Vol 公開
[search 0]
×
最高の Vol ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 7月 2020)
最高の Vol ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 7月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。
 
Free textbook: https://newsystemjapanese.wixsite.com/patented/textbooks Podcast Vol. 1 "New System Japanese" is the patented Japanese learning method.(PDF/e-book) Only with "New System Japanese" you can enjoy and master basic Japanese in such a short time. "New System Japanese" 「ニュー・システムによる日本語」 は特許取得の日本語学習法で、従来の方法の3~5倍の速さで日本語の基礎がマスターできます。(テキスト)
 
Loading …
show series
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、 あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、 そのお仕事の実態やeスポーツのこれからについて伺ってきました。 最終日の今日は、新型コロナウィルスがプロゲーマーに与えた影響と、この先の見通しを伺います。 今日のテーマは「プロゲーマーにとってのウィズコロナと、アフターコロナ」。 最後には、プロゲーマーを目指す若い世代へのコメントもいただきました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 20…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、そのお仕事の実態や、どうしたらプロゲーマーになれるのか、そしてeスポーツのこれからについて伺っています。 今日のテーマは、プロゲーマーの選手寿命について。 そして、eスポーツについて、河村さんの考えを伺いました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 2018年12月より日本のゲーミングチーム「忍ismGaming」へ加入。 スマッシュブラザー…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 「eスポーツ」という言葉が広く知られるようになり、いまや、子どもたちが憧れる職業の一つとなったプロゲーマー。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、そのお仕事の実態、どうしたらプロゲーマーになれるのかそしてeスポーツのこれからについて伺っています。 2日目の今日は、気になるプロゲーマーの収入や、日々の練習についてお伺いしました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 2018年12…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、プロとしての仕事の実態、どうしたらプロゲーマーになれるのかそしてeスポーツのこれからについて伺っていきます。 1日目の今日は、河村さんがプロゲーマーになるまでの過程をお伺いしました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 2018年12月より日本のゲーミングチーム「忍ismGaming」へ加入。 スマッシュブラザーズ界では国内外問わず圧倒的な知…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 現在の指定避難所では多くの避難者が密集すると考えられ、各自治体では、在宅避難や、知人宅などに 『分散避難』することを勧めています。 ただ、こうした場所が危険と判断した場合は、ためらわず指定避難所に移動して下さい。 そこで今回は、指定避難所での感染症対策について伺っていきます。 未来授業4時間目。 テーマは「…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 山村武彦さんは、避難所での感染リスクを避けるため、在宅避難や、知人宅、テントや車中泊などへ『分散避難』することを呼びかけています。 未来授業、3時間目。 テーマは「車中泊専用の、避難所開設」 ●山村武彦(やまむら・たけひこ) 防災・危機管理アドバイザー。 防災システム研究所 所長。 新潟地震(1964年)で…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 山村武彦さんは、 「今までは避難勧告=避難所への避難でしたが、安全が確保された家であれば、原則は在宅避難を考えるべき」 とアドバイスしています。 そこで、在宅避難をするために、事前に準備できることを聞きました。 未来授業、2時間目。 テーマは「1泊2日の、在宅避難生活訓練」 ●山村武彦(やまむら・たけひこ)…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 そこで今週は、災害時のコロナ対策について伺います。 未来授業。1時間目。 テーマは「分散避難を考える」 ●山村武彦(やまむら・たけひこ) 防災・危機管理アドバイザー。 防災システム研究所 所長。 新潟地震(1964年)でのボランテ ィア活動を契機に、同年、防災・危機管理のシンクタンク 「防災システム研究所」…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 最終日の今日は、お二人が若い世代に伝えたいことをお話頂きました。 未来授業4時間目、テーマは・・・、「自分の心の中にある声を聴こう」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。 2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』が大ヒットに。 その後もコンスタントにリリースとラ…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 当たり前だった日常が突如奪われ、混沌としつつも様々な想いや発見があった2020年、春。 もともと予定していたコンサートが延期となるなど直太朗さん自身、音楽活動の先行きは見通せていません。 そんな中生まれたのが、森山直太朗さんの新曲「最悪な春」。 この曲を歌うことで、肩に入っていた力が開放されたと直太朗さんは話します。 未来授業3時間目、テーマは・・・、 「コロナ時代の、音楽ビジネス」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 20…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 新型コロナウイルス感染症により、当たり前だったはずの日常が突如奪われた2020年、春・・・ 二人は、自粛生活の中で、ある曲を作り上げました。 未来授業2時間目、テーマは・・・、 「最悪な、春」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。 2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 高校時代、サッカー部の先輩・後輩という間柄からスタートした二人。 最初に曲づくりをしたのは、「文化祭でリベンジを果たしたい」という御徒町さんの強い思いがきっかけだったといいます。 今も変わらない、二人の曲づくりの原動力とは。 未来授業1時間目、テーマは・・・、 「何もないところに、何かが生まれる」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。 200…
 
