Cri Japanese 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
中国国際放送局(CRI)の日本人向け中国語講座です。2016年4月にスタートしたこの講座では、「日本で中国人と出会ったときに使える中国語会話」をテーマに学びます。基礎編から始まるので、初心者の方も安心してお聴きいただけます。
 
「あっ、これは日本にもある!」、「これはちょっと言い方が違うけど…」日本人にも親しまれる中国の著作や、歴史上の人物、四字熟語などなど、東洋人の思想の源流となる中国の古典から、内容を厳選。正直言って、古典があまりわからない中国人女性と日本人女性の2人が熱くトークします。
 
いままでにない新しい中国語講座。 日本を訪れる中国人、日本に留学する中国人が多くなり、気がついたら隣に中国人がいる、お客さんとして突然中国人がやって来たという場面も増えてきたのでは、ないでしょうか。日本人が中国に行って使う中国語から、日本に来た中国人をおもてなす目線でおとどけします。、発音記号や文法は最低限にとどめ、講座というよりも番組として楽しんでもらえれば、と思います。
 
中国映画の最新情報を日本語で発信中!新作トレーラーと共にお楽しみいただけます。新作の見所、キャストやスタッフの情報もたった5分でGET!ナビゲーターは閔亦氷(ミン・イヒョウ)アナ。中国映画ファンならぜひお見逃しなく!
 
ようこそ、テツヤの部屋へ!公私共に中日交流で活躍中の大先輩・山下哲弥さんとホノボノ系アナウンサー・閔亦氷(ミン・イヒョウ)くんがお送りする「しゃべり放題」トーク番組。中国の政治・経済・文化・社会など気になる話題を徹底的にCHECK!時には、プライベート・トークにも花を咲かせますよ。「テツさん×ミンくん」の異色コンビにご注目ください。
 
Loading …
show series
 
新コーナー「人物伝」では、中国女子バレーボールのエース・朱婷選手についてご紹介します。「ラジオ観察眼」は「騎馬武者の“力強さ”が日本の防衛をどこへ導くと言うのか」と題した論説をお届けします。
 
「旬な話題」は北京で今年最大規模の降雨発生、月の旅行から戻った「宇宙稲」を収穫、との2本の話題をご紹介します。「スペシャルバスケット」は東京にいるウイグル族青年が語る「新疆は良いところ」をお届けします。
 
静岡県熱海市で起きた土石流で被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。現在なお20人以上が安否不明と聞いていますが、無事に救助されることと被災地のいち早い復旧を心からお祈りしております。今週の番組のメニューです。▼中国の宇宙飛行士、13年ぶりの船外活動▼中国駐名古屋総領事館、ピンポン外交50周年を記念してオンライン発表会
 
今年は名古屋とゆかりのある「ピンポン外交」から50周年となる年です。7月5日に中国駐名古屋総領事館がオンラインで記念行事を行い、同総領事館館員の岳倩さんと日本人ミュージシャンの秋山岳久が手がけたオリジナル記念ソング「ピンポンからの友情」を発表しました。さわやかで聞きやすい歌です。若き外交官が「人生初体験」となる作詞、作曲に込めた思いは?
 
前半は「スペシャルバスケット」で、東京オリンピックの開催まで1か月を切った中、先日、中日両国の歌手やアーティストが参加するコンサートがオンラインで配信されました。その中から、主催者による松山バレエ団の森下洋子さん、清水哲太郎さんのインタビューを抜粋してお届けします。後半は【CRIインタビュー】、「中国共産党創立100年、時代に合わせた進化こそが生命力の源」と題して、西園寺一晃さんへのインタビューをご紹介します。
 
黄河の南岸に沿って広がるクブチ砂漠では、近年、黄河の洪水対策と砂漠の生態修復の両立をはかる試みが始まり、着実に成果を上げています。内蒙古自治区オルドス市に位置する杭錦(ハンギン)旗には、黄河が約249キロにわたって旗内を流れ、その中の約200キロとほぼ平行するように、クブチ砂漠が横たわっています。その広さは全旗面積の約4割も占めています。 冬に凍結する黄河は、春には雪解けとともに上流から流れ込む流氷の被害、夏には集中的な雨による洪水予防が毎年の重点課題です。中でも、120日間も続く冬の洪水対策期間では、約14.4億立方メートル相当の水が杭錦旗内にとどまることになります。
 
今年7月1日に中国共産党は創立100周年を迎えます。これまでの100年間、国内情勢にも世界情勢にも大きな変化がありましたが、中国共産党は政権政党としてのバイタリティを力強く維持しています。東日本国際大学の西園寺一晃客員教授(79歳)はこのほど、CRIのインタビューに対して、「時代に合わせた進化こそが中国共産党の生命力の源泉だ」と示しました。
 
「旬な話題」は宇宙に3カ月滞在する中国の宇宙飛行士3人の「天和」での生活にフォーカスします。続いて、シリーズマイクリポート「クブチ砂漠を行く」の4回目、砂漠の中での水遊びについてご紹介します。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login