Good News 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
エクスペリエンスデザイナーの石川由佳子と編集者の杉田真理子が「都市」に関するさまざまなトピックをざっくばらんに話す番組。今2人が面白いと感じる都市・建築・まちに関するプロジェクトやトレンド、本、雑誌、スポット、音楽など、気になるテーマを取り上げておしゃべりします。 ニュースレターの登録はこちら: https://goodnews4cities.substack.com/ HP: https://cutt.ly/7zWAdZ8 👀YUKAKO👀 小・中時代をドイツで暮らしていた経験から、都市のあり方や人の営みが起こる“源”に関心を持ち、アートプロジェクトと都市づくりをテーマに研究を行う。その後、ベネッセコーポレーション、ロフトワークを経て独立。体験をつくることを中心に「場」のデザインプロジェクトを数多く手掛ける。 🌈MARIKO🌈 編集者・リサーチャーとして企画・調査・執筆・キュレーション活動を行なう。8ヶ国に住み、世界中の都市を訪問した経験から、海外の都市・建築・まちづくり情報をリサーチしてアーカイブするWebメディア「 Traveling Circus of Urbanism ...
 
オランダ、シンガポールに拠点を置く編集プロダクション「Livit」の代表・岡徳之と、海外のさまざまな国で暮らすライター陣が、各都市でリアルタイムで生まれているビジネス・カルチャー・テクノロジー・ライフスタイルの新潮流、またその背景にある人びとの新しい価値観を発信します。
 
Loading …
show series
 
イギリスのネイチャー誌によると、2020年、コンクリートやガラス、金属、ペットボトル、衣服など人間が製造したものの総重量が、地球上の生物の総重量を超えました。今後も人工物の総重量は増えていく可能性が高いと言わざるを得ません。そんな中、環境意識の高い国々では「捨てる文化からの脱却」とも言えるムーブメントが起こっています。その最新動向と先端事例について、都市にまつわるグッドニュースを届けるポッドキャスト番組「Good News for Cities」のホストである石川由佳子さん、杉田真理子さんにお話を伺います(出演:石川由佳子、杉田真理子、岡徳之)。 「Good News for Cities」について: エクスペリエンスデザイナーの石川由佳子さんと編集者・リサーチャーの杉田真理子さんが「都市」…
 
日本は今、ゴールデン・ウィーク。せっかくの休みで旅行に行きたいところですが、今年はコロナの影響で控えている人も多いのでは。日本に限らず、観光産業は今、世界中で大きな経済損失を被っています。感染拡大の抑止が最優先事項ではありますが、そのバランスを取りながら、今後どのように観光を促進していくか。「Go To」だけじゃない、世界中の注目を集める観光促進の手立てを紹介し、そのヒントを探ります(出演:岡徳之 / 写真:Ishan@seefromthesky on Unsplash)。
 
「代替プラスチック」や「代替肉」という言葉は聞いたことがあるでしょう。しかし今、実は「代替シーフード」、その名のとおり、シーフードを使わないシーフードの開発も日進月歩で進んでいるんです。背景には、海洋生物保護と十分なタンパク源の確保という、人類にとって差し迫った問題が・・・。代替シーフードにはどんな食品があるのでしょうか?その最新動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:Ocean Hugger Foods on Facebook)。
 
日本で今年解禁になるという「シェア電動キックボード」。持続可能な都市の構築において、自動車の代替手段として注目を集めるマイクロモビリティです。その先進地域であるヨーロッパではシェア電動キックボードの利用が拡大、開発するスタートアップによる大型資金調達も相次いでいます。そうした海外の最新動向を踏まえ、シェア電動キックボードの魅力と課題を深掘りします(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Voi Scooters on Facebook)。
 
「医療の人種格差問題」をご存知でしょうか。日常生活における人種格差が医療サービスへのアクセスにも影響し、生死の確率を直接的に左右してしまう問題のことです。その一例として、アメリカではコロナウイルスで死亡した黒人は白人に比べて1.4倍多いというデータが出ています。深刻な医療の人種格差問題、解決の糸口はどこにあるでしょうか? 今、AI(人工知能)への期待が高まっていますが、そこにも課題はあるようです(出演:岡徳之 / 写真:Günter Valda on Unsplash)。
 
