日本 アントレプレナー・起業 公開
[search 0]
×
最高の 日本 アントレプレナー・起業 ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 4月 2020)
最高の 日本 アントレプレナー・起業 ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 4月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
10万部を超えるベストセラーになった『営業マンは断ることを覚えなさい』、 『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』などの著作を通して"勝てるビジネス"や"売れる仕組み"、継続発展する組織作りのためのコアな情報を発信し続けてきた経営コンサルタント石原明が、毎週リスナーの皆様のご質問に直接お応えするスタイルでお届けする、すべてのビジネスパーソンに向けたビジネスのヒント満載の番組です。 石原の生のトークから、主催する勉強会に毎月100名以上の参加者が途切れることなく詰め掛けるその理由を感じていただけるはずです。
 
カスタムオーダーのファッションレーベル「FABRIC TOKYO」https://fabric-tokyo.com/ を運営する株式会社FABRIC TOKYOのPodcastを配信しています。 FABRIC TOKYOのメンバーを紹介する「Member's Story」や、仕事の裏側に迫る「Behind The Scenes」、スタートアップのリアルを語る「俺たちのHard Things」など、多彩なテーマのお話を週1回のペースでお送りしていきます。 ※2018年より社名を「株式会社FABRIC TOKYO」に、またサービス名を「FABRIC TOKYO」に変更しました。
 
Loading …
show series
 
「周りにショッピングモールが乱立し廃墟化。当院にも退去勧告が・・・」とのことですが(笑)、そんなご環境の中でも「患者さんに恵まれ、経営的にも無借金」ですので、かなりの実力をお持ちだと思います。資産や設備を持たずに、高単価の勤務医として他院に勤めつつコンサルもする、というのも面白いかもしれません。 MP3ファイル
 
夢の中でも動画編集するほどのめり込むという武沢氏。 経営者という立場からYouTubeというプラットフォームをどう捉え、使っているのか? 「がんばれ!社長」の武沢信行氏をお迎えしての2度目の対談後編。 MP3ファイル
 
在米35年、長く金融機関にお勤めで、「日本の若者が創業しIPOしている有望な企業をアメリカに紹介する事業をやりたい」とのことですが、まず、仕事はやめずにやりましょう。日本のベンチャーの若者側にとっても価値が大きそうです。面白いベンチャーを1社ご紹介しますので、ご一緒にビジネスできそうか、一度お話ししましょう。 MP3ファイル
 
FABRIC TOKYOの裏側をお伝えするBehind The Scenesシリーズ。FABRIC TOKYOには2名の公認会計士が所属しているので、今回は財務・会計のプロフェッショナルである公認会計士の視点からD2Cブランド及びFABRIC TOKYOについて考察を語っています。D2Cブランドの事業構造、財務諸表の観点から2020年ついに上場を果たしたCasperの考察まで話しています。語り手は取締役三嶋憲一郎と、経営企画西田雅俊、聞き手は代表の森です。ぜひお聴きください。今後もBehind The ScenesシリーズではFABRIC TOKYOの裏側を紹介するコンテンツを配信していきます。気に入っていただけた場合、ぜひチャンネル登録をお願いいたします。…
 
YouTubeなんて暇つぶしに見るもの...そう決めつけていたのが、 ひょんなことから一転、YouTuberに!そのきっかけとは!? 「がんばれ!社長」の武沢信行氏をお迎えしての2度目の対談前編。 MP3ファイル
 
