show episodes
 
Loading …
show series
 
Vol.1 – 1980年代のデザイン業界 再生時間:10分38秒/配信日:2008.4.30 1980年代のデザイン業界 ミリ単位の描画力 基礎技術がなければ、デザイナーになれない時代 道具を大切にする心 昔の手作業をシュミレーションするアプリケーションソフトウェア Adobe InDesignで編集デザインの理論を学ぶ Vol.2 – なぜ、その機能が搭載されているのか? 再生時間:9分06秒/配信日:2008.5.1 アプリケーションソフトの基本操作だけではなく、デザインの理論も教える なぜ、その機能が搭載されているのか? 理論で考える アプリケーションソフトに使われないように 表現を可能にするための機能がなくても、応用力で制限を超える とにかく「質問」せよ 質問しやすい学習空間を演出…
 
9月30日(日)「デザインの未来 Vol.47 – クリエーターズ・インタビュー/造形作家の竹谷隆之さん」21:58/MP3 Facebook – デザインの未来 参考: 東京都現代美術館「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」 2012年9月30日(日)境祐司 による
 
10月31日(月)「デザインの未来 Vol.45 – スティーブ・ジョブズとデジタルデザインの幕開け(1)」9:18/MP3 Facebook – デザインの未来 2011年10月31日(月)境祐司 による
 
十一月酉の日の午前零時に打ち鳴らされる「一番太鼓」を合図に始まり、終日お祭が執り行われます。十一月に酉の日が二回ある時は二の酉、三回は三の酉といわれます。 酉の市(酉の祭)は、鷲神社御祭神の御神慮を伺い、御神恩に感謝して、来る年の開運、授福、殖産、除災、商売繁盛をお祈りするお祭です。 社号も昔は鷲大明神社と称していました。元来鷲大明神社の「大」は敬意、「明神」は神を奉る号です。「東都歳時記」には、酉の日・酉の祭、下谷田甫鷲大明神社当社の賑へることは、今天保壬辰(1832)より凡そ六十余年以前よりの事、とあり、宝暦・明和年間(1750~60)にはすでに酉の祭は相当な賑わいで、それ以前から年中行事として行われていたことがわかります。…
 
江戸三大祭りの一つに数えられている三社祭は、江戸随一の荒祭りとして浅草庶民の血を沸かせ、今では毎年100万人以上の観光客を集めています。 下町の情緒と担ぎ手の熱気が祭りの雰囲気を盛り上げ、江戸の華として日本全国に知られると同時に、最近は外国人も神輿担ぎに参加し、グローバルなお祭りとして人気が高まっています。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login