Genji 公開
[search 0]
×
最高の Genji ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の Genji ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
Loading …
show series
 
夢十夜  第一夜 こんな夢を見た。 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。…… e-text at Aozora Bunko: (http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html) * The complete audiobooks of Ten Nights of Dreams is available for the members of my Patreon site. 夢十夜の完全版は、Patreonサイトで会員の皆様に公開しています。Kasumi Kobayashi による
 
第二夜 こんな夢を見た。   和尚の室を退がって、廊下伝いに自分の部屋へ帰ると行灯がぼんやり点っている。片膝を座蒲団の上に突いて、灯心をかき立てたとき、花のような丁子がぱたりと朱塗の台に落ちた。同時に部屋がぱっと明かるくなった。…… * The complete audiobooks of Ten Nights of Dreams is available for the members of my Patreon site. 夢十夜の完全版は、Patreonサイトで会員の皆様に公開しています。Kasumi Kobayashi による
 
第三夜 こんな夢を見た。   六つになる子供を負ってる。たしかに自分の子である。ただ不思議な事にはいつの間にか眼が潰れて、青坊主になっている。自分が御前の眼はいつ潰れたのかいと聞くと、なに昔からさと答えた。声は子供の声に相違ないが、言葉つきはまるで大人である。しかも対等だ。…… * The complete audiobooks of Ten Nights of Dreams is available for the members of my Patreon site. 夢十夜の完全版は、Patreonサイトで会員の皆様に公開しています。Kasumi Kobayashi による
 
Text: 『アミエルの日記』河野与一訳 岩波文庫 より- Amazon JP 1871年2月8日  ゲーテとシュライエルマヘル、現在の調和と理解の追求、これがわたしの動揺している二つの極である。… More recordings with PDF text are available for the members of my private club at Patreon (monthly subscription at a price of a cup of coffee). Regarding Amiel'd journal, I found some entries are too controversial. So, I’m keeping it on my private cl…
 
This is a preview of the track "Letter # 29 To Cezanne from Zora". Complete version of the track ( not a complete book) and PDF text is available at my club due to the limited upload data size. Sorry ! ( please see Announcement). Thank you. 今回の朗読ファイルですが、私の利用しているサーバー(nifty ココログ)のアップロードの容量が3MBまでとなっているため、途中までの朗読ファイルとなっています。(ごめんなさい…。) 完全版は、会員制ペイトリオンのサイ…
 
Dear Listeners, Happy New Year ! Complete Winter waka is available for the members of my private club at Patreon ! Yoroshiku onegai shimasu. Happy reading, Kasumi 皆さま、 明けましておめでとうございます! わたしの会員制クラブ(有料)では、冬の歌全てと、PDFテキストを公開します。 古今和歌集の完読プロジェクトが進行中です。 本年も、どうぞ宜しくお願いします。 かすみKasumi Kobayashi による
 
青磁のモンタージュ 寺田寅彦 「黒色のほがらかさ」ともいうものの象徴が黒楽の陶器だとすると、「緑色の憂愁」のシンボルはさしむき青磁であろう。… Text at Aozora bunko (https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2463_11122.html)Kasumi Kobayashi による
 
Transcript: Hello, thank you for listening Japanese Classical Literature (podcast). I'm Kasumi Kobayashi. This is an announcement to let you know that I created a fan subscription site with Patreon. Patreon is a platform where creators can post exclusive contents to supporters. I would like you to join my private club to listen to exclusive episode…
 
やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。… The complete Kanajo is exclusively available for my patrons of the secret podcast... (仮名序の全文は、ご支援くださるパトロンの皆様に限定公開しています。)Kasumi Kobayashi による
 
transcript のっぺりと師走も知らず今朝の春 よそはでも顔は白いぞ嫁が君 春雨や門松の〆ゆるみけり 春雨や静になづる破れふくべ 春雨や友を訪ぬる想ひあり 水の面にあや織りみだる春の雨 いでわれも今日はまぢらむ春の山 新池や蛙とびこむ音もなし 夢覚めて聞けば蛙の遠音哉 山里は蛙の声となりにけり 今日来ずば明日は散りなむ梅の花 青みたるなかに辛夷の花ざかり 雪しろのかかる芝生のつくづくし 雪しろの寄する古野のつくづくし 雪汁や古野にかかるづくづくし 鶯に夢さまされし朝げかな 鶯や百人ながら気がつかず 梅が香の朝日に匂へ夕桜 世の中は桜の花になりにけり 山は花酒屋酒屋の杉ばやしKasumi Kobayashi による
 
transcript 同じくば花の下にて一とよ寝む 須磨寺の昔を問へば山桜 この宮や辛夷の花に散る桜 散桜残る桜も散る桜 誰れ聞けと真菰が原のぎやぎやし 真昼中真菰が原のぎやぎやし 人の皆ねぶたき時のぎやうぎやうし かきつばた我れこの亭に酔ひにけり 真昼中ほろりほろりと芥子の花 鍋磨く音にまぎるる雨蛙 夏の夜やのみを数へて明かしけり 風鈴や竹を去事三四尺 涼しさを忘れまひぞや今年竹 鳰の巣のところがへする五月雨 さわぐ子の捕る知恵はなし初ほたる 青嵐吸物は白牡丹 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 酔臥の宿はここか蓮の花 わが宿へ連れて行きたし蓮に鳥 雷をおそれぬ者はおろかなりKasumi Kobayashi による
 
過ぎにし方(かた)恋しきもの 枯れたる葵(あふひ)。雛(ひひな)遊びの調度(てうど)。二藍、葡萄染などのさいでの押しへされて、草子の中などにありける、見つけたる。また、をりからあはれなりし人の文、雨など降りつれづれなる日、さがし出でたる。去年(こぞ)の蝙蝠(かはほり)。 Dear subscribers of the audio feed : English version of this recording is available at website. The translation is from The Pillow Book (Penguin Classics) by Meredith McKinney Not in the public domain.…
 
From the Japanese translation of Portions from a Wine-Stained Notebook by Charles Bukowski ワインの染みがついたノートからの断片 -未収録+未公開作品集 チャールズ・ブコウスキー (著), 中川五郎 (翻訳) よりKasumi Kobayashi による
 
第十一夜 漱石の夢へのオマージュとして こんな夢を見た。 巴里の街を歩いていると、大きな教会の門前らしき場所に出た。 門の向こうを見やると、まるで参道のように色々の店が道の両側に並んでいる。どうやら賑やかである。そうだ、お土産になるようなものが見つかるかもしれない、そう思って門をくぐり、ずんずん歩いた。左右に首を振りながら、忙しく店々を物色しながら歩いた。 そのうちに、歩いても歩いても、教会の建物に辿り着かないので、不安になってきた。いま、自分はどのあたりにいるのだろう。懐からiPhoneを取り出して、地図で自分の場所を確認する。すると、自分は人工の迷路の一角に立っていることが分かった。随分、入り口の門から離れた場所まで歩いて来ている。人気もすっかりなくなっている。迷路は全体に長方形をしてい…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login