日本の教育が世の中の変化についていけていない面があり、チーム作りの面でも、かなり誤解している所があります。特に「コミュニケーションを良くして、人と仲良くすれば良いチームになる」と考えている人が多いのですが、"あること"が理解できていなければ、団結など全く生まれませんし、チーム構成などできません。 MP3ファイル
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。今回の「Member's Story」はFABRIC TOKYOのマーケティング部門を統括する執行役員でありCMOの徳永大輔さん、通称トクさんがゲストの後編です。前編をまずはお聴きになってからこちらをお聴きください。青山学院大学を中退後、外資系飲食チェーンやスマートフォン端末ブランドのマーケティングを経験し、FABRIC TOKYO入社前はYahoo! Japanでマーケティングを担当していたトクさん。当時のお話や、入社後ちょうど1年経ったマーケティング部の現状などを代表の森がインタビューしてみました。入社の経緯や、現在の仕事の魅力などについても語ってくれています。ぜひお聴きください。…
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。今回の「Member's Story」はFABRIC TOKYOのマーケティング部門を統括する執行役員でありCMOの徳永大輔さん、通称トクさんがゲストの前編です。青山学院大学を中退後、外資系飲食チェーンやスマートフォン端末ブランドのマーケティングを経験し、FABRIC TOKYO入社前はYahoo! Japanでマーケティングを担当していたトクさん。当時のお話や、入社後ちょうど1年経ったマーケティング部の現状などを代表の森がインタビューしてみました。入社の経緯や、現在の仕事の魅力などについても語ってくれています。ぜひお聴きください。FABRIC TOKYO Inc による
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。今回の「Member's Story」はFABRIC TOKYOのプロダクトを統括するプロダクトマネージャーが渡辺泰将、通称ワタさんがゲストの後編です。前編もぜひ聴いてみてください。名古屋大学を卒業後、国内最大手通信会社でシステム開発のPMや社内ベンチャーを立ち上げ教育系サービスに従事した後にスタートアップへ転職しモバイルアプリ・サブスクリプションサービスを開発していたワタさん。入社後ちょうど1年が経った現状を、代表の森がインタビューしてみました。入社の経緯や、現在の仕事の魅力などについて語ってもらいました。FABRIC TOKYO Inc による
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。今回の「Member's Story」はFABRIC TOKYOのプロダクトを統括するプロダクトマネージャーが渡辺泰将、通称ワタさんがゲストの前編です。名古屋大学を卒業後、国内最大手通信会社でシステム開発のPMや社内ベンチャーを立ち上げ教育系サービスに従事した後にスタートアップへ転職しモバイルアプリ・サブスクリプションサービスを開発していたワタさん。入社後ちょうど1年が経った現状を、代表の森がインタビューしてみました。入社の経緯や、現在の仕事の魅力などについて語ってもらいました。FABRIC TOKYO Inc による
 
求めているのが「質問しながら、その人と本当に仲良くなる」ことだとすると、質問のテクニックを覚えてもあまり効果はありません。目の前にいるお客さんや、日常的に接する人たちが何を考えているかを知り、そこに沿ったマーケットインの視点で会話ができるための情報が、自然に入ってくるようなライフスタイルを築くと良いでしょう。 MP3ファイル
 
自分の脳を活かすにも、人の脳に上手く情報を入れて動いてもらうにも、アカデミックな知識と、対人の実践を通した事実ベースの検証を繰り返して、行ったり来たりしながら身に付けることが大切です。まず人間の思考や脳科学の本を20~30冊読んでください。ポイントは、自分に意識を向け過ぎず、相手に関心を持つことです。 MP3ファイル
 
現在、税理士事務所勤務ということですが、確かにその環境ですと、時代に則した新しいビジネスに携わることが、なかなか難しいのかもしれません。勉強する時間は取れそうですので、ご自身の存在をベンチャーだと理解して、税理士事務所に籍を置いて生活を担保しながら、起業のための本格的な勉強をすると良いでしょう。 MP3ファイル
 
仕事と人材のマッチングが採用や就職活動ですが、ご経歴やスキルを伺うに、まずご自身の採用を"特殊案件"と捉えてください。一般的な採用ルートには乗らずに、こちらから直接、経営者にアプローチして自分の活かし方を提案し、交渉しましょう。うーん、しかしこの方、ぜひ一度お会いしてみたいですね。zoomでお話ししませんか?^^ MP3ファイル
 
単にビジネスで成功することと、資本主義社会での普遍的な成功とは、明確に違います。お金は力ですが、その力を保ち、真に活かすための、高いレイヤーの情報を得られなければ、本当の意味で成功することはできないんです。本当にちゃんと勉強したいのであれば、私が塾長として教えている『資産家成功塾』に来てください。 MP3ファイル
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。「Behind The Scenes」シリーズです。会社が大きくなるにつれて、子育てをするメンバーや妊娠を控えるメンバーも増えてきているFABRIC TOKYO社。手を挙げたら誰でも参加できるTryプロジェクト制度の一つ「ワーキングペアレンツ」の取り組みを、今回はプロジェクトリーダーである佐々木智子さんにお話を聞きました。聞き手は社長室広報の高橋です。FABRIC TOKYOでは手を挙げたら誰でも参加できるTryプロジェクト制度で様々なメンバーが数々のプロジェクトに取り組んでいます。今後もBehind The Scenesシリーズでは取り組みをご紹介していきます。…
 
