HURT RECORD 公開
[search 0]

Download the App!

show episodes
 
当サイトで制作している全てのオリジナル楽曲は、商用・非商用に関わらず無料でお使いいただけます。(ただし、商用利用の場合のみ、メールにてご連絡下さい。)BGM・効果音の使用にあたっては、必ず利用規約を御一読下さい。また、楽曲制作して下さるサウンドクリエイターの方を随時募集しております。(2016年04月 - 2017年06月 リリース分 / Part.1 - BGM 285曲 / Part.2 - BGM 290曲 / Part.3 - BGM 278曲 / Part.5 - BGM 264曲 / Part.6 - BGM 275曲 / Part.7 - 最新BGM配信中)
 
当サイトで制作している全てのオリジナル楽曲は、商用・非商用に関わらず無料でお使いいただけます。(ただし、商用利用の場合のみ、メールにてご連絡下さい。)BGM・効果音の使用にあたっては、必ず利用規約を御一読下さい。また、楽曲制作して下さるサウンドクリエイターの方を随時募集しております。(2013年03月 - 2014年10月 リリース分 / Part.1 - BGM 285曲 / Part.3 - BGM 278曲 / Part.4 - BGM 267曲 / Part.5 - BGM 264曲 / Part.6 - BGM 275曲 / Part.7 - 最新BGM配信中)
 
当サイトで制作している全てのオリジナル楽曲は、商用・非商用に関わらず無料でお使いいただけます。(ただし、商用利用の場合のみ、メールにてご連絡下さい。)BGM・効果音の使用にあたっては、必ず利用規約を御一読下さい。また、楽曲制作して下さるサウンドクリエイターの方を随時募集しております。(2014年11月 - 2016年03月 リリース分 / Part.1 - BGM 285曲 / Part.2 - BGM 290曲 / Part.4 - BGM 267曲 / Part.5 - BGM 264曲 / Part.6 - BGM 275曲 / Part.7 - 最新BGM配信中)
 
Loading …
show series
 
ロンドンとか霧が多い町とかでのミステリーを想像しました。少し近代的な臭いがするようにしてみました。変化は大きくないので、BGMとして使いやすいのではないかと思います。45秒ぐらいから、ウォーキングベースが入ってきて多少動きはあります。1分まで続きそのあとは、少し変化を加えたループです。もぐ による
 
たぶん証明終了…みたいなニュアンスを出したかったんですけどなんともアクロバティックというか文法的にどうなんだっていう感じといいますかそもそもQ.E.D.自体が英語でもないしっていうところでふんわりと良しとしておこうかっていうのが本題です。あ、タイトルの話です。曲の方はというと一言で表すのならクールにキメたい探偵男子が若干不安視してるところに引きずられつつも時には力強く時にはおちゃらけた感じで謎を解き明かしてゆくも最終的には「たぶん証明終了…」とわななきながらも小さく呟く系の『迷宮入り』BGMになっています。そう『迷宮入り』なんです。謎は解けないままなんです。『迷宮入り』なんですね。ただみなさんにはチャンスがあります。なぜなら彼が解き明かせなかった謎を解決するためのヒントは目の前に残されている…
 
ミステリーといえば未解決事件。迷宮入りとも言いますね。それを音楽で表現してみました。どこもかしこも迷宮入りな感じの曲ですが、一番迷宮入りだと思う部分は終わり方ですね。聴いての通り未解決な感じです。そしてこの文章も未解決です。藤縄 和彦 による
 
浮世には、あちこちに別の世界への入り口があるといいます。ひたすらまっすぐ伸びる道の先は あの世につながっていると言ったり昼と夜の境目となる夕暮れ時は 逢う魔が時と呼ばれ現と夢幻の世界が混ざり合う時間と言われています。今いるこの世界は 本当に自分たちのよく知る世界なのでしょうか。それとも細部までよく似せた 別の世界なのでしょうか。それを確かめる術は どこにあるのでしょうか。謎というのは何も 遠い場所や得難い場所にあるのではありません。真夏の夜の、日付の変わり目という在り来たりの出来事でさえ常識の範疇にない謎が含まれていることでしょう。おメガネ による
 