今回は、仲良しの別番組「グローバル・インサイト」とのコラボ企画です。海外在住編集者・Livit代表・ポッドキャスト『グローバル・インサイト』 主催 岡徳之(おかのりゆき)さんをお迎えし、海外に住みながら働くこと、今気になっている世界のまちづくりの事例などをお話していきます。 ⚫︎Good News for Citiesがグローバル・インサイトに出演したポッドキャストはこちら 「世界で起こる「捨てる文化からの脱却」モノを捨てるという概念はどうすればなくせる?」 👉https://anchor.fm/global-insight/episodes/Good-News-for-Cities-evg5d3 ⚫︎ゲストプロフィール 編集者/Livit代表 岡徳之 2009年慶應義塾大学経済学部を卒業後…
 
欧米企業を中心に今、「CMO(チーフ・メディカル・オフィサー)」という新たな肩書きの経営幹部が増えています。社員の健康や安全管理の指揮を執る医療専門家のことですが、具体的にはどのような施策を行っているのか。また、企業がCMO職を設置するねらいはどこにあるのでしょうか。最新の事例をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:Johny Georgiadis on Unsplash)。
 
日本人の「生産性」は他の先進国に比べて低い、どうすれば生産性を高められるか、という議論はもう長い間続けられています。この生産性について、欧米では最近、ユニークな視点が提唱され、物議を呼んでいます。それは、「生産性ツールを使うことは本当に生産性を高めるのか?」というものです。使っているツールが多すぎたり、ツールの使い方を間違えることによる知られざるリスクと、真に生産性を高めるための方策をご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:Austin Distel on Unsplash)。
 
「都市と保存」シリーズ最終回。ゲストトークからの学びを振り返りながら、もっと深掘りたいトピックやまだ話せていなかった事例についておしゃべりします。 ◉おしゃべり中に紹介したトピックのリンクなど ・緑の保全、開発の規制、市街地における緑化の推進に関する分かりやすいレポート:https://is.gd/4nRJng ・石垣技術の保存について書かれた論文「歴史的構造物の保全に関する研究」:https://is.gd/XYxaUl ・ワルシャワの旧市街地「旧市街市場広場(Rynek Starego Miasta)」:https://is.gd/5C46ed ・不動産投資型のクラウドファンディング:https://is.gd/BF2lMI ・NPO remo / 記録と表現とメディアのための組織:ht…
 
無印良品が昨年、コオロギの粉末が入った「コオロギせんべい」を発売して話題になりました。日本ではまだ「ゲテモノ」扱いの昆虫食ですが、今世界では着々と研究開発が進められており、市場も拡大しているんです。背景には地球温暖化問題と人口増加による食糧問題も・・・。「地球を救う」昆虫食開発の最新動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:EatGrub on Facebook)。
 
LINEの一部の情報が中国から閲覧できるようになっていた問題、さらに、Facebookの5億人分もの情報が流出していた問題。ここ最近も「メッセージアプリ」のプライバシー保護を不安視せざるを得ない出来事が相次いでいます。いったい、どのアプリが最もセキュアなんでしょうか? 今世界でユーザーを増やし、「LINE以外の選択肢」となり得る安全かつオルタナティブなアプリをご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:Adem AY on Unsplash)。
 
Appleがまもなく、アプリによる個人情報収集を制限すべく、iPhoneなどに搭載されるiOSに「アプリトラッキング透明性(ATT)」機能を追加します。これによってユーザーやアプリ運営企業、広告市場にどのようなインパクトがもたらされるのか。今回はアプリ運営企業の立場から、教育系アプリ開発に携わるODKソリューションズのエンジニア、瀧川陽介さんに解説いただきます(出演:瀧川陽介、岡徳之 / 写真:Youssef Sarhan on Unsplash)。
 
今月のテーマは「都市と保存」。鉄道会社主導の都市開発はとても大規模でインパクトはあるもの。大きく街のムードやカルチャーを変える影響力もあります。その中で、ディベロッパーの視点でみる都市開発の正義や理想、どういうロジックで計画を作り落とし込んでいくのか。また、その中で何を残して何を作りかえていくのか。理想と現実、両方の側面を切り取っていきます。 ※本エピソードでの発言は個人の見解であり、所属組織を代表するものではありません ⚫︎ゲスト 磯辺陽介(いそべようすけ) 1986年生まれ。2009年早稲田大学政治経済学部卒業。福岡生まれの横浜育ち。 祭り好きが高じ、祭りが仕事にできる場を求め、デベロッパーを志し、2009年に東京急行電鉄株式会社(現・東急株式会社)入社。 渋谷エリアのシティブランディン…
 
