World Series 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
政治、経済、事件、スポーツ、文化、そして風俗。戦後を彩ってきたあらゆる出来事を再取材して、隠されていた事実を発掘し、現代から新たな光を当てることで、戦後を「開封」します。 産経新聞に過去に連載された記事などを再構成して音声化しました。 ■産経Podacstの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》
 
Loading …
show series
 
元総理大臣の田中角栄が亡くなってから30年近くがたちます。裸一貫から権力のトップに登り詰めた「今太閤(いまたいこう)」。行動力と知識がある「コンピューター付きブルドーザー」。そして総理辞任後にロッキード事件で逮捕されても政界を牛耳った「目白の闇将軍」…。さまざまなあだ名がありました。その人間性の端々(はしばし)から、一つの戦後が浮かび上がってきます。 産経新聞に過去に連載された「戦後史開封」などを再構成してお届けします。案内役は、落語家の三遊亭楽八さんです See omnystudio.com/listener for privacy information.産経Podcast による
 
元総理大臣の田中角栄が亡くなってから30年近くがたちます。裸一貫から権力のトップに登り詰めた「今太閤(いまたいこう)」。行動力と知識がある「コンピューター付きブルドーザー」。そして総理辞任後にロッキード事件で逮捕されても政界を牛耳った「目白の闇将軍」…。さまざまなあだ名がありました。その人間性の端々(はしばし)から、一つの戦後が浮かび上がってきます。 産経新聞に過去に連載された「戦後史開封」などを再構成してお届けします。案内役は、落語家の三遊亭楽八さんです See omnystudio.com/listener for privacy information.産経Podcast による
 
元総理大臣の田中角栄が亡くなってから30年近くがたちます。裸一貫から権力のトップに登り詰めた「今太閤(いまたいこう)」。行動力と知識がある「コンピューター付きブルドーザー」。そして総理辞任後にロッキード事件で逮捕されても政界を牛耳った「目白の闇将軍」…。さまざまなあだ名がありました。その人間性の端々(はしばし)から、一つの戦後が浮かび上がってきます。 産経新聞に過去に連載された「戦後史開封」などを再構成してお届けします。案内役は、落語家の三遊亭楽八さんです ※産経ニュースでは本作品を全話お聴きいただけます。 こちらからお聴きください See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
昭和58年から59年にかけてNHK連続テレビ小説として放送された「おしん」は、明治時代に山形の貧しい家に生まれた一人の少女が苦労にめげずに生きていく姿を描き、爆発的な人気を呼びました。 「おしん横綱」や「おしん宰相」という言葉を生み、「我慢の哲学」は海外にまで輸出されました。日本人がおしんに投影させて見つめようとしたものは何だったのでしょうか。 産経新聞に過去に連載された「戦後史開封」を再構成してお届けします。ナレーションは、朝ドラ出演経験があり、脳出血から復帰した俳優・河合美智子さんです。 See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
昭和58年から59年にかけてNHK連続テレビ小説として放送された「おしん」は、明治時代に山形の貧しい家に生まれた一人の少女が苦労にめげずに生きていく姿を描き、爆発的な人気を呼びました。 「おしん横綱」や「おしん宰相」という言葉を生み、「我慢の哲学」は海外にまで輸出されました。日本人がおしんに投影させて見つめようとしたものは何だったのでしょうか。 産経新聞に過去に連載された「戦後史開封」を再構成してお届けします。ナレーションは、朝ドラ出演経験があり、脳出血から復帰した俳優・河合美智子さんです。 See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
昭和58年から59年にかけてNHK連続テレビ小説として放送された「おしん」は、明治時代に山形の貧しい家に生まれた一人の少女が苦労にめげずに生きていく姿を描き、爆発的な人気を呼びました。 「おしん横綱」や「おしん宰相」という言葉を生み、「我慢の哲学」は海外にまで輸出されました。日本人がおしんに投影させて見つめようとしたものは何だったのでしょうか。 産経新聞に過去に連載された「戦後史開封」を再構成してお届けします。ナレーションは、朝ドラ出演経験があり、脳出血から復帰した俳優・河合美智子さんです。 See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 第1話「チキンラーメン誕生」 第2話「サッポロ一番の秘密」 第3話「あさま山荘事件とカップヌードル」 第4話「うまかっちゃん、九州殴り込み」 第5話「マルちゃん正麺の逆襲」 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちら…
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 第1話「チキンラーメン誕生」 第2話「サッポロ一番の秘密」 第3話「あさま山荘事件とカップヌードル」 第4話「うまかっちゃん、九州殴り込み」 第5話「マルちゃん正麺の逆襲」 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちら…
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 第1話「チキンラーメン誕生」 第2話「サッポロ一番の秘密」 第3話「あさま山荘事件とカップヌードル」 第4話「うまかっちゃん、九州殴り込み」 第5話「マルちゃん正麺の逆襲」 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちら…
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 第1話「チキンラーメン誕生」 第2話「サッポロ一番の秘密」 第3話「あさま山荘事件とカップヌードル」 第4話「うまかっちゃん、九州殴り込み」 第5話「マルちゃん正麺の逆襲」 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちら…
 