現場の遺留品から1人の男が捜査線上に浮かんだ。近くに住む会社員A。聞き込みでは近所の評判もすこぶる良く、特に変わったこともない。しかし引っかかる。何かが引っかかる。彼はホシだ!。奴の行動から目を離すな!。真相は必ずや暴いてみせる。・・・・・・とよくある話ですが。衛門幸志 による
 
ミステリーということで謎解きをイメージして作曲しました。何度も繰り返すメロディーが『なかなか答えの出ない謎』をうまく表現できていると嬉しいです。ループしてもお使いいただけます。aki による
 
神秘的で謎が解けない感じをイメージしました。世の中には不思議な事があると思います。人間の脳では解明できない、怪奇で神秘的な事件とか。超常現象みたいな事とか。人間の知能では解明できない、見えない窓。でも、本当に不思議で神秘的なのは、人間なのかもしれません。ミレラ による
 
ローファイなピアノと激しく歪んだギター、そしてわずかな自然音を何重にもかさねて、薄暗くシリアスな空気感を作りました。全体の雰囲気は、海外のミステリードラマを意識したものになります。曲構成自体はシンプルで、アンビエント/ドローン・ミュージックの部類になるのではと思いますが、音楽として耳馴染みのよい音を目指しました。いろいろな帯域の音が入っていますので、スピーカーだけでなくイヤフォンなどでも楽しめると思います。ぜひ聴いてみてください。K.Y. による
 
「疑惑 悲しみ 裏切り 憎しみ そして愛情様々な想いが交錯するこの現場で僕は少しずつあの美しい未亡人に惹かれていった。決して開くことのないあの官能的な赤い唇から真実が語られる日は、はたして来るのだろうか。」謎解きとその周りで起こる人間模様を表現しました。ゆうきわたる による
 
車で高速道路を颯爽と走っているイメージの曲です。車のメカニカルな内装でも見て、テクノロジーの凄さに浸っているのでしょうか?ドライブにも最適な曲です。セントラルパーク吉田 による
 
生楽器っぽく作ってあります!アコースティックギターは生で録音しております。爽やかに作れました。目立った特徴もないのでBGMとして使いやすいのではないかと思います。ドライブ的な感じでしょうか。ノリノリになれてもらったらうれしいです。よろしくお願いします。もぐ による
 
Progressive Houseを想定しています。0秒から~前半部分では、多少動きを入れてあります。40秒から~後半はずっと同じような感じで進行していくので背景に添えることが可能ではないのかなと思います。よろしくお願いいたします。もぐ による
 
都会の爽やかさとかっこよさをイメージしました。大きなビルに囲まれて働く人々や、カフェテラスでパソコンを開きながらコーヒーを飲んでいる女性とか。かっこいいです。都会は、いろいろな場所でいろいろな人がいろいろなことをしていると思います。皇居の周りをジョギングしていたり、仕事帰りにヨガやエステとか。勝手な想像ですが、それぞれの生活スタイルを持っている感じがします。自分を持っているってかっこいいです。ミレラ による
 
住み慣れた地元の町から、都会の全く知らない街、昔からあこがれていた場所にやっと行ける…それが決まった際の気持ちを、アコーディオンの生演奏のみで再現してみました。【使用したソフトウェア】録音→Reaper(ver.5.40編集→Goldwave(ver6.27)/WavePad(Ver5.71)音山 響 による
 
シンプルなビートとメロディによる楽曲です。シンプルな楽曲なので、製品紹介の動画などに合うかも?と思いながら制作しました。この楽曲は今風のサウンドを取り入れつつ、少し昔懐かしい雰囲気にもできたかなと思います。ぜひ聴いてみてください。K.Y. による
 
疾走感と躍動感が特徴的なサウンドとなっております。忙しない都会を表現するため、テンポ(BPM)は速めに設定し都会のお洒落さを大切に4和音を多く使用してみました。テンションが上がるような曲を目指して制作しましたのでどうぞ聴いて頂けると嬉しいです。aki による
 