今週の講師は、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長の武藤真祐さん。 現役のドクターで、オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のサービスを提供をする起業家でもありますが、その活動の原点は「在宅医療」だったそうです。 東日本大震災の直後に、宮城県石巻市に在宅医療の拠点を作るなど、地域医療の課題に向き合うなか、その延長線上にあったのが、オンライン診療をはじめとした、テクノロジーを活用した医療でした。 未来授業4時間目。 最後は、IT、AI、5Gなど、これから加速度的に発展していく技術が、医療の分野に何をもたらすのか、武藤さんの考えを伺います。 テーマは、 「手術すらいらない医療」 ◆武藤真祐(むとう・しんすけ) 株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長 東大病院…
 
今週の講師は、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長の武藤真佑さん。 東大病院など国内の病院勤務、宮内庁の侍医を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタントを経験。 2009年にインテグリティ・ヘルスケアを設立し、2015年ごろから、医療ITのサービス、また、オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のサービスを続けています。 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、特例的に規制緩和され、医療機関にも広がり始めたオンライン診療。 実はこれ、海外と比較すると、かなり遅れを取ったものなのだそうです。 これはなぜなのでしょうか。 未来授業3時間目。 テーマは、 「医療格差とオンライン診療」 ◆武藤真祐(むとう・しんすけ) 株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・…
 
今週の講師は、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長の武藤真祐さん。 東大病院など国内の病院勤務、宮内庁の侍医を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタントを経験。 2009年にインテグリティ・ヘルスケアを設立し、 2015年ごろから、医療ITのサービス、また、オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のサービスを続けています。 新型コロナウィルスの感染拡大で、オンライン診療が特例的に緩和され2ヶ月。 まだ対応している医療機関は限定的だと言いますが、それでも、メリットや課題が、浮き彫りになってきているといいます。 未来授業2時間目。 テーマは「オンライン診療の限界と可能性」 ◆武藤真祐(むとう・しんすけ) 株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長 …
 
今週の講師は、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長の武藤真祐さん。 東大病院など国内の病院勤務、宮内庁の侍医を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタントを経験。 2009年にインテグリティ・ヘルスケアを設立し、 2015年ごろから、医療ITのサービス、また、オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のサービスを続けています。 新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、特例的に緩和されたオンライン診療。 今週、政府の様々な諮問委員会でも、ITと医療をめぐる提言をしてきた武藤さんに、オンライン診療・遠隔医療の現在地とこれからを伺います。 未来授業1時間目。 まずはこの数ヶ月のオンライン診療をめぐる変化について伺います。 テーマは「新型コロナウィルスと、オンライン…
 
「未来授業」。 今週の講師は漫画家、星野ルネさんです。 星野さんはカメルーン生まれ、関西育ち。 自身の体験を綴ったコミックエッセイ「アフリカ少年が日本で育った結果」はシリーズ化され、人気を集めています。 グローバル化が進む中でも、わたしたちの国際的なコミュニケーションスキルは、決して豊かとは言えません。 言葉の壁や価値観を越えて、人と人がコミュニケーションを深めるために必要なこととは? 未来授業4時間目、 テーマは『 半歩(はんぽ)ゆずる 』 ◆星野ルネ 漫画家&タレント。 1984年カメルーン生まれ。 4歳の時に母の結婚に伴い来日し、兵庫県姫路市で育つ。 高校卒業後、兵庫県内で就職をしたが自分の生い立ちが人々の関心や共感を集めることを発見し、 2与歳で上京。 タレント活動の傍ら、ツイッター…
 