どんな業界であれ、ビジネスは大きなお金が動いているか、すごく利益が取れるようなマーケットを狙わないと儲かりません。「自分の労力をどこに集中させたら一番価値を生むか?この世の中のどこに自分を位置づけるか?」、という思考を持ってください。この選択が、自分が稼働した時に稼げる上限を、予め決めてしまいます。 MP3ファイル
 
人の能力のレベルには(おっしゃる様に5階層、ではなく)、私は12階層くらいあると思っています。例えば私が講演する時には、聞き手から紹介が出る、つまり顧客化をゴールに話をします。そのためにまず、参加者全員を「バスに乗せる」作業(これがレベル合わせです)をしてから、アクセルを入れて本題に入るようにしています。 MP3ファイル
 
「資金をだまし取られた」などのアクシデントがあったそうですが、大手商社のビジネス感覚で個人事業をスタートしてしまったのが良くなかったですね。スペインワインを日本に、とのことですが、そう考えている人は何百人といて、単なる小売りだと難しいでしょう。かなり特徴のあるワイナリーと独占契約するとか、選ばれる理由が必要です。 MP3ファイル
 
ご質問者の方は大きな企業にお勤めですが、大企業の場合、そもそも会社と社員の力関係が、中小企業のそれとは違います。大企業の管理職なら、基本的に部下は従ってくれますが、「自分だから言うことを聞いているのではなく、会社の言うことを聞いている」のだと分かった上で自分にもグリップできれば、すごい集団を簡単に作れます。 MP3ファイル
 
まず、カフェの店舗でのビジネスだけでなく、アプリを作るなど、その後ろ側で厚みを増す形を作った方が良いでしょう。価格については、東京での価格を基準にしつつ、日本国内だけでなく、世界に出て行くことを想定する方が楽しいと思います。あるビジネス単体ではなく、「後ろに何を付随させるか?」と考えてください。 MP3ファイル
 
FABRIC TOKYOのポッドキャストの「Another Story」シリーズです。D2C本(後述)を出版予定のTakram佐々木さん、そして直近でリテール視察のために訪米したobjcts .io の沼田さんとFABRIC TOKYO代表の森が約1時間、D2C(DNVB)やリテールテックの最新情報、ミレニアル世代の高齢化、マーケティングチャネルの変化、顧客のブランド利用体験の話など多岐に渡り雑談トークしています。ぜひお聴きください。◆Takram佐々木さんが2020年1月10日に出版予定のD2C本D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略 (NewsPicksパブリッシング) | 佐々木康裕 https://amzn.to/2tVMar9「Another Story」シリーズで…
 
健康をストレスなく維持するには、成功曲線の本にもあるように、そのための習慣を作ります。健康管理に限らず、習慣化は自分の意志でやるのではなく、「スケジュールを作って、それを守っていれば良い」という形を作ります。具体的にどんなことを続けていくか?、については、その分野の専門家にゆだねるのがベストです。 MP3ファイル
 
「今できる講義の動画は全て無料で公開してしまって」とおっしゃる感覚は、とても正しいと思います。ネットにあふれる無料・格安の優良コンテンツと講義の質で勝負するのではなく、「塾に来る生徒が学習する目的は何か?」と考えて、その目的達成のための最適なツールを教えるようなビジネスの方が面白いかもしれません。 MP3ファイル
 
インターネットの普及によって、忘れ去られていることがあります。本来、人がモノを買う時にどうやって買っていたかというと、信頼できる人の紹介だったんです。これは百貨店に限らず、すべてのリアル店舗に言えることですが、本当の意味での原点回帰して、"あるやり方"で勝負すれば、業界を席捲できるでしょう。 MP3ファイル
 
まず各スタッフとの関係のベースとして、「この人は自分のことを知ってくれている」という感覚、お互いの認知が必要です。次にスタッフ同士を繋げてあげると、組織の基礎ができます。ただ、本当に組織化するには、絶対に通らなければならない過程があるのですが、今の日本の社会は皆、ここを"悪いもの"として避けてしまうんです。 MP3ファイル
 
これは簡単で、頭の中にヘンなプログラムが入っているだけです。多くの人が今、「自分の考えや性格」だと思っていることは、実は自分の考えではありません。まだウィルスチェックが働かない子供のうちに脳に入れてしまった単なるプログラムに過ぎず、それは運命でもなければ性格でもなく、一生取れない思考でもないんです。 MP3ファイル
 
