Download the App!

show episodes
 
H
HASEさんの寺Cafe

1
HASEさんの寺Cafe

開かれたお寺をめざす僧侶・長谷川俊道

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
永平寺で修行し、福井から歩いて帰ったという長谷川俊道(群馬県太田市・瑞岩寺の副住職&毛里田保育園園長/通称 HASEさん)が人に聞きにくいことや、ちょっとしたお寺や習慣の疑問・質問などについてお答えします。番組では、みなさまの人生のヒントになるようなお話もしていきます。人に喜ばれることが大好き。ハワイで開教師の仕事も7年間経験。葬儀や法要だけではなく、葬儀のコーディネート、お寺の可能性を求めてライブや講演会、座禅会、写経会、各種寺子屋講座、人生相談・悩み相談などを行っています。なんでも気軽にお聞きください。ご質問・ご感想はこちらからinfo@zuiganji.com
 
Loading …
show series
 
4/5(金)より僧侶HASEの新番組「こまった時の聴きこみ寺」がスタートします。 人には言えない悩みや日常のささいな疑問をHASEさんにぶつけてみて下さい。 何かと忙しく悩み多い日々。お耳を貸して下されば、すこーし疲れたあなたの心をちくりとほんわか癒やします。 新番組はiTunesで「こまった時の聴きこみ寺」と検索すればお楽しみいただけます! MP3ファイル
 
少子高齢化にともない「成年後見制度」が重要になってきています。20回記念ということでゲストに司法書士・小暮稔先生を迎えして制度について引き続き語っていただきます。! MP3ファイル
 
少子高齢化にともない「成年後見制度」が重要になってきています。20回記念ということでゲストに司法書士・小暮稔先生を迎えして制度について語っていただきます。! MP3ファイル
 
「お坊さん、私は死んだら良いところへ行けますか?」とたずねる95歳のおばあちゃん。 「ぼくはこれからひきこもろうと思うんですけど、どう思いますか?」と不条理な相談 をもちかける学生。「死んだ息子にどうしても会いたい」と漏らす母親... 本州最北端の霊場、恐山。古くから「死者と出会う場所」として知られ、訪れる人が 後をたたない。さまざまに欠落を抱え、悩み、戸惑う人々。彼らは、なぜこの辺境に まで足を運ぶのだろうか。 彼らと正面から向き合う立場にある僧侶の目に、彼らはどのように映るのか。また、 僧侶として、彼らにどのように対峙すればよいのだろうか。このような他者とのやり とり、経験を通して考えさせられる「宗教者の素質」とは?  気鋭の禅僧が、恐山で出会った他者との経験を語り、恐山という場所性を考…
 
一般的に「友引にお葬式はダメ」と言われています。でも、何故なのでしょう?皆さんはは「六曜」の意味をご存知でしょうか? HASEさんが、「六曜の意味」「どうして友引にお葬式をしないのか?」などを解りやすく説いてゆきます。 MP3ファイル
 
特別ゲスト萬田緑平さん「緩和ケア診療所 いっぽ」群馬県高崎市、医師3人看護師8人事務4人のスタッフで癌患者専門の在宅ホスピスケアをしている医師。緩和ケアと終末医療の実際、大切なポイントをお話ししていただきます。 MP3ファイル
 
特別ゲスト萬田緑平さん「緩和ケア診療所 いっぽ」群馬県高崎市、医師3人看護師8人事務4人のスタッフで癌患者専門の在宅ホスピスケアをしている医師。自己紹介と緩和ケアと終末医療についてお話ししていただきます。 MP3ファイル
 
お盆も過ぎて、「お彼岸」の季節になりました。みなさんは「お彼岸」の意味をご存知でしょうか? HASEさんが、「お彼岸の意味」「お彼岸の心構え」「何をしたらいいのか」などを仏の教えを通じて説いてゆきます。 MP3ファイル
 
少子高齢化に伴い、先祖のお墓の維持が難しくなります。永代供養墓、 樹木葬、相続型永代供養墓などのお墓を生前にきちんと決めておくことが大切になり ます。 MP3ファイル
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login