長引くコロナ禍。思うように外出や人との交流ができない中、心身の健康を損なうことが増えたと感じる人もいるでしょう。この難しい状況とうまく付き合っていくため、「セルフケア」をどうアップデートしていくべきか? 今回は植物療法士であり、ハーバルライフスタイリストの村田美沙さんに身近でできる衣食住の工夫を伺います(出演:村田美沙、岡徳之 / 写真:Verseau)。
 
「Uber」などインターネット経由の単発の仕事で形成される「ギグエコノミー」が急速に拡大しています。時間と場所の制約を受けづらいこれからの働き方として、ミレニアル世代を中心に魅力的な選択肢となっています。しかし一方で、このような働き方には大きなリスクも・・・。Uberのドライバーの一部が経済的困窮に追い込まれていることが社会問題として挙がっている国もあります。ギグエコノミーの今後の行方を占います(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Austin Distel on Unsplash)。
 
コロナ禍でリモートワークが普及する中、欧米の企業では新しい福利厚生の形が生まれています。アプリを使って会社がベビーシッターを派遣したり、オンラインのフィットネスプログラムを社員に提供したり。家に引きこもりがちな社員には散歩を促すためのインセンティブを与えるところも出てきました。新しい働き方に応じた福利厚生の「ニューノーマル」とはどのようなものでしょうか?(出演:山本直子、岡徳之 / 写真:Photo by Standsome Worklifestyle on Unsplash)
 
「AI(人工知能)」が今、あらゆる産業を変えようとしています。「音楽業界」も例外ではありません。AIは音楽の作り方、ひいてはアーティストの働き方をどのように変えるのかーー。その一端を感じさせるプロジェクト「エンタメのブカツ」をソニーが実施しました。どのようなプロジェクトか、それを支えるソニーのAI技術は今後、音楽をどう変えていくのか? SONYブランド戦略部門・岡野詩音さんとR&Dセンターのディスティングイッシュエンジニア・光藤祐基さんにお話を伺います(出演:岡野詩音、光藤祐基、岡徳之 / 写真:Austin Neill on Unsplash)。
 
2050年にはコーヒーが飲めなくなるかもしれない――。何年も前から囁かれている「2050年コーヒー問題」。気候変動に伴う温暖化などが原因で、2050年にはコーヒーの生産量が現在の半分まで落ち込むことが危惧されています。そんな中、“コーヒーの聖地”シアトルから、コーヒー豆を使わないバイオテックコーヒーが誕生しました。コーヒー豆を分子解析して、味も香りも本物のコーヒーそっくりに再現されたバイオテックコーヒーとは、どのようなものでしょうか?(出演:矢羽野晶子、岡徳之 / 出演:Atomo Molecular Coffee on Facebook)
 
「都市と保存」をテーマにした第二回目は、建築家であり、NPO法人モクチン企画、@カマタ代表の連 勇太朗さんをお迎えしてお送りします。今回は「新築至上主義」と題し、なぜ日本ではこんなにも新築の市場価値が高いのか、その歴史や文化的背景、そして不動産業界の仕組みなど、さまざまな視点で深ぼっていきます。ちょうどいい都市の新陳代謝とはなんのか、木造賃貸の再生やまちづくりに長年取り組んできた連さんの視点からも切り取っていきます。 ⚫︎ゲストプロフィール 連 勇太朗(むらじ・ゆうたろう)/Yutaro MURAJI 建築家 NPO法人モクチン企画 代表理事、株式会社@カマタ 代表取締役。1987年生まれ、ロンドンで幼少期を過ごす。2012年慶應義塾大学大学院修了(政策・メディア)。2012年にモクチン企画…
 