「外国人の雇用や教育をどうするか?」という分野のコンサル事業をはじめたい、ということですが、顧客からの「教えてください」にどんなスタンスで答えるか?に戸惑うのだとすると、"コンサル事業"として始めようとしない方が良いでしょう。顧客と共に、サービスのレベルを上げる、という段階だと思います。 MP3ファイル
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。「Behind The Scenes」シリーズです。綺羅びやかに見えるアパレル業界は、世界の汚水の20%や二酸化炭素の10%を排出してしまっている地球を汚しているという側面も持ちます。この事実に向き合うため、FABRIC TOKYOはブラックフライデーというアパレルの大々的なセールのタイミングに、"ホワイト"フライデープロジェクトを立ち上げました。ディスカウントの割合ばかりが注目されてしまうブラックフライデーに、洋服の本当の価値と向き合うタイミングを提供し、新しい当たり前をつくっていきたいと考えています。今回は企画者であるクリエイティブ統括峯村とマーケティング部プランナー森本に話を聞きました。聞き手は代表の森です。…
 
ある希少ガンの分野、とのことですが、日本の癌の病理は世界一進んでいます。世界の富裕層が、日本の病理医に診断してもらうツアーなんかもあるそうです。国内だけでも、需要に対して供給が圧倒的に足りてない分野ですし、No.1に対抗するにも、自分の専門領域に、その他の要素で掛け算を作れば、いくらでもエッジを作れます。 MP3ファイル
 
日本の農業がとても弱くなってしまったのは、資本主義の社会にありながら、農業従事者にその役割を果たさせない政策、特に"売る"という部分を支配された形で来てしまったせいです。まず人に頼らず、自ら売る努力をはじめるところから、資本主義的な活動をスタートさせる必要があります。 MP3ファイル
 
4ステップマーケティングは、どんな業界でやるにも原理は同じですが、色々な形で実行できます。ターゲットを誰にするか、学生ならリーチし始める時期はいつにするか、コミュニケーションのやり方や頻度は・・・ナドです。本には8割くらいのことを書きましたが、残りの2割は生の実践の世界です。 MP3ファイル
 
私はその昔、四柱推命の大家の先生をお手伝いしていた時期があるのですが、本当に運が良い、というのは、放っておいてもその国の国家元首になるようなことだそうです。運とは、個としてやるべきことを全部やった後に、本当に公に向かって大きなことをする時に、動くものです。それ以前はすべて努力です。 MP3ファイル
 
「事業を成功させた利益で、もう一つ事業やる」というのは、本当はお勧めできません。ワークをしている上では、資本主義社会の成功に行き着けません。個人であれ企業であれ、稼いだお金を投資に回して、もう一つ大きい動かし方をしないと、経済の競争を抜けて、本当にやりたいことに集中できないんです。 MP3ファイル
 
海外に出て行った日本企業で、結果的に成功した会社は「どこであっても、このやり方をした」という、明確な戦略があります。2つの文脈があって、まずその国のきちっとした人脈に、5年、10年越しで入っていくやり方。もう一つは・・・日本を背負ってケニアで頑張るあなたには、こっそりお教えします。 MP3ファイル
 
福岡は現実的に住み易く、都市に求めたい全てのものが揃った、パッケージとして最高に素晴らしい街です。にもかかわらず相対的に不動産が非常に安く、東京で払う同じ家賃で驚くほど広く、快適な部屋に入居できてしまいます。保有するすべての事業と共に、福岡に移住する起業家の方もいらっしゃるようですね。 MP3ファイル
 
FABRIC TOKYOのポッドキャスト。「Behind The Scenes」シリーズです。今回9月26日に都内で当社初の記者会見を実施し、多くのマスメディアの方々に取材にお越しいただきました。その発表内容について話します。物を販売するだけではなく小売のサービス化を推し進める「RaaS構想」の発表、それに付随したサービスサブスクリプション(notレンタル)の発表、IoT化されたスマートファクトリー稼働の発表、そしてサーキュラー・エコノミー構想とまずはお客さまの不要な洋服を回収し始めるサービスの開始、加えてSTAMPという新オーダージーンズブランドの発表など、盛りだくさんの内容でした。ぜひお聴きください。FABRIC TOKYO | Start Here - YouTube https://…
 