「未来授業」。 今週の講師は漫画家、星野ルネさんです。 星野さんはアフリカ・カメルーン生まれ、日本育ち。 カメルーン人の母、日本人の父の両親のもとで育ちました。 国際的な人の移動や交流が進む現代。 価値観や生活習慣の違いを受け止めて、コミュニケーションを深めるには、どうしたいいのでしょうか。 星野さんのコミックエッセイ「アフリカ少年が日本で育った結果」には、そのヒントが詰まっています。 未来授業3時間目、 テーマは『気持ちは言葉にしないとわからない』 ◆星野ルネ 漫画家&タレント。 1984年カメルーン生まれ。 4歳の時に母の結婚に伴い来日し、兵庫県姫路市で育つ。 高校卒業後、兵庫県内で就職をしたが自分の生い立ちが人々の関心や共感を集めることを発見し、 2与歳で上京。 タレント活動の傍ら、ツ…
 
「未来授業」。 今週の講師は漫画家、星野ルネさんです。 星野さんは1984年、アフリカのカメルーンで生まれ、4歳になる直前に、母の結婚に伴って来日。日本で育ちました。 コミックエッセイ「アフリカ少年が日本で育った結果」は、そんな星野さんの体験が詰まった人気シリーズです。 星野さんはカメルーン人の母と、日本人の父のもとで育ちました。いわゆる「国際結婚ファミリー」です。 家庭では、どんな教育を受けたんでしょうか。 未来授業2時間目、 テーマは『自分の戦い方で戦う』 ◆星野ルネ 漫画家&タレント。 1984年カメルーン生まれ。 4歳の時に母の結婚に伴い来日し、兵庫県姫路市で育つ。 高校卒業後、兵庫県内で就職をしたが自分の生い立ちが人々の関心や共感を集めることを発見し、 2与歳で上京。 タレント活動…
 
「未来授業」。 今週の講師は漫画家、星野ルネさんです。 星野さんは1984年、アフリカのカメルーンで生まれ、4歳になる直前に、母の結婚に伴って来日。 日本で育ちました。 「アフリカ少年が日本で育った結果」というシリーズは、「カメルーン生まれ、関西育ち」の星野さんが、自身の体験を綴った、笑って泣けるコミックエッセイです。 見た目や価値観、生活習慣の違いを越えて、互いを尊重するためには、どうしたらいいのか。 今週は、“日本で育ったアフリカ少年”星野ルネさんと一緒に、「多文化社会の歩き方」を考えていきます。 未来授業1時間目、テーマは『アフリカ少年、ニッポンへ』 ◆星野ルネ 漫画家&タレント。 1984年カメルーン生まれ。 4歳の時に母の結婚に伴い来日し、兵庫県姫路市で育つ。 高校卒業後、兵庫県内…
 
今週の講師は、ポータルサイト、「給料BANK」が話題のポータルサイタ―、山田コンペーさん。 「給料BANK」のコンセプトは「一億総かっこいい職業」。職業そのものを擬人化し、ロールプレイング・ゲーム風なイラストと共に紹介しています。 その「給料BANK」が、5月末、ブロックチェーン連動で、全ての職業に神が宿る、「ジョブトライブス」というカードバトルゲームとしてスタートすることになりました。 注目すべきは そのマネタイズの手法。 未来授業4時間目、 テーマは 『オンライ時代のマネタイズ』。 ◆山田コンペー(やまだ こんぺー) 北海学園大学法学部卒業。 AIR-G’(FM北海道)のレポーター、舞台俳優、ウェブデザイナーなどを経て、2014年より職業「ポータルサイター」を名乗り、ポータルサイト「給料…
 
今週の講師は、ポータルサイト、「給料BANK」が話題のポータルサイタ―、山田コンペーさん。 「一億総かっこいい職業」をコンセプトに職業そのものを擬人化し、ロールプレイング・ゲーム風なイラストと共に紹介しています。 「給料BANK」の中でも紹介しているたくさんの職業は、新型コロナウイルスの影響でその形を様々に変えていきます。 変化のキーワードはオンラインとテレワーク。     未来授業3時間目、 テーマは「オンライン時代の副業」 ◆山田コンペー(やまだ こんぺー) 北海学園大学法学部卒業。 AIR-G’(FM北海道)のレポーター、舞台俳優、ウェブデザイナーなどを経て、2014年より職業「ポータルサイター」を名乗り、ポータルサイト「給料BANK」の運営を開始。 現在は複数のポータルサイトを運営し…
 
