言葉を、あなたはご存じだろうか。もともとはマーケティング業界の専門用語だったが、今では若き起業家たちにとって、「新しいモノ作り」を象徴するキーワードとなっている。
 
米国アカデミー賞公認 アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2019」が5月29日に開幕した。今回はLexus Internationalの沖野和雄氏と、SSFF&ASIAのオーガナイザーを務める別所哲也氏の2人に、レクサスが追求する「CRAFTED」の精神について話を聞いた。
 
日本国内のみならず、ニューヨークやロンドンをはじめ海外でも数多くのインテリアデザインを手がけてきた、Wonderwall代表の片山正通氏。空間によるコミュニケーションを通して、任意のコンセプトを伝える力の源泉について聞いた。
 
高級時計のデザインでは、この10年あまり「クラシックへの回帰」が最大のトレンドだ。毎年、過去の名作を忠実に復刻したモデルが登場し、人気を博している。しかし、2019年1月、このトレンドに真正面から挑戦する新作が登場した。名門オーデマ ピゲの26年ぶりとなる新コレクションだ。
 
さまざまな世界で活躍するミレニアルズに注目し、彼らがどんな人や物事に影響を受け、何からインスピレーションを得ているのかを探る連載企画。今回は、若くして世界に認められる写真家、水谷吉法氏にインタビューした。
 
イギリスを代表する芸術劇場「ナショナル・シアター」が、耳の不自由な観客のために字幕表示のできる「スマートキャプショングラス」の提供を開始すると発表した。ストーリー展開に合わせて字幕を瞬時に表示してくれるこのスマートグラスをかければ、目の前で繰り広げられるパフォーマンスをリアルタイムで楽しむことができる。
 
それぞれのフィールドにおいて活躍する第一人者にインタビューし、彼らのクリエイティビティの源泉を明らかにしていく連載企画「Source of Creativity」。今回は、「SUPPOSE DESIGN OFFICE」の共同代表を務める建築家、谷尻 誠氏に話を聞いた。
 
ノンフィクション作家であり、美術評論家でもある野地秩嘉氏が、車で訪れたい美術館を全国から厳選して紹介する連載「車でしか行けない美術館」。第9回は、世界初の写実絵画専門美術館として2010年にオープンした「ホキ美術館」を訪れた。
 
西陣岡本は京都で100年以上、美しい西陣織を追求し続けてきた。特に金襴(きんらん)は、織り込まれる金糸の放つ艶やかさが際立つ。彼らが新たに展開するのは、オリジナルデザインで織る金襴生地。海外からも注目を集める、オートクチュール西陣織の魅力に迫る。
 
インターネット販売の拡充と電子書籍の普及により、街の書店が次々と姿を消している。そんななか、入場料を払って入店するという今までにない新業態の書店として注目を集めているのが、2018年12月にオープンした「文喫」だ。立ち上げの背景にある想い、空間演出へのこだわりから、本と書店の未来を考える。
 
音楽や動画配信をはじめ、あらゆる分野で急速に普及するサブスクリプションサービス。なかでも家具の定額制というこれまでにないジャンルのサブスクリプションで注目を集めるのが、家具関係のベンチャー「カマルクジャパン」だ。家具との新しい付き合い方を提案するサービス「サブスクライフ」について、代表の町野健氏に聞いた。
 
深刻な人手不足に悩む建設業界。この問題を根本から解決するための試みが、いま建設現場に革命を起こしている。「スマートコンストラクション」と呼ばれるICTを活用したソリューションサービスだ。本記事では、世界的建設機械メーカー、コマツの取り組みからその可能性を明らかにする。
 
旅行の価値は、使ったお金の額ではなく、いかに特別な体験をなし得たかによって決まる。そう考えるミレニアル世代の台頭とともに人気拡大中なのが、バケーションと冒険をマッシュアップした新しい旅のカタチ、アドベンチャーツーリズムだ。
 
昨今、マーケティングの世界で大きな注目を集めている「ファンマーケティング」。しかし、企業がビジネスチャンスと考えるファンマーケティングと、ファンビジネスの現実には齟齬があるのではないか、とする筆者が、ファンマーケティングの本質について考察する。
 
フランス発のエクストリームスポーツ「パルクール」が、にわかに熱を帯びている。今年6月には国内最大規模の専用スペースがオープンするなど、いま10代〜20代を中心に注目を集めるスポーツの最前線をお届けする。
 
洋食とペアリングするための日本酒をプロデュースし、2018年夏には東京・三軒茶屋に醸造所を併設したタパスバーをオープンするなど、ユニークな視点で新しい挑戦を続ける酒造メーカー「WAKAZE」。彼らのものづくりの姿勢に迫る。
 
シリコンバレーで誕生した、一つで人間が生きるのに必要な栄養素を全て摂取できるという“完全食”。健康志向が高まる昨今、日本で新たに開発を手がけた一人の人物が語った、完全食がもたらす、今と未来。
 
10月11日、台湾の人気ソフトクリーム店「蜷尾家/NINAO」が日本に初上陸した。グローバル1号店の地として選ばれたのは三軒茶屋というローカルタウン。行列が絶えないと言われる人気店の「味」、そして出店の真意を探るべく、すでに行列店となっていたショップに仕掛け人の李豫(Yu Lee)氏を訪ねた。
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login