イノベーションや刺激的な議論は、会議室ではなく社内でのちょっとした雑談や非公式な交流の中で自然発生的に生じるーー。そんな「ひらめきにつながる幸運な偶然のできごと」は「セレンディピティ」と呼ばれています。これまでテック業界を中心に、セレンディピティを生み出すために、オフィスに社員同士のカジュアルな交流の場を自然な形で設ける工夫がなされてきていました。しかし、パンデミックによるリモートワークの拡大で、セレンディピティの実現にはこれまでとは異なる視点が求められているようです(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Jason Briscoe on Unsplash)。
 
世界中で「脱炭素化」を目指す動きが広がりを見せています。日本でも昨年10月、菅総理が臨時国会で「2050年カーボンニュートラル宣言」を行い、温室効果ガスの排出をゼロにすると発表しました。こうした中、化石燃料に代わるエネルギー源として「水素」と「アンモニア」が注目を集めています。この2つが、主に交通・流通分野でどのように活用されようとしているのか、その最新動向をご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:CMB.Tech)。
 
年々増え続けるプラスチックごみ。この問題の解消には、プラスチック消費の削減、プラスチックに代わる新素材の開発に加え、新しいリサイクル技術の開発が求められます。それが今、バイオテックの進歩を背景に大きな進展を見せています。成果には「プラスチックごみを食べるバクテリア」も・・・? 世界のリサイクル技術開発、その最新動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:Nareeta Martin on Unsplash)。
 
「建築界のノーベル賞」と呼ばれる賞をご存知でしょうか。正解は「プリツカー賞」です。建築界で最高の栄誉と言われる賞なんですが、その最新版である2021年の受賞者が先日発表されました。そのプリツカー賞の結果と、そこから浮かび上がってくる最新のデザイントレンドについて、ロンドンに拠点を置く建築デザイン事務所「PAN- PROJECTS」の八木祐里子さんと高田一正さんにお話しいただきます(出演:八木祐里子、高田一正、岡徳之 / 写真:澤村祐太郎)。
 
「あれ?ここ何があったんだっけ?」と真新しくなったビルやお店を見て思うことはありませんか? 今月のテーマは「都市と保存」。都市は新陳代謝が早く、時には私たちの心をおいて生まれ変わってしまうことも。そんな変わりゆく都市の中で何を壊し、何を残していくのか、そしてどう作り替え、どのように変化を受け入れていくのか。再開発・文化財の保存・新築至上主義・中国の取り残された村など、さまざまなテーマで保存について考えていきたいと思います。 ◉ニュースレターの登録はこちら👇 https://goodnews4cities.substack.com/ ●おしゃべり中に紹介したリンクなど 既存住宅流通シェアの国際比較 https://research.nttcoms.com/database/data/00094…
 
アメリカの富裕層が行う慈善活動を調査・分析しているクロニクル・オブ・フィランソロピー社が先日、寄付総額のランキング、その最新版である2020年版を発表しました。首位は約1兆円超を寄付したアマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏。そのほか名を連ねたのはどんな人たちでしょうか。またランキングから見えてきた、最新の寄付のトレンドとは・・・?(出演:岡徳之 / 写真:Amazon.com)
 
Web業界では今「ノーコード革命」、つまりコーディングをせずにプロダクトを作るという潮流が生まれています。このノーコード革命とはなにか、それがどのようなインパクトや可能性をもたらすのかについて、注目のノーコードサービス「Glide」にお詳しいデジタルエージェンシーTAMのディレクター、高田和広さんに伺います(出演:高田和広、岡徳之 / 写真:Glide on Twitter)。
 
Twitterの共同創業者、ジャック・ドーシーが過去に自身が投稿した「世界最初のツイート」をネット上で販売したことが話題に。それをきっかけに、彼が販売する際に用いた「NFT」という技術がIT業界で注目を集めています。では、この「NFT」とはいったいなんでしょう? ITベンチャー企業マーズフラッグの代表、武井信也さんに解説いただいたところ、クリエイターの創作活動を一変させる可能性が見えてきました(出演:武井信也、岡徳之 / 写真:Twitter)。
 
アメリカ発「Clubhouse」の人気で音声コミュニケーションが盛んな現在、北米ではすでにテキストに回帰する動きが見られます。「Subtext」「Community」「Substack」など、新しく生まれた様々なテキストサービスは、従来の大型SNSとは一線を画し、アルゴリズムに邪魔されることなくクリエーターとファンを直接メッセージやニュースレターで結びつけるもの。このパーソナルなつながりがクリエイターとファンの新たな関係を構築しています(出演:山本直子、岡徳之 / 写真:Substack)。
 