仕事も終わった夕方6時、疲れの癒しにと、ふらりと寄った酒場横丁、そこは都会での仕事の同士でもういっぱいになっていた。仕事柄は違うけど、相席でも時間が経つにつれ、皆、友人のように語り合う仲に。そんな雰囲気を音にしてみました。メロはスキャットにしてみました。衛門幸志 による
 
都会なんてものは幻想だまやかしだTVドラマの中だけのファッション雑誌の中だけの漫画・小説の中だけの実態定かならぬものだそんなものに夢中になったり心奪われてしまうのはどうなんだろうかと考えてみるいや…それはそれこれはこれでアリなんだと思うそういったものにそういった存在に少なからず救われている人がいるという現実があるのだからR-side による
 
「街は数え切れないほどたくさんの光で彩られている。この光の数だけ人々の夢も溢れているのだろうか。今日は金曜日。僕は光の中を駆け抜けて、いつもの店でお気に入りのワインを買って君の元へと急ぐ。」都会の溢れんばかりの光、スタイリッシュな生活への憧れを表現しました。ゆうきわたる による
 
なかなかスタイリッシュな曲です。シュッとした男バーテンダーが渋くカクテルなんか作ってそうです。都会のクールな感じが出せたんじゃないかと思いますので、どうか聴いてみてください!セントラルパーク吉田 による
 
都会といえば「雑踏」雑踏といえば「都会」都会っていうのはどこを見ても人だらけで、それぞれが好き勝手に歩いたり立ち止まったり喋ったりあれやこれやしているわけです。そして雑踏を通り抜けて曲がり角を曲がると…残念ながらまた雑踏なわけですよ。そう簡単には抜け出せない。そう。それが都会です。この曲が好きという人は少ないと思いますが、そんな変わった趣味の方は、テーマ「ショッピング」の中にある「コンクリート」という曲やテーマ「無」の「Rated Y」という曲も聴いてみてください。藤縄 和彦 による
 
海での船に乗っている情景を想定しました。ゲームのBGMとしてを意識しております。フィールド海という感じをもっていただければ幸いです。かわいくなっています。多少動きも多いので場合によっては使いやすいのかなと思います。37秒から~がサビです。1分~は繰り返しで多少、楽器を変えたりメロディを変えたりして曲を繰り返しています。よろしくお願いいたします。もぐ による
 
花の開花にふさわしい、ゆったりとしたテンポから華やかに展開する曲に仕上げました。基本的にハープと木管アンサンブルを中心に構成しています。華やかで、優雅な曲調に仕上げました。Yuu による
 
儚く静かなピアノ曲に徐々に他の楽器が参加していく内容です。“誰もいない小高い丘の上に紫色の小さなスミレが咲くことをボクだけが知っている強く、脆く、小さく、大きく、緩やかな、強い風に吹かれているボクらも同じまた来年?また来週?また明日?いや、また来世?賑やかなボクらにも、静かなこのスミレにも、みんなに次があるだから力を抜けばいいのにその時は静かなボク、賑やかなスミレになってるのかもああ、キミがいるだろうあの街をスミレと共に見下ろすといつも違う方向を見ているボクらでも全部なんとかなりそうだって思えるのさ”自称芸術家みーさん による
 
自殺行為ですね。いわゆる「花見」というやつはね。あの人混みにね。わざわざね。自殺行為ですね。そんな気持ちが入った曲です。余談ですが、私のツイッターなどのアイコン画像は花の写真です。散りかけです。半分ぐらい花びらが散っています。そういう姿はなかなか魅力的だなと思っています。藤縄 和彦 による
 
オルゴールやピアノ、弦楽器の音色を組み合わせて制作しました。テーマである花をイメージできるような、穏やかで幻想的な音作りを行いました。少し実験的でコンテンポラリーな楽曲ですが、全体的な印象としては優しく聴きやすいものにできたと思います。楽曲は終わりにかけて緩やかに変化していきますので、ぜひ最後まで聴いてみてください。K.Y. による
 