日本が生んだ革新的食品、インスタントラーメンの進化について、産経新聞に過去に連載された「戦後史開封 即席ラーメン」など過去の記事を基に、最近の情報を加えて全5話の音声コンテンツでお届けします(登場人物の肩書などは取材当時のものです)。 登場人物のセリフをLUNA SEAのドラマー真矢さんが担当します。 第1話「チキンラーメン誕生」 第2話「サッポロ一番の秘密」 第3話「あさま山荘事件とカップヌードル」 第4話「うまかっちゃん、九州殴り込み」 第5話「マルちゃん正麺の逆襲」 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちら…
 
期間限定 公開中 「夢の超特急」といわれた東海道新幹線が昭和39年10月1日に東京―新大阪間で開業してから、今年、令和4年で58年を迎えます。  東京五輪直前に開業した新幹線が高度経済成長に果たした役割は計りしれませんが、アイボリーホワイトとブルーの車体には、政治的課題を諦めずに解決しようとした経営陣や、最先端技術の開発に挑んだ鉄道マンたちの夢が満載されていました。ただ開業式典には、国鉄総裁として開業に尽力した十河(そごう)信二の姿はありませんでした。  案内役は落語家の三遊亭楽八さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! …
 
先の大戦が終わると、海外には多くの日本人が残されました。京都府の舞鶴港で息子の端野新二さんの帰りを待ち続ける母、いせさんは、ヒット曲「岸壁の母」のモデルになりました。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 See omnystudio.com/listener for privacy information.産経Podcast による
 
東京・上野動物園で誕生した双子のジャイアントパンダ、シャオシャオとレイレイが来年(令和4年)1月12日から一般公開されます。上野動物園で誕生したパンダは7頭目で、双子は初めてです。  中国から日本に初めてパンダがやって来たのは、50年近く前の昭和47年。日中国交正常化の記念として贈られ、たちまち日本中にブームを巻き起こしました。  飼育関係者の努力もあって、愛くるしいパンダは日本人に愛され続けています。一方で、中国側には外交的思惑もあります。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 See omnystu…
 
中国の文化大革命のさなかの1967(昭和42)年、産経新聞の北京支局長だった柴田穂(みのる)記者が突然、国外退去処分となりました。柴田記者は文革を丹念に取材していたため、中国当局には都合が悪かったのです。 柴田記者は平成4年に亡くなりましたが、帰国後に出した著書「報道されなかった北京―私は追放された」などを再構成して、改めて「新聞の自由」について考えます。 柴田記者役は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の2代目ナレーターとしても知られる木村匡也さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
新型コロナウイルスの感染が広がり始めたころ、「トイレットペーパーがなくなる」というデマが流れ、品薄になる事態が起きましたが、半世紀近く前にはもっと大きな買い占め騒動がありました。 昭和48年の秋、第4次中東戦争をきっかけに日本を石油危機が襲いました。ガソリンや灯油など石油製品の値段が上がっただけでなく、石油と直接関係ないトイレットペーパーや洗剤が店頭から消えたのです。 デマの発信源はどこだったのか―。産経新聞に連載された「戦後史開封」を基に音声でお届けします。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
昭和34年1月に南極に到着した第3次観測隊のメンバーは喜びの声を上げました。11カ月前に置き去りにしてしまった犬15匹のうち、タロとジロの兄弟が生きていたのです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 See omnystudio.com/listener for privacy information.産経Podcast による
 
期間限定 公開中 「夢の超特急」といわれた東海道新幹線が昭和39年10月1日に東京―新大阪間で開業してから、今年、令和4年で58年を迎えます。  東京五輪直前に開業した新幹線が高度経済成長に果たした役割は計りしれませんが、アイボリーホワイトとブルーの車体には、政治的課題を諦めずに解決しようとした経営陣や、最先端技術の開発に挑んだ鉄道マンたちの夢が満載されていました。ただ開業式典には、国鉄総裁として開業に尽力した十河(そごう)信二の姿はありませんでした。  案内役は落語家の三遊亭楽八さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! …
 