自分が何かをやると決める、特にマルチタスクで、という場合に、世の中のニーズや自分の基準から外れてしまい勝ちです。好きなこと、得意なことに絞って集中するか、次々と新しいことを手掛けるかは、自分の性格やタイプに合った選択をすべきですが、後者の場合、「やった端から忘れる」ことが大事です。 MP3ファイル
 
世の中は、誰かが新しいことを作ってあげないと活性化しないし、生活も楽しいものになりません。話題になるとかヒットして、人の目を引くためには、あるジャンルの、これまでの枠組みや概念を壊す必要があります。面白い枠の壊し方ができれば、新しく幅を広げられます。やり方は無限にありますよ。 MP3ファイル
 
カー用品の販売、ということですが、どこをマーケットにするか次第です。バイクでも車でも、ものすごく売れた時代があって、過去に爆発的にヒットしたモノには、今でも大好きな人たちが一定層います。そうした層に向かってメンテナンスの部品を提供するだけで、世界的に大成功している会社もあります。 MP3ファイル
 
今後はモノの良さや値段ではなく、理念で選ばれる時代に入っていきます。M&Aに向かうにせよ、まず本業を掘り下げ、企業としての存在価値を上げるべきです。「なぜこの業を行うのか? なぜこのデザインで、この作り方なのか?」など、消費者に"買う理由"を教えられる会社だけが、生き残っていくでしょう。 MP3ファイル
 
基本的に、自然にしゃべって売れてしまう人は、ずっと売れます。これはもう才能、感覚、センスですが、そういう素養のある方が正しく経験を積むと、高田さんのようなレベル(恐らく天性のもの)に近づくこともあるでしょう。毎日できる日常的なトレーニング方法を一つお教えしますので、良かったらトライしてみて下さい。 MP3ファイル
 
音楽業界が形を全く変えたように、写真の世界も大きく変わって来ています。が、何の世界でもプロはやっぱりスゴくて、多くの人がその分野に入ってくれば来るほど、そのスゴさは際立つものです。人物でも物撮りでも、本物のプロが持つ、"対象の価値を切り取って魅せる力"は、文字通り他を圧倒します。 MP3ファイル
 
世の中がどれだけ進んでも人間の衣食住は無くならず、物流の重要性が損なわれることもありません。物流のハードからソフト、現場から人まで、物流に関わる全てを知り尽くすつもりで行動して人のネットワークを作り、ロジスティクスから社会全体を読み解くような思考でコンサルができる存在になれば、非常に面白いと思います。 MP3ファイル
 
「イメージ力が高い」=「(私の言葉で言う)"人称"が高い」と受け取ってお答えしますと、会う人、会う人の人称の高さを格付けしてみる、というのは、一つの良い方法だと思います。そうして出会った、人称の高いトップ集団の人たちの持っている思考やイメージ力を、会話や質問を通して、自分の中に持って来るわけです。 MP3ファイル
 
お聞きになりたい方も多いだろうと思いましたので、今回、こちらのご質問を取り上げます。MLMにおける紹介ボーナスは、一般的なビジネスでの広告費に当たると見なせます。MLMの場合、広告費に当たるコストが、どれだけその商品が普及しても圧縮できず、固定されてしまう、という構造的な問題があります。 MP3ファイル
 
役員(取締役)になると、自身の振る舞いや経営判断が起こす結果に対して、法律的に罰せられる立場になります。部長や執行役員などの使用人管理職は、現場責任者として実務を執り行う存在ですが、役員は「後ろに企業を背負った存在」として、数年先を見つつ、事業のフィールドを広げたり、企業間の繋がりを作る役割を果たすべきです。 MP3ファイル
 
ブランドプロデューサーとして活躍する久々野智小哲津(くくのちこてつ)氏のDMMオンラインサロンが好評につき、新たな豪華ゲストをお招きしての第二期生募集という事で、再度石原明によるインタビューを交えご紹介! MP3ファイル
 
相手の脳をコピーするには、まず相手の脳にあるデータベースから、こちらが聞きたいことを検索して持ってくる必要があります。この「検索させること」が質問で、あとは検索結果のデータを目の前に広げてもらい、二人で考えながら読み解いていくイメージです。いかに相手の思考にスイッチを入れるか、がポイントです。 MP3ファイル
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login