なんか最近のハイテク農業っていうのは物凄いらしく農場っていうより工場って言う方が近いんじゃないのってくらいロボティックでオートマティックな感じらしいですね。最初は造花をテーマに作ろうとも思っていたのですが花工場よろしくな曲にしてみました。LEDを使った家庭用の水耕栽培キットなんかもそうですがThe 未来って感じであそこまで突き抜けちゃうと逆にアリなのかなとも思ってみたり。遺伝子組み換えで新色の花を作りましたなんて聞いた時は無邪気に喜んでもられないなと思ったものですが結局はその力をどう活用するのかって問題なのかなって。R-side による
 
僕にとって「花」といってまず浮かぶのは60’S後半~のFlower movementとその音楽です。同世代ではありませんが、ロックやファンクの創世期の音に僕は虜になりました。こんな汚音ですが僕なりの「花」を表現してみました。衛門幸志 による
 
この曲で描いたストーリーの主人公は男性。ある夢をかなえるために必死で行動し続ける片思いの相手に向けて、ラブレターを添えて花束を贈ることに。サビのメロディーでこの主人公の思いがどんどん強くなっていって、相手を応援する気持ち、好きだという気持ちが高まっていくイメージをメロディーにしてみました。【使用したソフトウェア】GarageBand for iOS音山 響 による
 
幼い頃を思い出しました。青空の下でレンゲの花の首飾りを作ったり。ツツジの花の蜜を吸ってみたり。タンポポの綿毛を見つけると、口で飛ばしたり。雑草で花束を作ってみたり。あまり気にしていなかったけれど、花はいつも身近にあったんだと思います。そして大人になった今は、花をきれいに思うようになりました。純粋で力強く優しい。理想です。ミレラ による
 
土の中でじっと待つ凍える地面でひたすらに土の中でじっと待つ大地が溶ける その時をこの壁が崩れればこの壁を越えさえすればこれまでの日々が嘘のようにその全てが過去になってきっと未来しか見えなくなる土に中でじっと待つ身を凍らせながらじっと待ついつの日か望んだ日差しが届くことを誰にもぼやかず 此処で待つおメガネ による
 
春は新学期が始まったりなど新しい生活が始まりますよね。桜が咲いたりいろんな植物の花が咲いたりと景色も変わってきて気持ちの入れ替えやすい時期なのかなと思います。花というテーマですが春になって咲いてくる花をイメージして作りました。sibakoro による
 
灰色の世界の片隅で、ただひとつ咲く一輪の花。世界中でその場所だけが確かに生きていて、鮮やかで。そんなイメージを曲にしました。不思議なことに、花を見ると希望のような何かを感じる今日この頃です。今回は意図的にノイズを取り入れてみました。si- による
 
目を瞑って寄り添えば記憶の紐を手繰り寄せれば心の深くに潜り込めばきっと今夜もまた会える新しい思い出増えないけど何度も見飽きた光景だけど時間軸もごちゃまぜだけどいつもの景色でまた会える次の朝には消えちゃうけど変わらぬ笑顔で迎えてくれる空が白んで あなたは消えるけど次の夜も その次のまた次も きっと会えるおメガネ による
 
広い草原に動物の群れが颯爽に走っている様子が浮かんできそうな曲です。クラシックギターの美しい音が使いたくて、こんな曲を作りました。コンデンサーマイクが入っていたケースをパーカッション代わりに使ってみたら意外といい感じの音でした。セントラルパーク吉田 による
 
ピアノの音色とフィールドレコーディングの音素材を組み合わせ制作しました。コンテンポラリーなメロディと音作り、曲の構成になっていますので、楽曲のどこを切り取っても、テーマである『夜』を感じられるようになっていると思います。また、今回は特に、吸い込まれそうな深い響きを重視して制作しましたので、ぜひヘッドフォンなどで細かい部分まで聴いてみていただけると嬉しいです。K.Y. による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login