ソーラーパワーで走る電気自動車が今年から欧米で本格的に生産されます。オランダのスタートアップ「Lightyear(ライトイヤー)」によるソーラーカー「Lightyear One」は年内に納車される予定。ほかにもドイツやアメリカのスタートアップ企業が今年から続々とソーラーカーの生産を開始する計画で、今年は自動車業界で「ソーラーカー元年」ともいえる年になりそうです(出演:山本直子、岡徳之 / 写真:Lightyear on Facebook)。
 
軍のクーデター、市民によるデモが起こっていると伝えられるミャンマー。実際にはなにが、そして、なぜ起こっているのか。見えづらい現在の状況、これまでの経緯について、現地在住日本人の田中さん(仮名)に解説していただきました。これを聴いた日本人リスナーに取ってほしいアクションも伺いました。ぜひ聴いて、まわりの人たちへのシェアをお願いします(出演:ミャンマー在住・田中さん、岡徳之 / 写真:Guilherme Romano on Unsplash)。
 
Dive into Asia 〜今、アジアの都市で起こっていること〜をテーマに、お話をしてきました。今回はこれまでのお話の振り返りと、なぜ今アジアなのか、そして私たちが新しく始めたアーバニスト(都市を作る人)のためのプラットフォーム「for Cities」についてお話します。 ◉ニュースレターの登録はこちら(毎週木曜配信)👇 https://goodnews4cities.substack.com/ ◉instagram👇 https://www.instagram.com/good_news_for_cities/ ◉おしゃべり中に紹介したリンクなど Japan Podcast Awards 2020について https://www.japanpodcastawards.com/ Goby…
 
コロナ禍における都市部でのロックダウン、またリモートワークの推進を背景に、人口密度や生活費の高い都市部からの人口流出が続いています。都市部を離れた人たちが向かう先として、今注目を集めているのが「Zoom Towns(ズーム・タウン)」。どんな街でしょうか? また、このズーム・タウン現象で、これからの住まいや働き方のあり方はどのように変化していくでしょうか(出演:杉田真理子、岡徳之 / 写真:Cristofer Jeschke on Unsplash)。
 
コロナパンデミックによる都市のロックダウンで「ペット」の需要が世界的に急増しています。そうした中、世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」が「世界のドッグ・フレンドリーな都市7選」を発表。選ばれた都市の取り組みから、「ペットに優しい社会」とはどのようなものかを探ります。ペットや犬を飼っている人、必聴です(出演:岡徳之 / 写真:Matt Nelson on Unsplash)。
 
「人生100年時代」、2050年までに世界全体で60歳以上の人口が20億人に達するとも言われており、海外では「Age Friendly」をキーワードとする街づくりの取り組みが増えています。さらには街だけでなく「オフィス」でも、シニアワーカーが働きやすい環境を整える企業も登場。今回はその先進都市として、シンガポール、イギリス・マンチェスターの取り組みをご紹介します(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Polina Rytova on Unsplash)。
 
今月から「今、アジアの都市で起きていること」をテーマにアジアのまちづくりやトレンドについて紹介しています。第3週目となる今回は、ゲストにアートセンター「Ongoing」代表の小川希さんをお招きします。2006年に、たったの3ヶ月で全83カ所の東南アジアのアートスペースを巡った小川さん。その後、日本でも、そこで築いたネットワークをいかし、精力的にアジアのアーティストとプロジェクトを展開。彼の目から見るアジアの今と、見てきた風景を深ぼっていきます。 ◉ニュースレターの登録はこちら(毎週木曜配信)👇 https://goodnews4cities.substack.com/ ◉instagram👇 https://www.instagram.com/good_news_for_cities/ ⚫ゲ…
 
コロナワクチンの普及に伴い、オフィスワークに戻る企業の数も増えると見込まれています。もしそうなった場合、企業は社員にワクチンの接種を推奨したり、ワクチン接種の有無を確認したりすることはできるのでしょうか。経営者らの頭も悩ませる、この議論の最新動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:CDC on Unsplash)。
 