期間限定 公開中 「夢の超特急」といわれた東海道新幹線が昭和39年10月1日に東京―新大阪間で開業してから、今年、令和4年で58年を迎えます。  東京五輪直前に開業した新幹線が高度経済成長に果たした役割は計りしれませんが、アイボリーホワイトとブルーの車体には、政治的課題を諦めずに解決しようとした経営陣や、最先端技術の開発に挑んだ鉄道マンたちの夢が満載されていました。ただ開業式典には、国鉄総裁として開業に尽力した十河(そごう)信二の姿はありませんでした。  案内役は落語家の三遊亭楽八さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! …
 
先の大戦が終わると、海外には多くの日本人が残されました。京都府の舞鶴港で息子の端野新二さんの帰りを待ち続ける母、いせさんは、ヒット曲「岸壁の母」のモデルになりました。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 See omnystudio.com/listener for privacy information.産経Podcast による
 
先の大戦が終わると、海外には多くの日本人が残されました。京都府の舞鶴港で息子の端野新二さんの帰りを待ち続ける母、いせさんは、ヒット曲「岸壁の母」のモデルになりました。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 See omnystudio.com/listener for privacy information.産経Podcast による
 
期間限定 公開中 東京・上野動物園で誕生した双子のジャイアントパンダ、シャオシャオとレイレイが来年(令和4年)1月12日から一般公開されます。上野動物園で誕生したパンダは7頭目で、双子は初めてです。  中国から日本に初めてパンダがやって来たのは、50年近く前の昭和47年。日中国交正常化の記念として贈られ、たちまち日本中にブームを巻き起こしました。  飼育関係者の努力もあって、愛くるしいパンダは日本人に愛され続けています。一方で、中国側には外交的思惑もあります。 ■産経Podacstの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
期間限定 公開中 東京・上野動物園で誕生した双子のジャイアントパンダ、シャオシャオとレイレイが来年(令和4年)1月12日から一般公開されます。上野動物園で誕生したパンダは7頭目で、双子は初めてです。  中国から日本に初めてパンダがやって来たのは、50年近く前の昭和47年。日中国交正常化の記念として贈られ、たちまち日本中にブームを巻き起こしました。  飼育関係者の努力もあって、愛くるしいパンダは日本人に愛され続けています。一方で、中国側には外交的思惑もあります。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
中国の文化大革命のさなかの1967(昭和42)年、産経新聞の北京支局長だった柴田穂(みのる)記者が突然、国外退去処分となりました。柴田記者は文革を丹念に取材していたため、中国当局には都合が悪かったのです。 柴田記者は平成4年に亡くなりましたが、帰国後に出した著書「報道されなかった北京―私は追放された」などを再構成して、改めて「新聞の自由」について考えます。 柴田記者役は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の2代目ナレーターとしても知られる木村匡也さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
中国の文化大革命のさなかの1967(昭和42)年、産経新聞の北京支局長だった柴田穂(みのる)記者が突然、国外退去処分となりました。柴田記者は文革を丹念に取材していたため、中国当局には都合が悪かったのです。 柴田記者は平成4年に亡くなりましたが、帰国後に出した著書「報道されなかった北京―私は追放された」などを再構成して、改めて「新聞の自由」について考えます。 柴田記者役は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の2代目ナレーターとしても知られる木村匡也さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
中国の文化大革命のさなかの1967(昭和42)年、産経新聞の北京支局長だった柴田穂(みのる)記者が突然、国外退去処分となりました。柴田記者は文革を丹念に取材していたため、中国当局には都合が悪かったのです。 柴田記者は平成4年に亡くなりましたが、帰国後に出した著書「報道されなかった北京―私は追放された」などを再構成して、改めて「新聞の自由」について考えます。 柴田記者役は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の2代目ナレーターとしても知られる木村匡也さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
中国の文化大革命のさなかの1967(昭和42)年、産経新聞の北京支局長だった柴田穂(みのる)記者が突然、国外退去処分となりました。柴田記者は文革を丹念に取材していたため、中国当局には都合が悪かったのです。 柴田記者は平成4年に亡くなりましたが、帰国後に出した著書「報道されなかった北京―私は追放された」などを再構成して、改めて「新聞の自由」について考えます。 柴田記者役は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の2代目ナレーターとしても知られる木村匡也さんです。 ■産経Podcastの全コンテンツは「産経ニュース」でお聴きいただけます。 ※産経ID会員登録(無料)が必要です。 ■「産経iD」へのご登録で本シリーズを含む様々なオリジナル音声コンテンツが聴き放題! 《お申し込みはこちらから》 Se…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login