今週の講師は、ポータルサイタ―の山田コンペーさん。 2014年にポータルサイト「給料BANK」の運営を開始し、サイトから生まれた著書『日本の給料&職業図鑑』シリーズは、累計40万部のベストセラーとなりました。 今、世界は新型コロナの影響で、その給料と働き方、スキルは大きく変わろうとしています。山田さんによると、そのトップ3の一つめは介護職・医療従事職。二つ目は営業職・MR・コンサル系。 そして三つ目は接客業。 未来授業2時間目、 テーマは『ウィズ・コロナで変貌する職業トップ3』! まずは介護福祉について。 ◆山田コンペー(やまだ こんぺー) 北海学園大学法学部卒業。 AIR-G’(FM北海道)のレポーター、舞台俳優、ウェブデザイナーなどを経て、2014年より職業「ポータルサイター」を名乗り、…
 
今週の講師は、ポータルサイタ―の山田コンペーさん。 2014年にスタートしたポータルサイト、「給料BANK」が話題となり、サイトから生まれた著書『日本の給料&職業図鑑』シリーズは、合計8冊、累計40万部のベストセラーになりました。 今、新型コロナの影響で、働き方は大きく変わろうとしています。 500以上もの職業を編纂してきた山田さんは この状況をどう捉えているのでしょうか。 未来授業1時間目、 テーマは「給料でみる、一億総かっこいい職業」 ◆山田コンペー(やまだ こんぺー) 北海学園大学法学部卒業。 AIR-G’(FM北海道)のレポーター、舞台俳優、ウェブデザイナーなどを経て、2014年より職業「ポータルサイター」を名乗り、ポータルサイト「給料BANK」の運営を開始。 現在は複数のポータルサ…
 
今週の講師は、経済学者で上武大学ビジネス情報学部の教授、田中秀臣さん。 緊急事態宣言が延長して、外出や営業の自粛も続いていくことで、私たちの暮らしは、苦しさを増しています。 そんな状況を打開するのは、「適切な経済対策を実行するしかない」と話す田中さん。 ところが、日本では、官僚主義による弊害が大きく、「財務省による緊縮病が大きなネックになっている」、と言います。 未来授業4時間目。 テーマは、「次世代へのエール」 ◆田中秀臣(たなかひでとみ) 武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。 『昭和恐慌の研究』(共著)で第47回日経・経済図書文化賞受賞。 「リフレ派」の論客として有名。 著書は『沈黙と抵抗』『不謹慎な経済学』『デフレ不況 日本銀行の大罪』『AKB48の経済学』『「復興増税」亡国論』など…
 
今週の講師は、経済学者でありながら「アイドル評論家」としても活動する、田中秀臣さん。 コロナショックによって一変した暮らし。 その変化は、ライフスタイルを越え、アイドルの世界にも、ビジネスの世界にも、訪れています。 未来授業3時間目。 今日のテーマは、「コロナショックとオンライン革命」。 ◆田中秀臣(たなかひでとみ) 武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。 『昭和恐慌の研究』(共著)で第47回日経・経済図書文化賞受賞。 「リフレ派」の論客として有名。 著書は『沈黙と抵抗』『不謹慎な経済学』『デフレ不況 日本銀行の大罪』『AKB48の経済学』『「復興増税」亡国論』など多数。TOKYO FM による
 
今週の講師は、経済学者で上武大学ビジネス情報学部の教授、田中秀臣さん。 まったく先の見えない時代において、もっとも大切なこと。 それは「柔軟性」だと田中さんは言います。 世界が大きく変わっていくなかで、ニッポンは、変わることができるのでしょうか。 未来授業2時間目。 テーマは、「トップリーダーの柔軟性」 ◆田中秀臣(たなかひでとみ) 武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。 『昭和恐慌の研究』(共著)で第47回日経・経済図書文化賞受賞。 「リフレ派」の論客として有名。 著書は『沈黙と抵抗』『不謹慎な経済学』『デフレ不況 日本銀行の大罪』『AKB48の経済学』『「復興増税」亡国論』など多数。TOKYO FM による
 
今週の講師は、経済学者で上武大学ビジネス情報学部の教授、田中秀臣さん。 緊急経済対策として給付される10万円について、田中さんは、「多くの人が、そのお金を貯蓄に回したとしても、なんの問題もない」と言います。 さらに、いつ終わるともわからない感染に備え、「これまでにない、大胆な給付金政策も必要になってくる」と提言します。 未来授業1時間目。 今日のテーマは、「毎週1万円」。 ◆田中秀臣(たなかひでとみ) 武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。 『昭和恐慌の研究』(共著)で第47回日経・経済図書文化賞受賞。 「リフレ派」の論客として有名。 著書は『沈黙と抵抗』『不謹慎な経済学』『デフレ不況 日本銀行の大罪』『AKB48の経済学』『「復興増税」亡国論』など多数。…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login