私たちの暮らしに欠かせないコーヒーですが、その裏では大量の「コーヒーかす」が出てしまいます。特に抽出後に残る使用済みのコーヒー豆は、温室効果の高いメタンガスを生成することから環境問題にも発展しています。そんな中、コーヒーかす問題をテクノロジーの力で解決しようとするスタートアップが登場しています(出演:矢羽野晶子、岡徳之 / 写真:Tyler Nix on Unsplash)
 
アーバニスト必見!都市体験デザインのプロジェクト・アイデア・人材のプラットフォーム『for Cities』が開始。その仕掛け人である杉田真理子さんと石川由佳子さんに、今海外で起こる「都市デザインの2つの潮流」をご紹介いただきます。『for Cities』コミュニティで今後行われるアクティビティーや参加方法も伺いました。「都市好き」のリスナー、必聴です!(出演:杉田真理子、石川由佳子、岡徳之 / 写真:for Cities)
 
Spotifyが2月22日、新製品発表イベント「STREAM ON」をオンラインで開催しました。そこでは、音楽アーティスト向けのショート動画配信機能「Spotify Clips」やCDレベルの音質を提供する新サブスクプラン「Spotify HiFi」など、大きな製品アップデートがいくつも発表されましたが、このエピソードではポッドキャストに関連するものにしぼり、ポッドキャスターとして感じた考察も交えてご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:Spotify)
 
今月から「今、アジアの都市で起きていること」をテーマにアジアのまちづくりやトレンドについて紹介しています。第2週目となる今回は、ゲストにアートキュレーターの池田佳穂さんをお招きし、アジアのアートシーン/アートコレクティブの動きを中心に、どうしてアジア、とりわけ東南アジアに惹かれるようになったか、その物語を伺っていきます。 ◉ニュースレターの登録はこちら(毎週木曜配信)👇 https://goodnews4cities.substack.com/ ◉ゲストプロフィール 池田佳穂(いけだかほ) キュレーター/アート・マネージャー 2017 年よりインドネシア中心にアジアのオルタナティブ、DIYシーンの調査をはじめ、レジデンス事業や展覧会を国内外で企画する。近年では東・東南アジアの版画コレクティブ…
 
新型コロナの影響が最も深刻な産業、その1つは「観光産業」でしょう。しかし今年、ワクチンの普及とワクチンパスポート制度の導入を背景に、消費者の支出が少しずつ観光に戻ってくるシナリオは十分に考えられます。2021年の観光トレンドを予測します。旅行好き必聴です(出演:岡徳之 / 写真:Dan Freeman on Unsplash)。
 
番外編では、リスナーからさんからの質問に答えていきます。 質問下さったみなさま、ありがとうございます。 ニュースレターの登録はこちら(毎週木曜日配信)👉https://goodnews4cities.substack.com/ ◉質問を頂いたリスナーさん 質問を下さった古賀華子さんのnote: https://note.com/kitchennohanako 「食と都市の関係」をテーマにしているとのこと。とても面白いのでぜひ覗いてみてください。 ◉今回の質問 ・どこから問いを見つけてくるのか ・話相手(”〇〇×都市”の話ができるゲストのような存在)はどこから見つけてくるのか ・日々の情報収集はどんな意識で、どうやっているのか → Feedly:https://feedly.com/ → 論文…
 
ここ数年、大学ではない別の進路に注目が集まり始めています。その一つが「アプレンティスシップ」。「職業実習訓練制度」などと訳されます。イギリスではこのほど、それを支援するプラットフォームを提供するスタートアップ「Multiverse」が、Googleなどから4400万ドル(46億円)もの巨額を調達し、話題となっています。Multiverseも後押しする「アプレンティスシップ」とはどのような進路なのでしょうか(出演:岡徳之 / 写真:Cherrydeck on Unsplash)。
 
新型コロナのワクチンの普及とともに活発化している「ワクチンパスポート」をめぐる議論。ワクチンを接種した人に「ワクチンパスポート」を発行し、その提示を飛行機利用や入国の際の条件にしようという動きが出始め、賛否の議論が巻き起こっています。海外旅行を切望する日本人にとっても無視できないトピック。その議論の行方は?(出演:岡徳之 / 写真:Daniel Schludi on Unsplash)
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login